歯科衛生士のブログ

ブログ 歯科衛生士のページ 知っておきたい歯の話

歯が溶ける原因は?

江南市すぎもと歯科、歯科衛生士の川瀬です。
梅雨が明けて本格的な夏がやってきました。
冷たい飲み物やアイスクリームなどを食べる機会が増えますね

今回は「歯が溶ける原因」についてお話します stephan
毎日知らないうちに、歯からカルシウムが溶け出しています(脱灰)。歯を溶かす原因は2つあります

一つめはむし歯菌が作る酸です。
お口の中のむし歯菌は、砂糖やでんぷんが入ってくると酸を作り、歯の表面をだんだんと溶かしていきます。食後しばらくの間、酸を出し続けます

二つめは酸性度の高い食品や飲料が原因となります
炭酸飲料やスポールドリンク、みかんなどの柑橘類、ドレッシングなど身の周りに多くあります。酸性が強いものを頻繁に摂っていると歯が溶け出し、ひどい場合には「酸蝕歯」になることもあります。

そこで歯を守ってくれるのが唾液です。唾液のチカラ
お口の中を中性に保とうとする唾液の働きによって、歯が溶け続けるのを防ぎます。
唾液は、噛めば噛む程出やすくなります。唾液がたくさん出ると、お口の中の汚れも洗い流してくれやすくなります。
日頃からよく噛む習慣を身につけることが大切です。

また、歯の質を強くするためにはフッ素も効果的です。フッ素
フッ素は自然界に存在するミネラル成分で、野菜や穀物、魚介類の中にもわずかに含まれています。ほとんどの歯磨き粉の中にはフッ素が配合されています。
むし歯や酸蝕歯などから歯を守るために、毎日の歯磨きを丁寧に行いましょう

バックナンバー

すぎもと歯科

Tel.0587-54-0348

〒483-8334 愛知県江南市前飛保町緑ヶ丘290

院長 : 杉本 英之

初めての方、急患は予約外でも受けていますが
歯科医師・スタッフの都合もありますので必ず
お電話の上ご来院ください

周辺地図

すぎもと歯科 外観

  時間帯
午前 9:00~12:00
午後 3:00~6:30

休診日 木曜・日曜・祝日 祝日のある週の木曜日は診療
土曜日の午後は2:00~4:30

はじめての方・矯正相談は必ずお電話の上ご来院ください。

トップへ戻る