歯科衛生士のブログ

ブログ 歯科衛生士のページ 知っておきたい歯の話

歯が生えない!?

こんにちは

先日、初めての来院で1歳のお子さんをつれてみえたお母さんがいました。

その時、お母さんから「1歳過ぎたのにまだ歯がはえてこないのですが、大丈夫なんですか
と質問がありました。

割とよくある質問なので、ここで少しお話したいと思います。

1歳のお誕生日を迎える頃になっても歯がはえてない事は珍しくありません。

確かに歯が生えない子というのは、確率ははっきりしていませんが、まれにいます。

しかし、その場合は、歯だけでなく、その他にも障害を持っていることが多く、その場合はすでに赤ちゃん健診の時に指摘されているはずです。

赤ちゃん健診では異常がなく、それ以外の発育・発達に特に問題がないなら、しばらく様子をみるのがいいと思います。

心配な時は、歯医者さんに相談しましょう。

乳歯も永久歯もお母さんのおなかにいる頃いは芽生えています

乳歯になる歯の芽である歯胚(しはい)は胎生7週目頃にはもうつくられています。これが固い歯になってくるのは胎生4~6ヵ月くらいといわれています。このころには永久歯の歯胚も乳歯の下に出来始めています。

この乳歯が赤ちゃんが誕生して平均8~9ヵ月ごろ、あごの骨や歯の土台になる歯槽骨(しそうこつ)が成長したころに顔をのぞかせるのです。

歯がはえてくる時期や順番はかなり個人差があります

最初の1本がいつ、はえてくるかは赤ちゃんによって差があり、早い子で3~4ヵ月の子もいれば、1歳になってもはえてない事もあります。

歯がはえる順番は一般には下あごの中央の乳中切歯2本、上あごの中央の乳中切歯2本、ついでその隣の乳側切歯2本、下あごの乳側切歯2本、そして1本とんで上下の第1乳臼歯、上下の乳犬歯(糸切り歯)最後に第2乳臼歯という順番ではえてきます。

順番はあくまで「一般的には」なので、多少順番が違う時もあります。

 

人によっていろんな出来かた、成長の仕方があります。しかし、全ての人に共通していえることは、歯がはえてきて、しばらくたったら、必ず歯科健診を受けましょう。

歯のはえ方だけでなく、むし歯の予防や歯医者さんに慣れるためにも、小さいうちから予防をする事が将来歯を残す事に繋がっていきます。

すぎもと歯科では小さいお子さんが楽しく歯医者さんに通えるよう、様々な工夫がされています。

すぎもと歯科のスタッフと楽しく歯を守りましょう

バックナンバー

すぎもと歯科

Tel.0587-54-0348

〒483-8334 愛知県江南市前飛保町緑ヶ丘290

院長 : 杉本 英之

初めての方、急患は予約外でも受けていますが
歯科医師・スタッフの都合もありますので必ず
お電話の上ご来院ください

周辺地図

すぎもと歯科 外観

  時間帯
午前 9:00~12:00
午後 3:00~6:30

休診日 木曜・日曜・祝日 祝日のある週の木曜日は診療
土曜日の午後は2:00~4:30

はじめての方・矯正相談は必ずお電話の上ご来院ください。

トップへ戻る