歯科衛生士のブログ

ブログ 歯科衛生士のページ 知っておきたい歯の話

子どもの歯ぎしり

こんにちは
スマイルアドバイザー・衛生士の奥田です。

先日すぎもと歯科に来院されるお子さんで歯ぎしりしているんですが大丈夫ですか?とご質問がありました。

時々そのような質問がありますので、今回は子どもの歯ぎしりについてお話します。

歯が生えはじめた生後5~8ヶ月ごろに歯ぎしりする赤ちゃんは珍しくありません。

歯の生え始めは、歯ぐきがむずがゆく感じるようです。そのため、歯をこすりあわせている・・もしくは偶然に新しく生えた歯をこすり合わせたらギシギシと音がすることを発見し、その感触が楽しくて繰り返している・・などがあります

いずれはおさまってきますので、あまり心配はないでしょう。

この時期の歯ぎしりが原因で歯がすり減ってきたり、欠けてくるようなことはほとんどありません。

どうしても気になるようなら、『歯ぎしりを始めたら話しかける』などして注意をそらしてみましょう!!

3歳位になってもひんぱんに歯ぎしりをしているようでしたら、1度歯医者さんに見せたほうがよいでしょう。

歯ぎしりの原因

不正交合(かみ合わせが正しくない)

むし歯や歯肉炎による影響

精神的ストレス

精神的ストレスの場合に歯ぎしりをおこしている場合は歯ぎしりをはじめたらできるだけ相手になってやったり、外遊びを十分にさせるなどして気分転換をはかり、様子を見ましょう。

基本的に自然に収まってくることがほとんどですがまれに歯ぎしりが原因で起こってしまう症状もあります。

定期健診を小さい内からうけることが1番大切ですね

バックナンバー

すぎもと歯科

Tel.0587-54-0348

〒483-8334 愛知県江南市前飛保町緑ヶ丘290

院長 : 杉本 英之

初めての方、急患は予約外でも受けていますが
歯科医師・スタッフの都合もありますので必ず
お電話の上ご来院ください

周辺地図

すぎもと歯科 外観

  時間帯
午前 9:00~12:00
午後 3:00~6:30

休診日 木曜・日曜・祝日 祝日のある週の木曜日は診療
土曜日の午後は2:00~4:30

はじめての方・矯正相談は必ずお電話の上ご来院ください。

トップへ戻る