歯科衛生士のブログ

ブログ 歯科衛生士のページ 知っておきたい歯の話

知っていれば安心④

こんにちは~歯科衛生士の竹田です。前回は抜けたりグラグラしている歯を固定後に歯肉などに異常を感じたら再来院しましょうと言うお話しでした。今回は変色した歯についてお話します。

変色した歯は治る

歯が変色している時は、歯の神経(歯髄)がダメージを受けて死んでしまっている可能性もあります。外側からは分からなくても、炎症を起こしていることがあります。歯科では、レントゲン撮影をして、歯の根や神経などの状態を確認します。炎症がおきていれば治療が必要です。

変色した乳歯の場合はそのまま様子を見ますが、神経が死んでいると、根が膿を持って腫れたり、はえかわりの時期が来ても自然に抜けおちない事もあります。                        定期健診などで歯の状態をチェックしてもらい、必要があるなら抜歯します。                    

永久歯が変色してしまった時は、次第にほとんどが悪くなってくるので神経の処置をします。ただ、神経のない歯は時間が経つと黒ずんできます。将来は金属などをかぶせることになるでしょう。

歯が変色してきたら受診してくださいね。

バックナンバー

すぎもと歯科

Tel.0587-54-0348

〒483-8334 愛知県江南市前飛保町緑ヶ丘290

院長 : 杉本 英之

初めての方、急患は予約外でも受けていますが
歯科医師・スタッフの都合もありますので必ず
お電話の上ご来院ください

周辺地図

すぎもと歯科 外観

  時間帯
午前 9:00~12:00
午後 3:00~6:30

休診日 木曜・日曜・祝日 祝日のある週の木曜日は診療
土曜日の午後は2:00~4:30

はじめての方・矯正相談は必ずお電話の上ご来院ください。

トップへ戻る