歯科衛生士のブログ

ブログ 歯科衛生士のページ 知っておきたい歯の話

子供の歯(乳歯)のむし歯予防~生活習慣~

こんにちはスマイルアドバイザー・衛生士の奥田です。

先日来院された小さいお子さんをおもちのお母さんにうちの子はもうすぐ1歳半になるんですが、寝る前にぐずると哺乳瓶でミルクを飲ませていますが、大丈夫ですか?とご質問がありました。

今回の衛生士の話は哺乳瓶でミルクを与えるとむし歯になるか・・・についてお話したいと思います♪

1歳半を過ぎる頃になると、母乳は子どもの栄養的にあまり重要ではなくなります。こどもとお母さんの精神安定剤としての役割はあるとしても、そろそろ卒業するべきでしょう。

また、哺乳瓶でミルクを飲んでいるとむし歯になりやすいと言われますが、哺乳瓶が悪いというよりも、何を飲ませるかが問題となります。

夜、子どもがぐずるとミルクや果汁などを哺乳瓶で飲ませながら寝かしつけたり、ミルクを卒業する年齢になったら、今度は甘いジュースや乳酸菌飲料を入れて子どもに持たせ、だらだらと飲ませているお母さんもいます。

そ結果、歯は長時間「糖」にさらされることになり、むし歯菌のかっこうのすみかになるのです。とくに哺乳瓶の乳首があたっている前歯は、むし歯菌の直撃を受けてたちまちとけてしまいます。このような哺乳瓶の間違った飲ませ方でできるむし歯を『ボトルマウス症候群』といいます。

寝る前や夜中にミルクなどを飲ませるのはやめましょう。

特に甘い飲み物をいれた哺乳瓶はくわえさせたまま眠らないことです!!

このような習慣をつけないことが1番大切です

1歳を過ぎたらもうコップを手にもって飲める時期です。徐々にコップに切り替えていきましょう。

哺乳瓶でミルクをのませるとむし歯になるのではなく、哺乳瓶でミルクや甘いジュースなどを飲んで、そのまま寝てしまうとむし歯になってしまうのです。

 

バックナンバー

すぎもと歯科

Tel.0587-54-0348

〒483-8334 愛知県江南市前飛保町緑ヶ丘290

院長 : 杉本 英之

初めての方、急患は予約外でも受けていますが
歯科医師・スタッフの都合もありますので必ず
お電話の上ご来院ください

周辺地図

すぎもと歯科 外観

  時間帯
午前 9:00~12:00
午後 3:00~6:30

休診日 木曜・日曜・祝日 祝日のある週の木曜日は診療
土曜日の午後は2:00~4:30

はじめての方・矯正相談は必ずお電話の上ご来院ください。

トップへ戻る