歯科衛生士のブログ

ブログ 歯科衛生士のページ 知っておきたい歯の話

デンタルショーに行ってきました!

こんにちは
スマイルアドバイザー・衛生士の奥田です(●^o^●)

この間の日曜日、デンタルショーへスタッフのみんなと行ってきました!
デンタルショーとは歯科の様々な会社が商品を紹介する大きな展示会のような物です☆
この写真はスタッフが新しいチェアーに座って座り心地を体感している所です

普段から色々な器材や薬品、器具を使って患者さんの治療を行ったり、予防を行っていますが、常に新しい商品が出てきます(>_<)
その中で、色々な物を一度にたくさん見比べれるのはこのデンタルショーでしかできないので、とても楽しく、勉強になりました。

歯科の業者さんが商品を細かく説明してくれるので、新たな発見がたくさんありました!
そして医院に持ち帰り、院長に相談して、取り入れる物を検討している所です!

これからもすぎもと歯科に通って頂く患者さんに快適に治療・予防を受けて頂けるようスタッフで精進していきます(*^_^*)

歯を溶かす原因は・・・?

ご存知ですか?飲んだり食べたりすることで毎日少しずつ歯の表面のカルシウムやリンが溶け出しています〈脱灰〉

歯は知らないうちに溶けています。歯を溶かす原因はつあります。
虫歯菌が作る酸によるもの
お口の中には砂糖や澱粉が入ってくると、酸を作り歯の表面をだんだん溶かしてゆく細菌がいます。食後しばらくの間、酸を出し続けます。

酸性度の高い飲料・食品によるもの
身の回りには、酸性の飲食物がたくさんあります。
ソーダ飲料・ワイン・夏みかんなどの柑橘類・・・など酸っぱいものを頻繁にとっていると歯が溶かされ、ひどい場合には“酸蝕歯”になることもあります。

歯は酸によって溶け出したカルシウムを、唾液の中から取り戻しています。唾液を介して溶け出したミネラルが歯に戻り、修復されることを〈再石灰化〉といいます。

お口の中では食事のたびに〈脱灰〉〈再石灰化〉が繰り返されています。失った歯のカルシウムは、唾液の中からしか取り戻すことができません。

唾液の中に、歯にしみ込み易いカルシウムフッ素がたっぷりあると、歯が元気になります。上手に取り入れて健康で丈夫な歯を保ちましょう!

脱灰と再石灰化のバランスをとることが、虫歯になりにくいお口の環境づくりにつながります!

知覚過敏

みなさんこんにちは!近頃は寒い日が続き、水道のお水や冷たいものがしみる!という方が増えているのではないでしょうか?

歯がしみる…という症状はもしかしたら知覚過敏かもしれません。

今日はしみる症状が出るのを避ける、症状を和らげるという方法についてお話していきたいと思います(^^)☆

まず、歯磨きの後のうがいしみてが辛い…という方は、ぬるま湯でうがいをし、刺激を避けましょう。
次に、歯医者で知覚過敏の症状を和らげる処置を受けてみるのも効果的だと思います。
また、知覚過敏用の歯磨き剤を使用してみるのもいいですね。

市販の知覚過敏用の歯磨き剤には、歯科医院で使用している、しみるのを抑える効果のあるお薬と同じ成分が配合されています。

★知覚過敏用歯磨剤のおすすめの使い方★

歯磨きをする時に使用する

知覚過敏のある部分に歯磨剤を塗って20分くらい置いておく(もちろんこの間はうがいや飲食はしないでください)

などの方法を試してみて下さい(^0^)/

原因が知覚過敏ではなく、虫歯などの場合もあります
症状が改善されなかったり、悪化するようでしたら早めに歯科医院に行ってみてください!
ご不明な点がありましたら気軽にスタッフにお声をかけてくださいね

お子さんの歯の着色について

こんにちは、スマイルアドバイザーの尾形です♪

最近、『歯育て支援Q&A』という本を読み、すぎもと歯科にお越しの多くの方から、よく質問を受ける内容が書かれていたので、ご紹介したいと思います。

Q1 歯の色が黄色っぽくなってきました。白くなりますか?それとも虫歯ですか?

Q2 前歯が茶色くなっています。着色していると言われましたがどうしたらとれますか?

Q3 着色したまま放っておいたら虫歯になりますか?

Q4 着色は、歯磨き粉でとれますか?

…どれもよく受ける内容の質問です。

【歯の着色の主な原因】

食品用色素やお茶などによる歯の表面からの外因性の着色

歯髄(神経)からの内因性のもの

歯の形成不全

虫歯などが挙げられます

An、気になるようであれば、歯医者さんで1度きれいにしてもらいましょう。

An、1度ついてしまった汚れは、歯ブラシでとるのは難しいでしょう。口呼吸をしていると着色しやすいので、唇を閉じるようにしましょう。

An、むし歯の場合は歯医者さんでの治療が必要です。神経が感染して、後から生えてくる永久歯に悪影響を与える場合もありますので、早めに受診してください。

An、形成不全は永久歯ができつつある乳幼児期に、体調が悪っかったなどの理由で十分に歯が形成されない場合があります。茶色い部分があったり、白斑のようになったりしますが、あまり気にしないでよいと思います。気になるようならご相談くださいね

こどものケガ!

こんにちは(*^_^*)スマイルアドバイザー・衛生士の奥田です
クリスマス寒波の影響で、今日も朝から冷えこんでいますね!
外と家の中の気温差によって体調を崩しやすく、風邪もひきやすくなります。
手洗い、うがいで予防してくださいね♪

先日来院されたお子さんで歯をぶつけてしまって・・と心配されたお母さんがいらっしゃいました。
今回は歯科におけるお子さんのケガについてお話したいと思います

保育園におけるケガの種類で切り傷・打撲についで、歯の外傷が第3位で多いケガとなっています。
転んだ時にとっさに手をつくことができずに顔や歯にケガをしてしまう事が多いようです

外で遊ぶ事が現代のお子さんは減少傾向にあり、運動能力の低下が関係しているようです。

歯をぶつけると・・・
・揺れはほとんどないが、歯の周りからジワっと血がにじんでいる
・歯が揺れている
・歯が折れた→見える所で折れている
        →根が折れた
・歯の位置がずれた
・歯が埋まった 
・歯が抜けた
・唇や歯ぐきが切れた
・少ししてから、歯の色が変わった
こような事が起こってきます。

起こった時どうしたらいいか・・・
「揺れはほとんどないが、歯の周りからジワっと血がにじんでいる」このケースが対応に困ると思います。
これ以外はすぐに病院にいかなければ!となると思いますが、上記のケースはそれほど痛がらないし、このまま様子を見ても大丈夫かしら?と考える事も少なくないと思います。
このような場合、清潔にして、数日前歯で噛まずに安静にしていれば問題のない事が多いと思います。
しかし、中には歯の根が折れていたり、数日~数カ月経過してから歯の色が変色する事もありますので、どんな時でもできれば歯科に受診されることをおすすめします

子どもが転んだ、ケガをした場合・・・
・顔面をぶつけていたら、口の中もよくみましょう!
・歯の周りから出血、又は唇・歯ぐきから出血していたら、消毒したり、軽く圧迫したりしてから口の中をよく見ましょう!
・出血がなくても、食べにくそうにしていたり、噛むと痛がったりしていたらすぐに歯科に受診しましょう
・歯が抜けたり、欠けていたりしたら周りを探してみましょう!抜けた歯やかけらがみつかれば牛乳などにつけてそのまま歯科にすぐに受診しましょう!
・ケガの状況をしっかり把握して記録をし、緊急の対応をしてくれるかかりつけの歯科をみつけておきましょう!

冬休みに入り、遊ぶ時間が増えています。ケガをする状況も増えていますので、何かあった時は冷静に対応できるといいですね。
普段から歯医者さんへ予防に通っていると、
いざという時もスムーズに対応できますので、何もなくても検診に通って歯医者さんに慣れておきましょう!

今年もあとわずかとなりました。
大掃除に追われている頃かもしれませんね!
お口の中の大掃除も今年中にしておけるといいですね

みなさん良いお年を!!

「クリスマスフェスタ」衛生士のお話

 今年もすぎもと歯科では、ブ★クリスマスフェスタがありました。

その中の「歯科衛生士の話」で子ども達に話した「4つの誓い」について紹介します。

★その1 甘いおかしやジュースを減らし、キシリトールのおやつを食べます。
★その2 テレビを見ながら遊びながら、だらだら食べません。よく噛んで食べます。
★その3 寝る前は必ず歯を磨きます。仕上げ磨きをしてもらいます。
★その4 フッソを使い、歯を守ります。3ヶ月に1度は検診に来ます。

お子さんだけでなく、大人の方も気をつけて頂くと良いことばかりですね。

これからの時期は忘年会やクリスマス、お正月とイベントが続くため美味しいものをたくさん食べる機会が増えますね。(o>ω<o)

生活習慣も不規則になりやすい時期です。家族の中で声をかけ合って、健康なお口で新年を迎えましょう!

☆*::*:☆・・:*;*☆:*::*☆*・・☆*::*:☆・:☆:*::*☆

インフルエンザ予防にEO水!

みなさんこんにちは

このところぐっと寒くなってきて、インフルエンザなどが流行りだしましたね(>_<)今日は雪です、子供たちは大喜びのようですが・・・

みなさんEO水をご存知ですか(o^^o)?
EO水は、水道水に少々の塩を加え特殊な電気分解を行うことにより、不思議なちからを持った『水』に生まれ変わります。
この『水』は優れた特長があり、様々な分野で活躍しています☆彡

EO水は多くの病原微生物を瞬時に殺すちからがあります
《感染病の原因になる病原菌、ウイルス》
   エイズ、B型・C型肝炎、ヘルペス、など
   緑膿菌、MRSA、結核菌、インフルエンザ、水虫など
《食中毒の原因になる菌》
   
黄色ブドウ球菌、サルモネラ菌、大腸菌O-157など

EO水は病原微生物に作用し、人や環境には優しい水です
《安全》薬品と違い薬剤耐性・残留性がなく、人体に無害です
《安心》皮膚、唾液、血液などの有機物に触れると普通の水に戻ります
《信頼》多くの医療機関、公共施設、有機栽培農家などで普及しています

お口の中の使い方
お口の中は体内に侵入してくる悪い菌やウイルスがいっぱいです。
EO水は、虫歯の原因菌を抑制し、虫歯菌を予防します。
また、のどのうがいに使用すれば、風邪の予防に役立ちます。

風邪、インフルエンザ予防にガラガラうがいを!
うがいをする前に、水道水で口をすすぐ
EO水を使う量だけコップに移す
のどにEO水が届くようにガラガラうがいをします
はき出した後は、同じように2~3回繰り返して終わりです

口臭について

口臭とは、、、

口臭は口の中の細菌が、主にタンパク質を分解して発生します。
口の中を清潔に保つことで口臭を防ぐことができます。

口臭の種類

生理的口臭 
起床時、空腹時、緊張時などの唾液の分泌量の低下により発生する口臭で、誰にでも多少はあるものです。

病的口臭
口腔内をはじめ、体全体の疾患・症状によって発生する口臭です。
・口腔内に原因
歯周病や進行した虫歯など、口の中の病気により口臭が発生。  
・全身の疾患に原因
胃腸・呼吸器・鼻疾患・糖尿病などの疾患により口臭が発生。

外因的口臭
ニンニクやニラ・ねぎなどの有臭食品、酒やタバコなどの嗜好品な どのよって発生する臭いのことです。
ほとんどが時間の経過とともに減少します。

精神性口臭
検査をしても口臭は認められないのに、本人だけが口臭があると思い込んでいる口臭のことです。
ストレスや精神的に不安定な場合に多くみられます。

口臭予防のポイント

口臭を予防するには口の中を清潔に保つことが必要です。
歯周病や虫歯をきちんと治しておくことは、口臭予防の大切なポイントです。

毎日の歯磨き
お口の中を清潔に保つため、丁寧な歯磨きを心掛けましょう。

歯周病や虫歯の治療
歯科医院で定期検診を受けて、虫歯や歯周病にかかっていないか診てもらいましょう。
また歯石除去や専門家による清掃を受けましょう。

規則正しい生活
ストレスを溜め込まないように心がけ、規則正しい生活を送りましょう。

口臭はきちんと治療をすれば改善されます。
悩んでないでどうぞご来院下さい。

口臭について詳しくはちらのページをご覧ください

POs-Ca F

こんにちは☆また一段と寒くなりましたね(>_<)

風邪をひかないよう、暖かくしてお過ごしください。

さて、すぎもと歯科では、POs-Ca F(ポスカ・エフ)という、ガムが新しく仲間入り致しました

POs-ca成分ってなに?と思われる方も多いのでご紹介します。

正式名は、リン酸化オリゴ糖カルシウム
むし歯の原因となる酸を作らない
世界7カ国で特許を取得している、だ液に溶けやすいカルシウム素材・・・です

POs-Ca F 3つのポイント!!

POs-Ca成分+緑茶エキス(フッ素含有)配合
だ液によく溶けるカルシウム・POs-Ca成分に緑茶エキス(フッ素含有)を新配合

濃い味、長持ち!だ液力アップ!
長い間噛むことができるので、だ液がたくさんでます。

選べる3つのフレーバー
爽快なミント味から、ミントを含まないフルーツ味までお好みでお選び頂きけます。

健康な歯を保つためには、お家でのお手入れや、定期健診にプラスして、ガムを上手に利用して、普段からだ液を出す習慣をつけましょう。

歯から溶け出したカルシウムは、だ液からしか歯に取り戻すことができません!!

詳しくは歯科衛生士までお尋ね下さい。

歯磨きでインフルエンザ予防!

寒くなってきましたね。
今年も、風邪やインフルエンザの季節がやってきました。しっかり予防して元気にこの冬を過ごしたいですね。

インフルエンザの予防の一つに「口腔ケア」があります。
口腔ケアというと虫歯や歯周病予防だけと思われがちですが、歯石、歯垢をきちんと除去し、舌も清潔することでインフルエンザの予防にもつながるのです。 

以前テレビにも取り上げられましたが、ある介護福祉施設で、歯科衛生士が高齢者に対し、ブラッシング指導や舌みがきを行い、歯やお口の汚れを取り除くといった口腔ケアを週に1回実施したとろ、普通に歯磨きだけをしていた方と比べてインフルエンザ発症率が、なんと10分の1に激減したという報告がありました。

なぜお口の中を清潔にしたら、インフルエンザ発症が抑えられたのでしょうか?
 歯垢、歯石、舌苔などから発生するプロテアーゼという酵素が、歯垢にウィルスをくっつきやすくし、そこで増殖して、インフルエンザを発症させているからなのだそうです。

口の中が汚れて細菌が繁殖すると、インフルエンザウイルスにとって格好の環境となるのです。

つまり、インフルエンザ予防は、「手洗い」、「うがい」、「マスク」、とともに「口腔ケア」も重要だということです

毎日の正しい歯磨きと、歯科医院での定期清掃を受けて感染症の予防に努めましょう!

免疫力アップでお口も健康に

こんにちは。江南市すぎもと歯科 歯科衛生士の川瀬です

最近は朝晩が寒いくらいになりましたが、体調は崩されてませんか?

検診にいらした方の中で口内炎が出来てしまった・・・という方がみえますが、口内炎やヘルペス・唾液分泌の低下・一生懸命歯磨きしていても歯ぐきが腫れている等の不調の原因のひとつは「免疫力」の低下の可能性があります。

お口の健康を保つためには、免疫力をアップさせることがとても大切です
そこで、いくつか方法をご紹介します!

   十分に睡眠をとる
 
適度な運動を心がける。
 
バランスのとれた食事をとる。
 ●よく笑う。
 ●ストレスを溜めない
 
アルコールは控えめに

あまり意識しすぎても、反対にストレスになってしまうこともあるかもしれませんね。
できることから始めていきましょう!!

★円グラフは、免疫力低下の原因割合です!★

歯石取りって歯が削れるの???

皆さんこんにちは
 院内にも金木犀の花の香りが漂い、秋を感じています(´▽`)

 今日は私たち歯科衛生士にとって最も大切な仕事といってもいい「歯石除去」についてです。
先日、初めてすぎもと歯科にお越しの患者様に、歯周病治療についてご説明したところ「歯石取りはあまりやると歯が削れるからやらないほうがいいと聞きました!」という思いがけない言葉がかえってきました。

最近はいろんなメデイアを通じて、歯周病治療・歯石除去の大切さが言われるようになり、多くの皆さんが熱心に歯石除去などの治療に取り組まれるようになってきました。
しかしまだ、そんな風に誤解したり、心配される方が見えるようです(+o+)

そこで、歯石除去について少し説明したいと思います。

最近よく使われている、超音波タイプの歯石取り機(超音波スケーラー)は、先端チップの超音波振動で石灰化している歯石だけを壊してバラバラにします。一般的には歯に直接当てていても歯が削れる程ではありません。

注意したいのは、歯石が少しづつ長期間かかって大量に、歯の周囲を取り囲むように付着した場合です。そのような場合は感覚的に、歯石を含めた全てが自分の歯だと思ってしまうのです。
そこで一度に歯石だけをキレイに取り除くと……、急に歯が小さく感じたり、歯と歯の間の歯石がなくなり、隙間が空いてしまうこともあるため「歯石を取ったら歯を削られた。」という誤解に繋がることがあります。
歯が削れるほどガリガリとすれば、当然痛みも生ずると思います。

すぎもと歯科では、研鑽を積んだ歯科衛生士が正しい手順で痛みも最小限に抑え、丁寧な歯石除去を行っていますので、どうぞ安心して歯周治療をお受け下さい

★歯石除去については、[歯周病専門サイトのブログ]でも詳しく書いていますので、是非ご覧になってください!

歯の一生☆60代、70代

みなさんこんにちは☆彡

江南市すぎもと歯科の奥田絵利香です

すぎもと歯科では、先月は80209018の表彰と、8020を目指して頑張っている7022の方へのイベントを行いました。

対象者の皆さんの素敵な笑顔が(^ω^)が印象的でした。

歯は食べ物をおいしく食べるためにも、健康のためにも、いくつになっても大切なものですよねo(^▽^)o

残っている歯の数にかかわらず、食べたいものが何でもおいしく食べられるようにお手入れや治療を怠らないようにし、今ある歯を大事にしていきましょう!! (*^^*)

また、食べ物をよく噛むということは味わいや内臓器官にとってもいいことです!
特に高齢者の方にとっても有効なことは、気分がしゃきっとして全身の筋肉にハリが出ることや、大脳を刺激してボケ防止の効果があることです(^_-)-☆

さて今まで何回かに分けて「歯の一生」について書いていきましたが、どの年代にとっても健康な毎日を過ごすために歯はかけがいのない大切なものです☆ミ

自分の歯は自分で守るという気持ちを持って、常に関心を払い、定期検診に通い、適切な手入れや処置を怠らないようしていくことが大事です

8020を目指して、いつまでも健康で明るく過ごしていただきたくため、今からでも遅くはありません、気をつけていきましょう

 

食欲の秋…

 皆さん、こんにちは

 江南市すぎもと歯科、歯科衛生士の川瀬です。

 今年の夏は猛暑が続きましたが、最近だんだんと涼しくなり、過ごしやすくなってきましたね。

 収穫の秋食欲の秋がやってきましたので、食べ過ぎには注意したいですね。そこで、今日は食べ過ぎを抑えるポイントについてです!

それはよく噛んで食べることです

 良く噛むことで

早食いを防止し、満腹感が得られやすくなるので、食べ過ぎが防げる!

食欲が抑えられる!

代謝が活発になり、消費エネルギーが増える!

など、ゆっくりと時間をかけて食事をとることでダイエットにもつながります。

 他にもよく噛むことで
脳を刺激し脳の発達を促進してくれたり、

成長期のお子さんの顎の成長を助けてくれたりと良いことがあります。

 一口に30回噛むことを心がけてみましょう!また、そのためにはよく噛める健康な歯を大切に維持していきましょう☆彡

 

8020 9018 そして今年は7022も!!

こんにちは♪スマイルアドバイザー・衛生士の奥田です
現在すぎもと歯科では『8022・9018・7022 歯の健康表彰』のイベントが開催中です。
ブログや歯周病のページにも掲載していますのでご覧下さい。
たくさんの方が表彰されています

みなさんのステキな笑顔にスタッフも癒されています★

8020運動9018運動とは、「80歳(90歳)になっても自分の歯を20本(18本)以上保とう」という運動です。
愛知県から全国に発信して平成元年から進められています!
 
おいしく食べて、健康で長生きするために欠くことのできない「歯」
しっかりと噛む事で唾液の分泌も促進され、胃や腸での食べ物の消化・吸収もよくなります。
だいたい、18~20本歯がそろっていれば、ほとんどの食べ物を噛み砕く事ができ、味を楽しみながら食べる事が出来ます。
 
8020とは健康で長生きするためには大切な目標といえます。
そして今年からすぎもと歯科主催の7022運動がはじまりました!!
70歳で22本以上歯がしっかりある方に表彰式を行っています!

メンテナンスを定期的に受け、自分の歯を大切にして頂いています。

すばらしい事ですね
これからもすぎもと歯科でそのお手伝いをさせて頂きたいと思います

バックナンバー

すぎもと歯科

Tel.0587-54-0348

〒483-8334 愛知県江南市前飛保町緑ヶ丘290

院長 : 杉本 英之

初めての方、急患は予約外でも受けていますが
歯科医師・スタッフの都合もありますので必ず
お電話の上ご来院ください

周辺地図

すぎもと歯科 外観

  時間帯
午前 9:00~12:00
午後 3:00~6:30

休診日 木曜・日曜・祝日 祝日のある週の木曜日は診療
土曜日の午後は2:00~4:30

はじめての方・矯正相談は必ずお電話の上ご来院ください。

トップへ戻る