歯科衛生士のブログ

ブログ 歯科衛生士のページ 知っておきたい歯の話

親不知について

親不知」とは、「第3大臼歯」の事を言います。  

一般的には18~22歳頃に生えますが、まれに30,40代頃に生えてくることもあります。

現代の人の顎の骨は進化して小さくなってきています。しかし、歯の大きさは昔の人とあまり変わっていません。ですから、最後に出てくる親不知は、出てきたくてもスペースが狭く、正常には出てこない場合が多いのです。

親不知が生えてくると、むし歯でもないのに痛むことがあります。人それぞれ親不知の生え方は異なります。でてこなかったり、一部だけ頭が出でいたり、斜めに傾いていたり‥。

きれいに生えて、かつ噛み合わせも正常であれば抜く必要はないですが、そうでない場合は早めに抜くといいでしょう。

正常に生えていない場合、上手く歯ブラシで磨くことが出来ません。その為、すぐむし歯になります。又、汚れもたまりやすく、歯周病の原因になります。

その他にも、顎関節症になったり、歯並びを悪くする恐れがあります。

痛みがないのに抜くなんて‥という抵抗はあるかもしれませんが、残しておいていい事は何もありません。詳しくは検診等でスタッフにお尋ねくださいね

バックナンバー

すぎもと歯科

Tel.0587-54-0348

〒483-8334 愛知県江南市前飛保町緑ヶ丘290

院長 : 杉本 英之

初めての方、急患は予約外でも受けていますが
歯科医師・スタッフの都合もありますので必ず
お電話の上ご来院ください

周辺地図

すぎもと歯科 外観

  時間帯
午前 9:00~12:00
午後 3:00~6:30

休診日 木曜・日曜・祝日 祝日のある週の木曜日は診療
土曜日の午後は2:00~4:30

はじめての方・矯正相談は必ずお電話の上ご来院ください。

トップへ戻る