歯科衛生士のブログ

ブログ 歯科衛生士のページ 知っておきたい歯の話

子供の歯(乳歯)のむし歯予防~その2~

今回は、前々回の『子供の歯(乳歯)のむし歯予防について』の続きをお話します。


正しい歯磨き(仕上げ磨き)の方法は??

歯磨きは、基本的には歯の汚れがとれればどんな磨き方でもいいのですが、力を入れてゴシゴシ磨けばいいというものではありません!

ハブラシを歯に対してやや斜めに当て、ブラシの先が歯と歯の間、歯と歯ぐきの境目に入るようにするのがポイントです。

磨くとき、左右に大きく動かすと、歯と歯の間、歯と歯ぐきの境目を十分に磨くことが出来ません
ハブラシは細かく動かすことが大切です!!

ハブラシのにぎり方はペングリップ(鉛筆を持つ時と同じにぎり方)です。

磨くとき、手を固定させるために、ひじを体につけて、ハブラシを持った手は子供のあごやほおにあてると、安定して余分な力がはいりません。そして反対側の手の人差し指でくちびるを引っ張ったりして磨きやすくしましょう☆

ただし、子供の場合、長く時間をかけてしまうと、歯磨きが面倒になったり、口をあけているのがイヤになったりします。

磨きにくい場所や、汚れがたまりやすい場所を重点的に磨き、短時間で磨きあげることが大切ですね

磨きにくい場所や、汚れがたまりやすい場所は??

乳歯(子供の歯)、永久歯(大人の歯)を問わず、歯のつけ根歯と歯の間かむ面の溝は汚れがたまりやすい場所です。

さらに上の奥歯のほっぺた側と下の奥歯の舌側も磨きにくい上に汚れがたまりやすいですね。

上の図は仕上げ磨きのポイントです。参考にして下さいね☆

1日に1回はその日の歯の汚れを完全に落とすことが大切です!

磨いた」のと「磨けた」のは違いますよね。

歯の汚れを落としきるのが『正しい歯磨き』ということになります!

みなさんも夜寝る前の歯磨きは『正しい歯磨き』になるよう頑張りましょう

バックナンバー

すぎもと歯科

Tel.0587-54-0348

〒483-8334 愛知県江南市前飛保町緑ヶ丘290

院長 : 杉本 英之

初めての方、急患は予約外でも受けていますが
歯科医師・スタッフの都合もありますので必ず
お電話の上ご来院ください

周辺地図

すぎもと歯科 外観

  時間帯
午前 9:00~12:00
午後 3:00~6:30

休診日 木曜・日曜・祝日 祝日のある週の木曜日は診療
土曜日の午後は2:00~4:30

はじめての方・矯正相談は必ずお電話の上ご来院ください。

トップへ戻る