歯科衛生士のブログ

ブログ 歯科衛生士のページ 知っておきたい歯の話

「歯と口の健康週間」正解と解説

江南市すぎもと歯科・歯科衛生士の川瀬です。
6月4日~10日は「歯と口の健康週間」でした!すぎもと歯科では毎年恒例のお口の健康に関連したクイズを皆さんにお出ししました。

今日は
クイズの解答と解説を発表します
 
Q1】家族で同じコップを使ってお茶を飲んでも問題ない!
虫歯や歯周病は感染症です。生まれた時には人のお口の中には菌は存在しません。回し飲みや回し食い、箸の使い回し、キス、くしゃみなどが感染ルートとして、菌が移されているのです。悪い菌がお口の中に侵入することを防ぐ為にも、それぞれ専用のコップを使いましょう!!そして、菌の住みにくいお口を維持するために丁寧な歯磨きと定期検診は大切です。
【Q2】お酢はカラダに良い、そして歯にも良い! 
お酢は酸性の飲み物です。1日4回以上酸性の飲み物や食べ物を摂ることで、歯の表面部の一番硬いエナメル質を軟らかくさせてしまう『酸蝕歯』になりやすくなります。柑橘類・ワイン・コーラなども、気をつけて摂る必要があります。
【Q3】歯石は歯ブラシで取れる! 
丁寧に歯ブラシをすれば、『歯垢』は歯ブラシで取れますが、『歯石』になってしまうと歯に硬くこびりついてしまうので、歯ブラシでは取れません。また、付いてしまった歯石を放置すると、歯周病の原因になってしまいます。歯科医院で専用の機械を使って定期的にお掃除をする必要があります。
【Q4】キシリトール100%配合のガムは寝る前に食べても問題ない
キシリトールは砂糖と違い、虫歯の原因になる酸を作りません。そのため、食後や歯磨き後、寝る前などに摂取すると虫歯予防に効果的です。虫歯のバイ菌を減らすためには、キシリトール含有量が 50%以下の物はあまり効果が期待できないので注意が必要です。歯科医院専用の100%キシリトールのものが安心です。
【Q5】姿勢が悪いと歯並びも悪くなる!
悪い姿勢では、しっかり噛む事が出来ません。頬杖や足組も顎の成長に悪影響を及ぼします。正しい姿勢でしっかり噛んでご飯を食べましょう。歯並びで気になる事は、お気軽にご相談下さい。
 
皆さんは何問正解できましたか
今回の全問正解率は23と例年よりも低めの結果となりました。
2問目と4問目が半数程しか正解がなく、特に難しかったようです。お酢は体によく、習慣的にとられている方もみえるかと思いますが、歯にとっては悪影響を及ぼす場合があります。酸の影響で、歯が軟らかくなる酸蝕歯になってしまう可能性があるので、酸っぱいものを食べた後の歯磨きは注意が必要です。すぐに磨くのではなく、時間をおいてから、または磨く前にお口をゆすぐなどの工夫をしましょう。

バックナンバー

すぎもと歯科

Tel.0587-54-0348

〒483-8334 愛知県江南市前飛保町緑ヶ丘290

院長 : 杉本 英之

初めての方、急患は予約外でも受けていますが
歯科医師・スタッフの都合もありますので必ず
お電話の上ご来院ください

周辺地図

すぎもと歯科 外観

  時間帯
午前 9:00~12:00
午後 3:00~6:30

休診日 木曜・日曜・祝日 祝日のある週の木曜日は診療
土曜日の午後は2:00~4:30

はじめての方・矯正相談は必ずお電話の上ご来院ください。

トップへ戻る