歯科衛生士のブログ

ブログ 歯科衛生士のページ 知っておきたい歯の話

初期虫歯

「初期むし歯」という言葉を聞いた事はありますか??

むし歯といえば、歯に穴があき、とても痛い!!
というイメージですが、むし歯も段階をふんで進んでいきますので、いきなり歯に穴があく・・いきなり痛くなる・・というわけではありません。
「初期むし歯」とはまだ穴のあいていないむし歯のことです。痛みも感じません。
むし歯菌のだす酸に触れると、歯のカルシウムやリン酸がイオンとなり唾液中にとけだします。(このことを「脱灰」といいます。)歯の表面が溶け出し白濁した状態が初期むし歯です。
初期むし歯の段階でしたら、歯を削って詰め物をする・・という歯科治療はまだ不要です。
それどころか唾液の力や、フッ素の力で修復が可能となります。
唾液の効果により、溶けたカルシウムイオンやリン酸イオンが結晶化し、歯に戻ってきます。(このことを再石灰化といいます。)
再石灰化を促進するためにはフッ素塗布やキシリトールガムを噛む事がお勧めです。
歯は一度穴があいてしまうと、元に戻る事はありません。歯医者さんにいって治療しても、それは元の健康な歯に戻ったわけではありません。
詰め物をして痛みが無くなりなんでも噛めるようになっても、丈夫さでいったら健全な歯には劣ってしまいます。
1番よいのは、穴が開く前に修復できるようにすることです。
そのためには、初期のむし歯の段階で見つけておく事がとても重要ですが、自身で初期のむし歯を見つけるのはかなり困難です
定期的に検診を受けて、歯医者さんで初期むし歯を見つけてもらいましょう

 

バックナンバー

すぎもと歯科

Tel.0587-54-0348

〒483-8334 愛知県江南市前飛保町緑ヶ丘290

院長 : 杉本 英之

初めての方、急患は予約外でも受けていますが
歯科医師・スタッフの都合もありますので必ず
お電話の上ご来院ください

周辺地図

すぎもと歯科 外観

  時間帯
午前 9:00~12:00
午後 3:00~6:30

休診日 木曜・日曜・祝日 祝日のある週の木曜日は診療
土曜日の午後は2:00~4:30

はじめての方・矯正相談は必ずお電話の上ご来院ください。

トップへ戻る