歯科衛生士のブログ

ブログ 歯科衛生士のページ 知っておきたい歯の話

定期検診の重要性!セミナーに参加して★

皆さんこんにちは!江南市すぎもと歯科・歯科衛生士の都竹です。
先日の日曜日は歯科衛生士メンバーでDHパーティーに参加させて頂きました。
朝から夕方まで、歯科衛生士の大先輩の講演や内山先生の講演など、沢山のお話を聞きとても有意義な1日になりました。IMG_1449 (640x488)
その中でも特に皆さんにも知って頂きたい内容がありました。

それは、定期検診の重要性についてです。
定期検診でどのくらい歯の喪失が防げるのか・・?皆さんは考えたことがありますか。
実は、定期的に検診を受けている方と、定期検診に通わず治療や検査だけで中断しまう方と比べると、歯の喪失本数が約3倍も増えてしまうというデータがあるのです
更に日本人の40歳から70歳になるまでの歯の喪失本数に関するデータでは、平均10本も喪失してまうという結果が出ているのだそうです

歯を失う原因は様々で、むし歯や歯周病、中には食いしばり等の何気ない癖が原因で歯が割れてしまったりと、自分だけでは気が付かない所から歯を失うリスクが増えていく可能性があります。そんな可能性を早期発見し予防していく為に必要なのが定期検診です。

img40_care - コピーしかし、定期検診に通っていても、「歯医者できれいになるから家では適当でいいや!」と普段の歯磨きを怠ってしまっては意味がありません!
実は歯肉縁上プラーク(歯肉より上の歯垢)のプラークコントロールにより歯肉縁下(歯肉の中)の細菌数を減少させ組織を健康に保つことが出来る、というデータもあるのだそうです。
皆さんの普段の歯磨きで縁上プラークを落とし、お口の中を清潔に保つことが、歯周病予防、病状安定に繋がるので、いかに大切かが分かりますよね。
いくら定期検診で歯肉の中など隅々までお掃除しても、3ヶ月も経てば歯石は再付着します。数ヶ月も歯磨きを適当に済ませていると、歯垢も歯石も再度付き、状態は改善されません。
どちらかに偏るのではなく、普段のセルフケアと定期検診でのプロケアの双方を徹底することで、皆さんのお口の健康を保つことが出来ます。検診イラスト① - コピー

すぎもと歯科にはお口の健康を守る為のプロがいます。皆さんのお口の中が少しでも良くなるように、そしていつまでも自分の歯で美味しく食べられるように、私達がサポートさせて頂きます。

「歯と口の健康週間」が始まります!もし定期検診に通ったことの無い方や、中断してしまった方がみえましたら、これを機に1度足を運んでみて下さい。いつでもお待ちしてます!

バックナンバー

すぎもと歯科

Tel.0587-54-0348

〒483-8334 愛知県江南市前飛保町緑ヶ丘290

院長 : 杉本 英之

初めての方、急患は予約外でも受けていますが
歯科医師・スタッフの都合もありますので必ず
お電話の上ご来院ください

周辺地図

すぎもと歯科 外観

  時間帯
午前 9:00~12:00
午後 3:00~6:30

休診日 木曜・日曜・祝日 祝日のある週の木曜日は診療
土曜日の午後は2:00~4:30

はじめての方・矯正相談は必ずお電話の上ご来院ください。

トップへ戻る