歯科衛生士のブログ

ブログ 歯科衛生士のページ 知っておきたい歯の話

お口の中のカビ菌にも注意!

こんにちは、すぎもと歯科・歯科衛生士の杉本(ま)です。

梅雨空ですが、晴れた日には日が長くなりいつまでも遊んでいたい気分になりますねnote

先日、患者さまより嬉しいお話がありましたのでご紹介させて頂きます!患者様は、「何となく歯ぐきがしっくりこない・・・(´・ω・`)と悩んでいらっしゃいました。
痛い程ではなくなんとなく・・・・。と言うことでした。

この「何となく・・・」の気持ち。よく分かります。

すぎもと歯科で導入している位相差顕微鏡でお口の中の菌の様子を確認したとPhoto ころ、歯周病菌・カビ菌ともに多めと分かりましたかわいい のデコメ絵文字

患者様は授乳中であり、歯周病菌除去薬剤の内服には抵抗があるという事でしたので、カビ菌の除去歯みがき剤での歯磨きをおすすめしました。

その結果「使用1回目で驚くほど歯の表面がツルツルになり、口の中がさっぱりした。使い続けるごとに歯ぐきの違和感もなくなって、今までの何となくしっくりこない・・・と思っていた事がウソの様になくなった」と言っていただけたのですヽ(*´∀`)ノ

歯槽膿漏・歯肉炎・口臭などの原因となるカビ菌

N

いつも湿り気と適度な温度がある・・まさに梅雨時の今と同じような状態なのがお口の中ですので、どなたも多少のカビ菌はもっていますが、それが増えるとトラブルの元となりますpoutsweat01
ですから増やさないようにすることが大切なのですラメ のデコメ絵文字
この歯磨剤は多くの皆さまに継続してお使いいただいていますびっくり のデコメ絵文字
『口の中がスッキリする』『使わないと何か心配・・』など手放せなくなっている方も多く、使い続ける理由はそれぞれですが、歯ぐきがしっくりこない・・・とお悩みの方にもぜひお勧めしたいですキラキラ のデコメ絵文字
歯周病菌・カビ菌・顕微鏡検査などについて詳しくは歯周病のページをご覧下さい

歯と口の健康週間クイズ*解答と解説

こんにちは。江南市すぎもと歯科、歯科衛生士の小酒井です。
6月1日〜10日まで開催していた『歯と口の健康週間』が終了しました。
前回はお口の健康クイズ問題を皆さんにご紹介しましたが解いていただけましたか?
今日はクイズの解答と解説す。
今回の全問正解率は60.5%と、少し高めの結果になりましたが、皆さんは何問正解できましたか?img138 (560x800)
まだの方は是非前回の問題を先に見てから、答えを見てくださいねキラキラ のデコメ絵文字
半数以上の方が全問正解された中で、正答率の低かったのが
Q5ハブラシの交換時期は3ヶ月?』に関しての問題でした。
クイズに参加して頂いた患者さんの中には、ハブラシの交換時期を3ヶ月だと誤って理解されている方も多くみえました。

新しいハブラシの汚れ落とし効果を100%とすると、1ヶ月使用したハブラシは50%以下にまで落ちてしまいます
それだけではなく、古いハブラシほど雑菌が繁殖しやすくなります。
口の中をきれいにする道具ですから、できるだけきれいなものを使いたいですよね。
たとえ毛先が開いていなくても毎日使ったハブラシは1ヶ月に一度交換するのが理想的です。
「毎月〇日」などと、ハブラシの「交換日」を決めておくのもオススメです。
さて、正解多数の方の中から、W賞当選者を抽選します!
当選者の発表は20日です イベント情報のページで発表しますのでお楽しみに
 
DSC09937 (562x800)
DSC09955 (576x800)
DSC09938 (573x800)DSC09932 (644x800)

歯と口の健康週間★☆今年の問題です

みなさんこんにちは江南市すぎもと歯科・歯科衛生士の町野です

6月4日は「虫歯予防デー」です
そして 6月4日から10日までが『歯と口の健康週間』です

hatokutiすぎもと歯科では
1日~10日まで
『歯と口の健康週間イベント』を開催中です

毎年恒例となってきましたが、来院された皆さん全員に「歯と口に関する健康クイズ」に挑戦していただいています。皆さん一生懸命に取り組んでいらっしゃいますimg138 - コピー

もうすでに来院されてクイズに参加して頂いた方もみえると思いますが、ぜひみなさんも一緒に考えてみてください。
楽しく歯やお口について考えていただける、よい機会になると嬉しいo(^▽^)oです

お子さんには、お子さん用の問題がありますが、それはまた「小児歯科専門サイト」でご紹介します。

解答と解説は、イベント終了後にこのページにアップします
また、正解多数の方の中からW賞が当たります その当選者の発表は6月20日予定です

お楽しみにお待ちください‼

病院での歯科の役割☆.。.:*・

みなさんこんにちは。江南市すぎもと歯科・歯科衛生士の川瀬です。

2f176018先日新聞でこんな記事を読みました。
浜松市のある病院 では、医師と歯科医師や歯科衛生士 が連携して、入院患者さんの回復や療養に貢献しているというものです。

口腔ケアをして口腔内を清潔に保つことで感染症になることを防いだり、入れ歯や被せものが合わない場合は調節して食べる力を引き出したりすることで治癒力を後押し しています。

一般の病院のうち、歯科を設けているのはまだまだ少ないそうですが、誤嚥性肺炎の防止入院生活の質を高めるために7ab5db1b歯科の役割が見直されています。
健康な体であるには、食べ物の入り口となるお口を清潔な状態に保つこと、何でもよく噛める状態であることが深く関わっていることを改めて実感しました 

私たちもお口の健康へと繋がる情報を発信し、サポートさせて頂きたいと思います。

ホームホワイトニングで素敵な笑顔に!

 

皆さん、こんにちは 江南市すぎもと歯科・歯科衛生士の葛島です
今日は自宅で行う『ホームホワイトニング』についてのお話です(♡˙︶˙♡) はじめに、私が実際に担当させて頂いた患者さんのホワイトニングの症例を感想とともにいくつかご紹介致します

・Yさん 女性
しみたことはありましたが白くなってとてもうれしいですやってよかったです。
・Oさん 女性
最初はマウスピースに違和感がありよく眠れませんでしたが、慣れれば普通に眠れるようになり、無理なく続けることができました

・Fさん 女性
痛みもなかったので安心して続けられました」
以前に歯に薬をぬり、光をあてたりするのをエステでもやりましたが、高かったわりに思った効果は出ませんでした。
今回のホワイトニングは気軽に家ででき、寝ている間に白くなるのでラクチンでした。
大きい口で堂々と笑うことができ、笑うのに自信を持てました

 

     

ホワイトニングで皆さんが、とても結果に満足して下さり良かったです.
特にホームホワイトニングはお家でご自身のペースでできるので、無理なく行うことができます。
また、ゆっくり時間をかけて行う分、自然な白さになり、後戻りもしにくいです. ホワイトニングに興味がある方はぜひ、お気軽にお声掛けください!!

歯周病予防のために

皆さんこんにちは、江南市すぎもと歯科・歯科衛生士の葛島です。

先日4月4日は「歯周病予防デー」でしたimg134 (555x800)

日本では成人の約8割の方が歯周病に罹っているという現状をみても歯周病予防の大切さがわかります。

歯周病を予防する為には、毎日の歯磨きと専門家による定期的なクリーニングが重要となります。

そこで、熱心にすぎもと歯科の定期検診に通って頂いている患者さんにアンケートに答えて頂きました。
そのアンケートの中で

Q.なぜ定期的に歯の検診(歯のおそうじ)を受けようと思われたのですか
という質問をさせて頂きました。
皆さんの答えを少しご紹介させて頂きます

An.50代女性・・→歯周病予防のためイラスト

   40代女性・・→歯周病から他の病気になると聞いたため

   40代男性・・→虫歯、歯周病の予防になると思ったから

   50代男性・・→口臭やネバネバ感が気になるから

何年も定期検診に通って頂いている患者さんは、とても歯周病への意識レベルが高く予防のためにきちんと検診にお越し頂いております

お口の健康だけでなく、全身の健康のためにも 歯周病予防は必要です!

すぎもと歯科ではこれからも患者さんの歯周病予防のために精一杯お手伝いをさせて頂きますキラキラ のデコメ絵文字 
ぜひ定期検診にお越しください。

 

寝る子は体も心も育つ

みなさんこんにちは(^ ^)
江南市すぎもと歯科・歯科衛生士、食育インストラクターの町野です

今日は寝る子は体も心も育つ」お話です。kodomo_illust-02
十分な睡眠は、子供の成長にも大きく関わってきます。
新陳代謝を促し、骨や筋肉の成長を助け、学習能力を高める働きのある「成長ホルモン」は、睡眠中に分泌されます。
また、昼にたっぷりと日の光を浴びると、夜の時間帯に睡眠に必要な「メラトニン」の分泌が増え、自然と眠くなります。メラトニンは情緒を安定させ、性の成熟をコントロールしていますきらきら のデコメ絵文字
kodomo_illust-03
そして、朝の光を浴びることで「セロトニン」が脳内に分泌され、すっきり目覚められるようになります。
セロトニンは、イライラ感を消失させ、人に優しくなれまるホルモンとも言われています。

img60640676新学期も始まりました。
早寝早起きの、よい生活習慣をつけて毎日を元気に明るく過ごしましょう春 のデコメ絵文字

舌癖と開咬

こんにちは(*^_^*)
江南市すぎもと歯科・スマイルアドバイザー・衛生士の奥田です。

前回のブログで舌の定位置についてお話をしました。今回はさらにその続きですかわいい のデコメ絵文字

「舌癖」についてお話します。 舌の筋力が弱く、定位置に納まる事ができない姿勢の悪い舌はおさまりどころを失い、下顎の中にダラリと横たわります。
筋力不足で舌が下がってしまい姿勢が悪くなっている舌の状態を「舌癖」とよびます。

開口舌 5舌癖」がある人は、「開咬」という不正咬合になりやすいと言われています。
「開咬」とは奥歯をかみ合わせても前歯が閉じない状態で、口が閉まりにくく見た目もあまりよくはありません。さらに前歯がかみ合わない分奥歯にばかり噛む力がかかり、大人になってから奥歯を失う危険性が高くなります。

「舌癖」の原因と対処法とアドバイスかわいい のデコメ絵文字
離乳の時期を遅くしすぎてしまう 2歳をすぎても授乳を続けていると、舌を前方にだして乳首を巻き込み絞るようにして飲む乳児独特の舌の動きのために、舌を前に出すクセが残りやすくなってしまします。

授乳はなかなかやめるきっかけがないかもしれませんが、2歳を目安に卒業しましょう。

舌mages10W4HUEH指しゃぶりやおしゃぶりがやめられない 指しゃぶりのクセがあると、指が歯を押してしまい、上と下の前歯の間に隙間ができ、顎の骨も押して変形させてしまい、開咬の原因になります。

1歳半を過ぎたら、2歳を目安に指しゃぶりやおしゃぶりをやめるようにしていきましょう。 無理やりやめさせると精神的に不安定になってしまう事もあるので、「もうお兄ちゃん(お姉ちゃん)になったからやめようね」と根気よく話し続け、手遊びをしたり、外遊びを思いっきりさせるなど、夢中になれる事が出来ると辞めやすくなると思います。お父さん、お母さんが焦らずゆっくり構える事が大切です。

舌sXR35EDRJ鼻がいつもつまってる 口呼吸をしている 慢性鼻炎やアデノイドの肥大などの鼻の病気の影響で鼻の通りが悪いお子さんは口で呼吸せざるを得ません。
空気を通す通路を作るために舌が自然に下がってしまい開校の原因となってしまう事があります。 鼻の病気がなくても、風邪などが長引き、口で呼吸する事に慣れてしまい、それが習慣になると同様の事が起こります。

慢性鼻炎やアデノイドの肥大などの鼻の病気が原因の場合はまず耳鼻科にて治療を優先していただく事が大切です。 病気ではなく、口呼吸に慣れてしまっている場合は意識して鼻で呼吸する習慣をつけましょう。
口呼吸は唾液が乾いてしまうので、口臭の原因になったり、虫歯のリスクも高まります。また、風邪のウィルスなども体内に入りやすくなり、色々な面で良い事はありません。

自分のお子さんに当てはまる事はありましたか? 少し意識して確認してみましょう! 気になる事がでてきましたら、すぎもと歯科に検診にお越しの際、歯科衛生士にお尋ねくださいかわいい のデコメ絵文字

 

ポカンとあいた口元に注意!舌について②

こんにちは(*^_^*)
江南市すぎもと歯科・スマイルアドバイザー・衛生士の奥田ですきらきら のデコメ絵文字

前回のブログで「についてお話を始めました。今回はその続きです!舌の正しい位置9

舌の定位置についてもう少し詳しくお話していきます。 舌にはきちんとおさまるべき位置があります。
定位置にきちんとおさまる事ができるか、それとも定位置に持ち上げる事ができずに舌が下がってしまい、歯並びに悪影響を与えるか、その違いは舌の筋肉が十分発達しているかどうかにかかっています。

筋力が十分に発達し、舌が定位置にピタッとおさまる事の出来る舌は歯並びを乱す悪さはしません。なぜなら定位置におさまっていると舌はそれほど歯に触れず、前歯を余分な力で押すことがないからです。 しかも舌の力とくちびるの力は本来均衡しているので歯は安定して動きません。

☆舌の定位置チェック☆ リラックスした状態で行ってください

上顎の天井にピタリとついている?    Yes or No
舌の先はスポットに触れている?     Yes or No
飲み込む時、舌先はスポットに付いてる? Yes or No  

*スポットとは上顎にある膨らみの所の事をいいます Noの人は舌の筋力が弱いので要注意です!!舌のスポット

私たちは食べ物や飲み物、そして口の中に溜まったツバをたえず飲み込んでいます。その回数は1日に約2~3000回といわれています。
飲み込むごとに舌先がスポットか舌からはなれ、歯にあたっていると舌とくちびるの力の均衡は崩れ、歯は動いてしまいます。

舌の動きは成長期のお子さんの歯やあご、筋肉の発達に影響します。一度、お子さんの舌が十分な筋力をもっているか、きちんと動いているか確認してみて下さい。
わからない時はすぎもと歯科に検診にお越しの際、衛生士にお尋ねくださいキラキラ のデコメ絵文字

ポカンとあいた口元に注意!舌について①

 こんにちは(*^_^*)
江南市すぎもと歯科・スマイルアドバイザー・衛生士の奥田ですキラキラ のデコメ絵文字

少しずつ気温も上がってきて過ごしやすくなってきました。 ただ、花粉症の方にはつらい時期となってきましたね。
私も花粉症には昔から悩まされてきましたメディカルだよ。花粉症だよ。スギ花粉 のデコメ絵文字・・・。 今は妊娠中のため、薬はなるべく避けていきたいので、少しでも外気に触れるときはマスクをかかさないよう注意しています(>_<)舌Z

さて、今回はふだん意識した事がないと思います、舌の動きや働きについてお話したいと思いますキラキラ のデコメ絵文字

舌の仕事  食事の時、食べ物を唾液と混ぜて効率よく歯の上に運んだり、唾液や食べ物などを喉の方へと送って飲み込んだり、お話する時は舌の形で音を変化させたりします。

舌は筋肉のかたまり 私たちの身体中で、舌ほど器用に動く器官はほかにありません。口の中でももっとも大きくどっしりとボリュームのある舌ですが、その中には縦、横、斜めに筋肉の線維がぎっしりと走っています。この筋肉のおかげで、舌には繊細な動きができ、さまざまな仕事をしてくれています。

ふだんの舌の位置 舌はかなりのボリュームがあるにも関わらず、ふだんはグッと持ち上がって、上顎の天井に張り付いた位置におさまっています。 舌を引き上げておく事で歯の邪魔をしないようにしています。

舌が歯並びに悪さをする  舌の筋力が弱く、定位置に収納できずにダラっと下がると、舌はとたんに余分な悪さをはじめます。 常に前歯にもたれて休むような格好になり、飲み込む時にも前歯で押してしまいます。こうなると前歯の歯並びが乱れ、時にはあごの骨まで変形してしまいます。

舌突出癖_09みなさん、舌はふだんどこの位置にあるのが正しいと、意識してみた事はありますか?
私は衛生士学校で勉強するまで、全く意識した事はありませんでした。 大きくてボリュームのある舌はその影響力も大きいものです。

次回も「舌の動き」や「舌の力」についてお話していきたいと思います。

 

口腔機能を育てる

江南市すぎもと歯科、歯科衛生士の川瀬です星っ☆ のデコメ絵文字

先月開催されたデンタルショーで、小児歯科医として著名な岡崎好秀先生の講演を聞かせて頂きました。岡崎先生7KB4LME

以前、すぎもと歯科のクリスマスフェスタで子どもたちに向けて歯の大切さをお話しする際に、岡崎先生の著書「動物たちのよい歯甲子園」を参考にさせて頂いたので、どんな方なのかな?と楽しみにしていました。

数々の冗談やクイズを交えながらの楽しく引き込まれる講演でした。
「口腔機能から食育そして小児歯科診療まで」という講演の中から一部をご紹介します。

まずは現代の食生活の違いです。岡崎mages65R8SLDL
現代のある日の給食のメニューが、やわらかくほとんど噛まなくても飲み込めてしまうようなものばかりでした。栄養バランスは考えられているのだと思いますが、噛む必要がなければお口の機能がしっかりと活かせません。

もうひとつの例として、サザエさんの食事しているシーンでも現代との違いがあります。
私もまったく気付かなかったのですが、食卓の上に湯呑が置かれていないのです。飲み物があると流し込んでしまうことになるので、ごはんをすべて食べ終わってからお茶などを飲むという 良い習慣があったようです。

岡崎magesPXOU3YCUとても印象に残ったお話が、赤ちゃんにスプーンで食べさせてあげる時のよくない方法についてです。
離乳食を与える時に、お口の中までスプーンを入れてしまうのはよくないそうです。スプーンをお口のそばにもっていき、赤ちゃん自身がお口を近づけて上唇を使って食べ物を摂取することでお口の機能が鍛えられます。

 歯が生え何でも食べられるようになったら、お肉や野菜などは小さく切り分けるのではなく、ある程度の大きさで用意します。
小さいころから前歯で噛み切って、奥歯でしっかり噛み・すりつぶす習慣をつけていくことが大切です。

 ★先月のブログでもデンタルショーでの講演噛むことの大切さ」についてご紹介していますので、そちらも合わせてご覧ください赤色チェック のデコメ絵文字

 

朝食をきちんと摂る習慣を!

みなさんこんにちは。
江南市すぎもと歯科・食育インストラクター 歯科衛生士の町野です。
食べよう食育 生活リズムを見直し朝ごはんを朝食をしっかりととるには、早寝早起きが大切です。
早起きの習慣を身につけるには、夜更かしをせずに早く寝ることが大切ですおやすみ のデコメ絵文字おやすみ のデコメ絵文字
夜更かしをすると、当然、朝起きるのが難しくなり、時間がないとの理由が朝食を欠かす原因になります。
また、夕食後にテレビやゲームで脳を活発に働かせることは、寝つきを悪くさせます。
夕食後はなるべくゆっくりと過ごすことが、良い睡眠への第一歩です。
小学生の頃までに、早寝早起きの生活リズムをきちんとつけておくようにしましょうびっくり のデコメ絵文字
3度の食事をよく噛んできちんと摂り、元気に毎日を過ごしましょう

子育て歯科☆きれいな歯を育てよう!

こんにちは、江南市すぎもと歯科・歯科衛生士の川瀬です

CIMG2316 - コピー (640x500)日曜日に、名古屋で開催された「デンタルショー」に行ってきました!デンタルショーでは、歯科に関する展示を見たり実際に触ったり、講演を聞いたりと盛りだくさんの充実した時間を過ごしましたかわいい のデコメ絵文字
その中でも、倉治ななえ先生による
「子育て歯科 歯並びのよい子に育てるために」という講演がとても印象的でした!お子さんがみえる方、今後子育てをしていく方に是非知って頂きたい内容です。一部分ですがご紹介させて頂きます。

子育て歯科とは、子どもが、歯と口のもっている力を最大限に引き出す育て方、生活習慣など子育てを重視した考えに基づくそうです。

現代のお子さんは、骨格は小さくなってきているが、永久歯の大きさは大きくなってきているそうです。そこで、4歳までに乳歯の歯と歯の間に隙間があいていると、生えかわってからもガタガタすることなく、きれいな歯並びになる可能性が高まります。
そのためには
顎の骨を育てることが大切です。よくかんで顎の骨を大きく育てるために、外で元気いっぱいに遊んでお腹を空かせましょうスポーツ、部活 のデコメ絵文字imagesCA45QKR4

食べる時の姿勢も重要です。椅子に座った時足がついている場合は、足がついていない場合の約15%かむ力がアップするそうです!img06-20130516 - コピー
一口一口しっかり噛むためには、正座をするか、椅子なら足元に踏み台を置くなどして足をしっかりとつけて食べましょうチェック のデコメ絵文字

乳歯のむし歯を作らないことも大切です。むし歯菌は唾液により感染するので、食べ物を噛み砕いてから口移しであげることは絶対に避けましょう。家族感染を防ぐためには両親や周りの人がむし歯を治し、フッ素入りの歯磨き剤を使って朝晩必ず歯磨きしましょう。

すべてはご紹介できませんが、その他にも興味深いお話をたくさん聞かせて頂きました。少しずつ皆さんに検診などの際にもお伝えしていきたいと思いますかわいい のデコメ絵文字

お子さんの歯を守るために定期検診には必ずお連れくださいね、そして気になることがあれば、お気軽にお尋ね下さいメディカルだよ。病院だよ。歯科 のデコメ絵文字

 

口腔内写真をより美しく!

皆さんこんにちは、
江南市すぎもと歯科・歯科衛生士の葛島ですサンリオ のデコメ絵文字

先日のミーティングで新しく導入した口腔内写真撮影用のカメラデモンストレーションを業者さんから受けました記号だよ。びっくり のデコメ絵文字


口腔内写真
とは、どういった時に撮影するものでしょうDSC09131 (800x594)
・治療前の診断、治療中
・後の記録、比較
・矯正治療の診断・治療経過の記録
・ホワイトニング前後の比較 等

口腔内写真は治療や検診後、客観的に口腔内を比較
し、患者さん自身のモチベーションを高めるだけで
なくスタッフ全員で一人一人の患者さんに関する情報を共有できるため、非常に重要な資料と なります

しかし、撮影の際には、患者さんにお口を開いて 頂くだけでなく、器具を
入れたり、大きな鏡を 入れて行うこともあるため、患者さんにもご協力し頂かなければなりません

0000007833_牧戸 彩華術前新しいカメラでは、
これまで以上に正確に! 綺麗に!素早く!
 撮影が行える 高性能のものです ダイヤキラキラ*゜ のデコメ絵文字

スタッフみんなで使いこなせるよう練習し、
患者さんへの負担が少ない撮影を 心掛けていきたいと思います
 
 

3食きちんと食べよう!

みなさんこんにちは☆江南市すぎもと歯科 食育インストラクター・歯科衛生士の町野ですキラキラ のデコメ絵文字

食育-300x282どうして私たちは毎日食事を3回食べるのか知っていますか?
私たち人は、朝、昼、晩と、数時間おきに3回食事をしています。 食べ物の中に含まれる糖分は、食後4時間ほどで ほぼ吸収され尽くします食べ物 のデコメ絵文字食育_p

人間の活動をコントロールしているは、他の臓器とは異なり、ブドウ糖(グルコース)のみを利用しています。
そのため、食後4時間を過ぎると、は糖分を一時的に蓄えている肝臓からグリコーゲンを取り出し、血糖(血液から供給されるグルコース)として脳に供給されます。

食育gesところが、肝臓が貯蔵できるグリコーゲンは約半日分しかないため、朝食をとらないと、就寝時から昼食をとるまでブドウ糖を補給できないため、血糖値が低下して脳の働きが悪くなってしまうのです。

ですから、朝食をしっかりよく噛んで食べることは大切なのです。

毎日3食きちんと食べてしっかりと脳を働かせましょうシルエット のデコメ絵文字

バックナンバー

すぎもと歯科

Tel.0587-54-0348

〒483-8334 愛知県江南市前飛保町緑ヶ丘290

院長 : 杉本 英之

初めての方、急患は予約外でも受けていますが
歯科医師・スタッフの都合もありますので必ず
お電話の上ご来院ください

周辺地図

すぎもと歯科 外観

  時間帯
午前 9:00~12:00
午後 3:00~6:30

休診日 木曜・日曜・祝日 祝日のある週の木曜日は診療
土曜日の午後は2:00~4:30

はじめての方・矯正相談は必ずお電話の上ご来院ください。

トップへ戻る