歯科衛生士のブログ

ブログ 歯科衛生士のページ 知っておきたい歯の話

土用の丑

みなさんこんにちはimages (3)
江南市すぎもと歯科・歯科衛生士の町野です。
季節ごとに行われる行事にあわせて作る特別な料理「行事食」があります。
それぞれの地域の特性があらわれ、郷土料理とも深く結びついています。
今日はもうすぐやってくる行事食「土用の丑」についてのお話です。
土用の由来は、陰陽五行(木・火・土・金・水)のうち、
木・火・土・金・水をの四季に当てはめ、各季節の終わりの約18日間に土をあて、土用としたものです。
現在では、立春前と立秋前の18日間を土用と呼び、最初の日を「土用の入り」と言います
夏の土用の丑の日には体力回復にうなぎの蒲焼を食べるのは、江戸時代に平賀源内が広めてから定着したと言われています。
うなぎカルシウムや鉄分も多く含まれ、骨や歯を丈夫にしてくれます3色びっくりマーク デコメ絵文字
行事食を楽しみながら、よく噛んで食べて楽しい食事をとってくださいね。

バックナンバー

すぎもと歯科

Tel.0587-54-0348

〒483-8334 愛知県江南市前飛保町緑ヶ丘290

院長 : 杉本 英之

初めての方、急患は予約外でも受けていますが
歯科医師・スタッフの都合もありますので必ず
お電話の上ご来院ください

周辺地図

すぎもと歯科 外観

  時間帯
午前 9:00~12:00
午後 3:00~6:30

休診日 木曜・日曜・祝日 祝日のある週の木曜日は診療
土曜日の午後は2:00~4:30

はじめての方・矯正相談は必ずお電話の上ご来院ください。

トップへ戻る