歯科衛生士のブログ

ブログ 歯科衛生士のページ 知っておきたい歯の話

顎関節症・・症状によるタイプ

こんにちは。すぎもと歯科スマイルアドバイザー・衛生士の奥田です。

前回の続きをお話します。
顎関節症は大きく分けて4つのタイプがあります。顎1

筋肉のトラブル
咬筋などの筋肉疲労による筋肉痛がきっかけです。慢性化する場合もあり、原因についてはまだ謎も多いといわれています。口を開け閉めしたり、筋肉を触ると痛みがあります。
生活指導を受け、リラックスを心がけ、安静にしていると改善する事が期待できます。

関節円板のトラブル
関節円板のズレにより発生します。異音、口が開けにくいなどの症状の他、強い痛みを伴う事もあります。生活改善により痛みが軽減する事もありますが、悪化する場合は専門医へ行く必要があります。

靭帯や関節包のトラブル
顎関節の周囲にある靭帯などが肉離れや捻挫を起こして痛みが出ます。硬い食べ物等を避けるようにし、大事にしていると、通常は自然に回復します。

 骨の変形のトラブル
下顎頭の変形や顎関節の周囲の組織の損傷のために発生し、症状は軽度から重度まで幅があります。顎関節への負担を取り除く事によって顎関節が動くようになると、専門医の治療を受けずに治るケースもありますが、症状が長引く場合は専門医へ行く必要があります。

自分の症状がどのタイプかは歯科医師の診断が必要です。

顎関節症だと思っていたら実は違う病気だった・・というケースもありますし、専門的な治療が必要な場合もあります。その時は紹介状をお出しする事もあります。

気になる方は一度診てもらう事をお勧めします。

 

バックナンバー

すぎもと歯科

Tel.0587-54-0348

〒483-8334 愛知県江南市前飛保町緑ヶ丘290

院長 : 杉本 英之

初めての方、急患は予約外でも受けていますが
歯科医師・スタッフの都合もありますので必ず
お電話の上ご来院ください

周辺地図

すぎもと歯科 外観

  時間帯
午前 9:00~12:00
午後 3:00~6:30

休診日 木曜・日曜・祝日 祝日のある週の木曜日は診療
土曜日の午後は2:00~4:30

はじめての方・矯正相談は必ずお電話の上ご来院ください。

トップへ戻る