歯科衛生士のブログ

ブログ 歯科衛生士のページ 知っておきたい歯の話

歯の治療は出産前に!

皆さんこんにちは!
すぎもと歯科、歯科衛生士の都竹です。
最近一層寒さが増してきましたね。早いところではもう雪が降り始めてきていますが、皆さんはどうお過ごしでしょうか。
さて今回は妊娠中のお口の中についてのお話」です。17_img_01
✽妊婦の口の中では
・歯肉の血管が広がり、腫れやすい状態になる
・唾液の分泌量が少なくなる
・女性ホルモンが細菌の栄養になる
・食事回数が増え、口の中に食べかすが残り易くなる
   等のことが起こり、虫歯や歯肉炎になり易くなると言われています。
✽そのまま放置してしまうと、、、17_img_03
・早産につながる可能性がある
・出産でいきむ時に歯を傷めるかもしれない
・出産後は子育てに追われて通院の時間がない
・子供に自分の虫歯を移してしまう事もある
等のリスクがあり、いかに妊娠中のお口の中の環境が赤ちゃん、そして自分自身にも影響してしまうかがわかります。
マタニテイ (2)このようなリスクを背負わない為にも、出産前に歯の治療をする事はとても大切になります。
妊娠中の歯科治療に対して、赤ちゃんへの影響を懸念して後回しにしてしまう方も少なくありません。
ですが、歯を悪くしたまま放置する方が赤ちゃんへのリスクは高くなることもあります。また、日々の体調管理に気を配り、出産への不安などからストレスを抱えがちです。そのうえで歯科治療で通院し続けるのは負担が大きくなることもあります。
だからこそ妊娠が分かった早い段階で、歯科検診を受けましょう。imagesCINDZYNE
また、日頃の歯磨きによる予防も重要です。つわりがひどく歯ブラシを口に入れにくくなった場合でも、口の中で水をよく巡回させるブクブクうがいをするだけで違います。お口の中に食べかすが残った状態で放置しないよう、お口の中を清潔に保ちましょう。
すぎもと歯科にも、妊娠中の方が検診にみえています。治療しないといけない歯を作ってしまう前に定期検診を受け、予防していきましょう。
私達も全力でサポートさせて頂きます。妊娠中の歯科受診に対してわからない事や不安などあればいつでもおっしゃってください。

バックナンバー

すぎもと歯科

Tel.0587-54-0348

〒483-8334 愛知県江南市前飛保町緑ヶ丘290

院長 : 杉本 英之

初めての方、急患は予約外でも受けていますが
歯科医師・スタッフの都合もありますので必ず
お電話の上ご来院ください

周辺地図

すぎもと歯科 外観

  時間帯
午前 9:00~12:00
午後 3:00~6:30

休診日 木曜・日曜・祝日 祝日のある週の木曜日は診療
土曜日の午後は2:00~4:30

はじめての方・矯正相談は必ずお電話の上ご来院ください。

トップへ戻る