歯科衛生士のブログ

ブログ 歯科衛生士のページ 知っておきたい歯の話

口腔機能を育てる

江南市すぎもと歯科、歯科衛生士の川瀬です星っ☆ のデコメ絵文字

先月開催されたデンタルショーで、小児歯科医として著名な岡崎好秀先生の講演を聞かせて頂きました。岡崎先生7KB4LME

以前、すぎもと歯科のクリスマスフェスタで子どもたちに向けて歯の大切さをお話しする際に、岡崎先生の著書「動物たちのよい歯甲子園」を参考にさせて頂いたので、どんな方なのかな?と楽しみにしていました。

数々の冗談やクイズを交えながらの楽しく引き込まれる講演でした。
「口腔機能から食育そして小児歯科診療まで」という講演の中から一部をご紹介します。

まずは現代の食生活の違いです。岡崎mages65R8SLDL
現代のある日の給食のメニューが、やわらかくほとんど噛まなくても飲み込めてしまうようなものばかりでした。栄養バランスは考えられているのだと思いますが、噛む必要がなければお口の機能がしっかりと活かせません。

もうひとつの例として、サザエさんの食事しているシーンでも現代との違いがあります。
私もまったく気付かなかったのですが、食卓の上に湯呑が置かれていないのです。飲み物があると流し込んでしまうことになるので、ごはんをすべて食べ終わってからお茶などを飲むという 良い習慣があったようです。

岡崎magesPXOU3YCUとても印象に残ったお話が、赤ちゃんにスプーンで食べさせてあげる時のよくない方法についてです。
離乳食を与える時に、お口の中までスプーンを入れてしまうのはよくないそうです。スプーンをお口のそばにもっていき、赤ちゃん自身がお口を近づけて上唇を使って食べ物を摂取することでお口の機能が鍛えられます。

 歯が生え何でも食べられるようになったら、お肉や野菜などは小さく切り分けるのではなく、ある程度の大きさで用意します。
小さいころから前歯で噛み切って、奥歯でしっかり噛み・すりつぶす習慣をつけていくことが大切です。

 ★先月のブログでもデンタルショーでの講演噛むことの大切さ」についてご紹介していますので、そちらも合わせてご覧ください赤色チェック のデコメ絵文字

 

バックナンバー

すぎもと歯科

Tel.0587-54-0348

〒483-8334 愛知県江南市前飛保町緑ヶ丘290

院長 : 杉本 英之

初めての方、急患は予約外でも受けていますが
歯科医師・スタッフの都合もありますので必ず
お電話の上ご来院ください

周辺地図

すぎもと歯科 外観

  時間帯
午前 9:00~12:00
午後 3:00~6:30

休診日 木曜・日曜・祝日 祝日のある週の木曜日は診療
土曜日の午後は2:00~4:30

はじめての方・矯正相談は必ずお電話の上ご来院ください。

トップへ戻る