歯科衛生士のブログ

ブログ 歯科衛生士のページ 知っておきたい歯の話

離乳食について

 こんにちは、江南市すぎもと歯科 歯科衛生士の尾形です

今回は離乳食についてお話ししたいと思います
離乳とは母乳やミルクなどの乳汁栄養から幼児食に移行する過程をいいます
離乳食は1年近くの時間をかけますが、

その理由は赤ちゃんの消化機能の発達とかむ力(咀嚼)機能の獲得時期に合わせているからです

生後5.6カ月ごろになったらなめらかにすりつぶした状態の食べ物を与え始めしだいに食物の固さと量、種類を増やしていきます
やがて歯ぐきでつぶして、生えてきた奥歯でよく噛んで…とその時期の赤ちゃんの咀嚼力に合わせた形態の食品で進めていきます

  大切なのはあせらずその子のペースで です

 基本のポイント】

 調理前にはよく手を洗います。調理器具を清潔にしましょう

 果物やヨーグルトなどは別として、豆腐なども必ず加熱してから与えます

 離乳の開始時には味付けは必要ありません

 離乳が進んで、味付ける場合も、素材の味を生かして薄味にします

 はちみつは乳児ボツリヌス症予防のために、満1歳になるまで使わないようにしましょう

牛乳を飲用するのは1歳を過ぎてからにしましょう。ただし、1歳前でも離乳食づくりの素材としては使えます。

 
赤ちゃんがだんだん自分のかむ力でおいしく食事ができるようにするためにも、丈夫で健康な歯はとても大切ですよね

歯が生えてきたら歯医者さんで定期検診を受けるようにしましょう

 

 

バックナンバー

すぎもと歯科

Tel.0587-54-0348

〒483-8334 愛知県江南市前飛保町緑ヶ丘290

院長 : 杉本 英之

初めての方、急患は予約外でも受けていますが
歯科医師・スタッフの都合もありますので必ず
お電話の上ご来院ください

周辺地図

すぎもと歯科 外観

  時間帯
午前 9:00~12:00
午後 3:00~6:30

休診日 木曜・日曜・祝日 祝日のある週の木曜日は診療
土曜日の午後は2:00~4:30

はじめての方・矯正相談は必ずお電話の上ご来院ください。

トップへ戻る