歯科衛生士のブログ

ブログ 歯科衛生士のページ 知っておきたい歯の話

虫歯予防週間クイズ解答と解説☆

6月1日~9日まですぎもと歯科では虫歯予防週間のイベントを行いました。

今日は[解答] と[解説] を載せていきます☆
解答を見る前に、前回のページにある問題にまず挑戦してから、答え合わせをしていただくのが良いと思います。

【Q1】おやつや食事は少しずつとったほうが虫歯になりにくい・・・(×) 

食べたり飲んだりした後、お口の中は酸性に傾き、歯の表面が溶けだしてしまいます。
小分けにして食べると一日に何度も歯が溶ける状態になるので、次第に虫歯になっていきます。
虫歯になりにくくするためには、一日3回の食事+おやつを取る場合は1回か2回までが良いでしょう。

【Q2】キシリトールはいちごや海藻にも含まれる・・・(○)

キシリトールは野菜や果物、海藻にも含まれています。
100g中のキシリトール含有量は、いちごが362mg、ほうれん草が107mgです。
効果的にキシリトールを取るためにはガムやタブレットが効果的です。

【Q3】体に良いといわれる酢は虫歯の原因にならないし歯にも良い・・・(×)

お酢(りんご酢や黒酢等)は酸性の飲み物です。
飲んだ直後は多少歯にダメージがありますので、取り方に注意が必要です。
飲んだ直後に歯ブラシでゴシゴシ歯をこすると、歯の表面が傷つきますので磨く前に水でゆすぎましょう。
そして毎日何杯も飲んでいると酸蝕歯になる場合があります。一日一杯以上は飲まないようにする事が歯にとってはおすすめです。
詳しくは衛生士にお尋ね下さい。

※みなさんにお渡しした解答に漢字の誤りがありました。酸触歯× 正しくは酸蝕歯でした。

*酸蝕歯については以前に「衛生士のページ」⇐でも掲載しています。

【Q4】コーヒーや紅茶の汚れが付かないようにたっぷりの歯磨き粉でゴシゴシ磨くと良い・・・(×)

ゴシゴシと強く磨くと歯に傷が付き、かえって着色しやすくなります。
また、歯磨き粉をたっぷりつけると爽快感があり、磨いていない所も磨いた気分になってしまい、歯磨きがおろそかになってしまう可能性もあります。
歯磨き粉は、歯ブラシの先にほんの少しだけつけて優しく磨きましょう。
前歯の表側であれば検診時に磨いて綺麗にする事もできます。お申しつけ下さい。

【Q5】虫歯や歯周病の原因となるバイ菌が一番増えるのは就寝中である・・・(○)

就寝中は唾液の量が減る事により、お口の中の細菌を洗い流す『自浄作用』が低下するため、虫歯菌や歯周病菌が活発に活動し、虫歯や歯周病が進行しやすい時間帯です。
そのため、寝る前の歯磨きがとても重要なのです。

みなさん何問正解できましたか?
今年は、3問目が難しかったようです。全問正解率は59%でした。

★W賞の発表は6月20日に院内及び[ すぎもと歯科の日記]で行います!   お楽しみにお待ち下さい

 

バックナンバー

すぎもと歯科

Tel.0587-54-0348

〒483-8334 愛知県江南市前飛保町緑ヶ丘290

院長 : 杉本 英之

初めての方、急患は予約外でも受けていますが
歯科医師・スタッフの都合もありますので必ず
お電話の上ご来院ください

周辺地図

すぎもと歯科 外観

  時間帯
午前 9:00~12:00
午後 3:00~6:30

休診日 木曜・日曜・祝日 祝日のある週の木曜日は診療
土曜日の午後は2:00~4:30

はじめての方・矯正相談は必ずお電話の上ご来院ください。

トップへ戻る