歯科衛生士のブログ

ブログ 歯科衛生士のページ 知っておきたい歯の話

お口のケアが大切です!

こんにちは(^o^)丿すぎもと歯科スマイルアドバイザー・衛生士の奥田です。

最近は朝、夜と涼しくなってきて、寝苦しい・・なんてことも少なくなってきましたね!ただ季節のかわる時期は体調も崩しやすいです。
気づかないうちに免疫力がさがる事もありますので、ご注意くださいね。

 今回お口のケアが、がん治療に役立つ事についてお話します

いまや「がん」は、検査による早期発見、そして治療法のめざましい進歩のおかげで、「治る病気」になりました。ただ、治療が進歩し、強くなるにつれ、副作用による合併症に悩む患者さんも増えています

抗がん剤治療は全身のがん細胞をやっつける治療ですが、これによって健康な細胞もダメージを受けます。そのため最近やウィルスに対する体の抵抗力が弱まり、口の中を清潔にしていないと、口の中の細菌によってひどい口内炎ができてしまいます。12207

からだが元気な時に、1つ口内炎ができた位では、しばらく片方の歯で噛んで安静にしていればすぐに治ってしまいますが、からだの抵抗力が落ちている時は何個か同時にできたりします。そうすると、食事がとりにくくなったり、睡眠もままならなくなる場合がでてきます。

体力の回復はもちろん、がん治療の継続が難しくなってしまうことも少なくありません

合併症は口内炎だけにとどまりません。歯周病をそのままにして抗がん剤治療を始めると、急速に歯周病が悪化します。また、口の細菌が肺に入ったり、ただれた粘膜から全身にまわると高熱の出る肺炎や敗血症などの重篤な合併症を引き起こす場合があります

口の中にいる細菌が、患者さんのがんとの闘いの邪魔をしてしまいます

このような事は抗がん剤治療だけでなく、手術で体力がおちたり、頭頸部に放射線治療を行う際にも起きがちです。初めての方DSC06225 - コピー - コピー (2)

 現在、がんは早期発見できるようになった分、身近な病気となっています。がんが発見された時、スムーズに治療に専念できるよう、普段からお口のケアをしていくことがおすすめです。

すぎもと歯科でメンテナンスをうけ、お口のケアを続けましょう!

久しく歯医者さんにいっていない方、この機会にお口のチェックからはじめてみてはいかがでしょう(^v^)

 

バックナンバー

すぎもと歯科

Tel.0587-54-0348

〒483-8334 愛知県江南市前飛保町緑ヶ丘290

院長 : 杉本 英之

初めての方、急患は予約外でも受けていますが
歯科医師・スタッフの都合もありますので必ず
お電話の上ご来院ください

周辺地図

すぎもと歯科 外観

  時間帯
午前 9:00~12:00
午後 3:00~6:30

休診日 木曜・日曜・祝日 祝日のある週の木曜日は診療
土曜日の午後は2:00~4:30

はじめての方・矯正相談は必ずお電話の上ご来院ください。

トップへ戻る