歯科衛生士のブログ

ブログ 歯科衛生士のページ 知っておきたい歯の話

先天性欠如歯って?

こんにちは。すぎもと歯科歯科衛生士の小酒井ですハート☆のばし棒 デコメ絵文字

今日は「先天性欠如歯」についてのお話をさせて頂きます。

皆さんはこの「先天性欠如歯」という言葉をご存知ですか
本来ならば永久歯は親知らずを除いて28本生えるはずです。しかし、2007年に行われた大規模調査の結果、生まれつき永久歯の本数が少ないお子さん10人に1人の確率でいることがわかりましたびっくり デコメ絵文字
 
原因としては感染、薬剤、栄養障害や遺伝、そして特定の病気や障害などが指摘されています。
しかし実際のところ、どの要因がどれくらい関与したかを調べるのが難しいケースが多く、ほとんどの場合が原因は不明です。
歯が足りないために困ることとしてあげられるのは、噛み合わせが悪くなること、噛んで食べる時の効率が悪くなること、そして歯の隙間が開くことなどによる見た目の悪さです。

治療法としては

生え変わらずに残った乳歯を大事に残して長持ちさせる、
矯正治療をして歯を動かし噛み合わせや見た目を良くする、
インプラントや入れ歯で補う、などが代表的です。
先欠9535be1b1c8f88477c327
なかでもの方法は、
小さな頃に発見して、将来的に起きるであろう問題を予測しながら経過観察をし、残った乳歯を予防して守ったり、あごの骨格が固まる前に矯正治療の準備を始めておくと、その後の治療を有利に、スムーズに進めることができます。
 
永久歯の芽があるかないかは、パノラマエックス線写真を撮影すると、早くも3歳ぐらいからわかり、6歳後半になれば確実といってよいレベルでの診断ができます。
レントゲン写真上は、乳歯の下に永久歯が作られています
けれど、下の写真には永久歯がありません。ですから、乳歯を使っていくことになります。
先欠N2S 
実は私も、先天性欠如歯で永久歯が2本足りません。ですが現在でも乳歯をしっかりと守り、大切に使っています。
 早めに発見し、メンテナンスを受けることが何よりも重要になってきます。
 3歳では、ジッと動かずにエックス線検査を受けるのはまだ難しいかもしれません。
5歳前後になってできるようになったら、ぜひ一度調べることをお勧めします。
 

バックナンバー

すぎもと歯科

Tel.0587-54-0348

〒483-8334 愛知県江南市前飛保町緑ヶ丘290

院長 : 杉本 英之

初めての方、急患は予約外でも受けていますが
歯科医師・スタッフの都合もありますので必ず
お電話の上ご来院ください

周辺地図

すぎもと歯科 外観

  時間帯
午前 9:00~12:00
午後 3:00~6:30

休診日 木曜・日曜・祝日 祝日のある週の木曜日は診療
土曜日の午後は2:00~4:30

はじめての方・矯正相談は必ずお電話の上ご来院ください。

トップへ戻る