歯科衛生士のブログ

ブログ 歯科衛生士のページ 知っておきたい歯の話

歯を溶かす原因は・・・?

ご存知ですか?飲んだり食べたりすることで毎日少しずつ歯の表面のカルシウムやリンが溶け出しています〈脱灰〉

歯は知らないうちに溶けています。歯を溶かす原因はつあります。
虫歯菌が作る酸によるもの
お口の中には砂糖や澱粉が入ってくると、酸を作り歯の表面をだんだん溶かしてゆく細菌がいます。食後しばらくの間、酸を出し続けます。

酸性度の高い飲料・食品によるもの
身の回りには、酸性の飲食物がたくさんあります。
ソーダ飲料・ワイン・夏みかんなどの柑橘類・・・など酸っぱいものを頻繁にとっていると歯が溶かされ、ひどい場合には“酸蝕歯”になることもあります。

歯は酸によって溶け出したカルシウムを、唾液の中から取り戻しています。唾液を介して溶け出したミネラルが歯に戻り、修復されることを〈再石灰化〉といいます。

お口の中では食事のたびに〈脱灰〉〈再石灰化〉が繰り返されています。失った歯のカルシウムは、唾液の中からしか取り戻すことができません。

唾液の中に、歯にしみ込み易いカルシウムフッ素がたっぷりあると、歯が元気になります。上手に取り入れて健康で丈夫な歯を保ちましょう!

脱灰と再石灰化のバランスをとることが、虫歯になりにくいお口の環境づくりにつながります!

バックナンバー

すぎもと歯科

Tel.0587-54-0348

〒483-8334 愛知県江南市前飛保町緑ヶ丘290

院長 : 杉本 英之

初めての方、急患は予約外でも受けていますが
歯科医師・スタッフの都合もありますので必ず
お電話の上ご来院ください

周辺地図

すぎもと歯科 外観

  時間帯
午前 9:00~12:00
午後 3:00~6:30

休診日 木曜・日曜・祝日 祝日のある週の木曜日は診療
土曜日の午後は2:00~4:30

はじめての方・矯正相談は必ずお電話の上ご来院ください。

トップへ戻る