歯科衛生士のブログ

ブログ 歯科衛生士のページ 知っておきたい歯の話

~歯周病を治そう~

「歯周病」という言葉を最近よく耳にすると思いますが、以前は「歯槽膿漏」と呼ばれていました。歯槽膿漏とは、歯ぐきから膿(うみ)の出る病気という意味ですが、その他にも様々な症状がある事から、今では歯周病と呼ぶようになりました。

歯周病は生活習慣病。痛みがないので、知らないうちに進行し、症状が進むまでなかなか自覚しにくい病気です。放っておくと、歯ぐきから膿がでたり、激しく痛んだり、歯がぐらぐらになったりして、最後には抜けてしまいます。又、歯周病は決して中高年の病気ではありません。15~24歳の若者の65%が歯周病にかかっています

自分では気がついていない方も少なくはありません。

ここで歯周病セルフチェックをしてみましょう。

●歯磨きをすると歯ブラシに血がつく    

●口臭がある

●歯と歯の間によく食べ物がはさまる

●歯ぐきが赤く腫れている

●水を飲むと歯や歯ぐきがしみたり痛む

●歯が以前より長くなったように見える

●歯がぐらぐらする。歯の隙間が広がってきた

●歯ぐきから自然に血がでる

●歯ぐきを押すと膿がでることがある

●歯石がたくさん付いている

●歯がゆれて食べ物を噛み切れない 

●朝起きたとき、口の中が粘ついた感じで不快 

いかがでしたか?
当てはまる項目が多ければ多いほど歯周病にかかっている可能性があります。少なくても、油断は禁物です。

歯周病の治療内容や期間は、症状がどの位進んでるかによって変わります。症状の軽いうちに治療に取り組めば、それだけ早くよくなります。又、治療が終われば、ハイ、終わり!!‥というものではありません。毎日の歯磨き定期検診によって、良い状態が維持できるのです。

私達と二人三脚になって、一生自分の歯で食事ができる事を目指しましょう

バックナンバー

すぎもと歯科

Tel.0587-54-0348

〒483-8334 愛知県江南市前飛保町緑ヶ丘290

院長 : 杉本 英之

初めての方、急患は予約外でも受けていますが
歯科医師・スタッフの都合もありますので必ず
お電話の上ご来院ください

周辺地図

すぎもと歯科 外観

  時間帯
午前 9:00~12:00
午後 3:00~6:30

休診日 木曜・日曜・祝日 祝日のある週の木曜日は診療
土曜日の午後は2:00~4:30

はじめての方・矯正相談は必ずお電話の上ご来院ください。

トップへ戻る