歯科衛生士のブログ

ブログ 歯科衛生士のページ 知っておきたい歯の話

お子さんの歯の着色について

こんにちは、スマイルアドバイザーの尾形です♪

最近、『歯育て支援Q&A』という本を読み、すぎもと歯科にお越しの多くの方から、よく質問を受ける内容が書かれていたので、ご紹介したいと思います。

Q1 歯の色が黄色っぽくなってきました。白くなりますか?それとも虫歯ですか?

Q2 前歯が茶色くなっています。着色していると言われましたがどうしたらとれますか?

Q3 着色したまま放っておいたら虫歯になりますか?

Q4 着色は、歯磨き粉でとれますか?

…どれもよく受ける内容の質問です。

【歯の着色の主な原因】

食品用色素やお茶などによる歯の表面からの外因性の着色

歯髄(神経)からの内因性のもの

歯の形成不全

虫歯などが挙げられます

An、気になるようであれば、歯医者さんで1度きれいにしてもらいましょう。

An、1度ついてしまった汚れは、歯ブラシでとるのは難しいでしょう。口呼吸をしていると着色しやすいので、唇を閉じるようにしましょう。

An、むし歯の場合は歯医者さんでの治療が必要です。神経が感染して、後から生えてくる永久歯に悪影響を与える場合もありますので、早めに受診してください。

An、形成不全は永久歯ができつつある乳幼児期に、体調が悪っかったなどの理由で十分に歯が形成されない場合があります。茶色い部分があったり、白斑のようになったりしますが、あまり気にしないでよいと思います。気になるようならご相談くださいね

バックナンバー

すぎもと歯科

Tel.0587-54-0348

〒483-8334 愛知県江南市前飛保町緑ヶ丘290

院長 : 杉本 英之

初めての方、急患は予約外でも受けていますが
歯科医師・スタッフの都合もありますので必ず
お電話の上ご来院ください

周辺地図

すぎもと歯科 外観

  時間帯
午前 9:00~12:00
午後 3:00~6:30

休診日 木曜・日曜・祝日 祝日のある週の木曜日は診療
土曜日の午後は2:00~4:30

はじめての方・矯正相談は必ずお電話の上ご来院ください。

トップへ戻る