歯科衛生士のブログ

ブログ 歯科衛生士のページ 知っておきたい歯の話

ホワイトニングで強い歯に!

皆さんこんにちは。江南市すぎもと歯科、歯科衛生士の小酒井です。

年末が近づいてきましたね。お家の大掃除、皆さんもう始めていらっしゃるでしょうか?もう終わった!なんて方もみえるかもしれませんね。
私はいつも年末に慌ててしまうので、今年こそは計画的に進めていきたいです。
 
さて、今日は『ホワイトニングキラキラ デコメ絵文字についてお話し致します。
これまでも何度かホワイトニングの効果などについてお知らせ致しましたが、今回は『ホワイトニングって一度してみたいけど歯に悪そうだなと心配されている方に、知ってビックリ最新情報をお届け致しますキラキラ デコメ絵文字
 
先日、すぎもと歯科に来院された患者様から『ホワイトニングって歯の健康に悪くないですか?』というご質問を頂いた事があります。
実は、ホワイトニングの薬剤は、殺菌剤のオキシドールの仲間で、
むし歯菌や歯周病菌を減らす効果があるうえ、最近では、ホワイトニング直後の歯の方が普段の歯より再石灰化が盛んで歯質強化をしやすいことが明らかになっているんです。
 
では、なぜホワイトニング直後が歯質強化のチャンスなのでしょう?
 
私たちの歯は普段、『ペリクル』と呼ばれる透明な膜に覆われています。ペリクルは、酸蝕からエナメル質を守ってくれています。
しかし、ペリクルが邪魔になり再石灰化のスピードが上がりにくいというマイナスな点もあります。
 
ホワイトニング直後は薬剤でペリクルがはがれ、再石灰化の邪魔をしません。そのため再石灰化がスピードアップ、しかも歯が硬く丈夫になります。
 
『むし歯菌や歯周病菌が減る』というお話も致しましたが、ホワイトニングの薬剤には『過酸化水素』と『過酸化尿素』が含まれており、これらはオキシドールの仲間です。
殺菌作用があるので唾液に浮遊している菌を減らす効果が期待できるのです。
 
ただし、『現在むし歯や歯周病がある方』、ホワイトニングをすれば治るというわけではありません。
むし歯や大きなヒビがある場合は、薬剤で痛みや歯髄炎を引き起こしてしまう場合があります。
また、歯周病で歯ぐきが腫れていると、本来エナメル質の中の着色物質に作用すべき薬剤が、そこに届く前に、歯ぐきから出る血液や浸潤液に反応してしまい、歯に作用しないといったことも起きてしまいます。
どちらも、ホワイトニング前には必ず治療が必要です。
 
『むし歯や歯周病治療後、再発の予防になるとお考え頂けると良いかと思います。
 
2月の半ば頃には、またホワイトニングについての情報をまとめてお伝えする予定です。
もし、ご不明な点がございましたら、お気軽にスタッフまでお尋ねください。

バックナンバー

すぎもと歯科

Tel.0587-54-0348

〒483-8334 愛知県江南市前飛保町緑ヶ丘290

院長 : 杉本 英之

初めての方、急患は予約外でも受けていますが
歯科医師・スタッフの都合もありますので必ず
お電話の上ご来院ください

周辺地図

すぎもと歯科 外観

  時間帯
午前 9:00~12:00
午後 3:00~6:30

休診日 木曜・日曜・祝日 祝日のある週の木曜日は診療
土曜日の午後は2:00~4:30

はじめての方・矯正相談は必ずお電話の上ご来院ください。

トップへ戻る