歯科衛生士のブログ

ブログ 歯科衛生士のページ 知っておきたい歯の話

朝ごはん、ちゃんと食べてますか?

みなさんこんにちは。
江南市すぎもと歯科・歯科衛生士の町野です
星 のデコメ絵文字
今日は、食生活の乱れについてのお話です。
みなさんは、朝ご飯を欠かすことなく、しっかりと食べていますか?
img_0_m
今、食生活の乱れで問題となっているのが朝食の欠食率の高さですびっくり のデコメ絵文字

つまり、朝食を「何も食べない」 「菓子や果物だけ」 「サプリメントなどの錠剤だけ」という人が、20代の男性では3人に1人、20代女性では約4人に1人という、高い割合になっています。
img_2_m朝食を食べないでいると活動するためのエネルギー供給が不十分で体調不良をおこしたり、脳へのエネルギーが不足し集中力がなくなるなどの問題が出てきます泣く、気持ち のデコメ絵文字

また、朝食をとらないでいると基礎代謝が低下して、食事からとったエネルギーをため込みやすい体になったり、過食につながることから、肥満になりやすい食生活を過ごしてしまっていることになります。
また、無気力イライラしやすいキレやすい子供たちが増えたという問題も、朝食の欠食と無関係ではないのです。
ライフスタイルの多様化などの影響で、私たちの食生活は大きく変化してきています。毎日の生活の中で、利便性を優先して、間違った食生活を続けていては健康も損なわれます顔文字 泣く のデコメ絵文字
 
img_1_mまずは朝のスタート、朝食から見直してみてください。
朝からよく噛んで食べることで脳への刺激ともなります。
朝ごはんを、よく噛んで食べて気持ちの良い朝の始まりを迎えてくださいシルエット のデコメ絵文字

「こ食」になってませんか?

こんにちは、江南市すぎもと歯科・歯科衛生士の町野ですハート のデコメ絵文字
今日は、今の食生活で問題になっている「こ食」について、お伝えします。
 ひとりで食べる「孤食」      
 粉を使った主食を好んで食べる「粉食」
 食べる量が少ない「小食」
 調理済み食品など味の濃いものばかり食べる
 「濃食
」  
などの「こ食」があります。
img_0-1
とくに子どもの場合、ひとりきりの食事「孤食」では好き嫌いが増えたり食事量も不足しがちです。
食卓に会話がないので、社会性や食事のマナーが身につきません。
img_1また、家族が揃った食事でも、お父さんは焼き鳥とビール、お母さんはパスタ、子どもたちがピザと、まるでファミリーレストランのように各々好きなものを食べる「個食」現象も見られます。
 
このようにいつも好きなものだけ食べていると、身勝手でわがままな子どもに育ってしまうと言われます。
さらにこのような食習慣が定着してしまうと、協調性のない人間になり、人から注意されたりすると、すぐにムカついたりキレたりするようになるとのことです。
食事は13食とれば、1年で1095回になります目 のデコメ絵文字
30年程前までは、700800回は家族一緒に食べていたのですが、今ではその半分以下の300回程度にまで落ち込んでいる家庭も出たそうです。
img_3両親は仕事で忙しく、子どもたちも塾や習い事で、家族がバラバラの食事になってしまいました。
いまこそ食の大切さを再認識してくださいびっくり のデコメ絵文字
 
家族の食卓は、子どもの健やかな体の成長を育むだけてなく、人格形成のためのかかけがえのない「しつけの場」でもあるのです食べ物だよ。ご飯 のデコメ絵文字食べ物だよ。味噌汁 のデコメ絵文字
 これからもすぎもと歯科のブログから食育について発信していきます

10月8日は「入れ歯の日」です。

皆さんこんにちは。
江南市すぎもと歯科・歯科衛生士の小酒井です招きぬこ ハート のデコメ絵文字
 
10日は 「いればの日」ですが皆さんご存知でしたか?
すぎもと歯科では、6・7・8日の3日間、入れ歯をお使いの方に義歯洗浄剤をプレゼントしています
ご自分の歯と同じように「入れ歯」も毎日の手入れが大切です
入れ歯はご自分の歯のように自浄作用がないため、カンジタというカビ菌が繁殖しやすくなっているからです。
汚れがこびりつかないようにこまめに洗うよう習慣づけましょう
 
 
[入れ歯の手入れの方法]
食べたら外して洗う習慣をつけましょう
 

img_0

 入れ歯は、流水でブラシを使って洗います。 この際食べかすや表面のヌルヌルを洗い流すような感じで行ってくだ さい。

 バネ(クラスプ)部分は、入れ歯専用のブラシで洗います。
 歯磨き剤も研磨剤がはいっているため、入れ歯を傷つけてしまう場合がありますので、入れ歯専用の歯磨き剤(研磨剤が入っていないもの)を使用しましょう
 部分入れ歯のバネがかかる歯は、むし歯になりやすいので、入れ歯をはずしてしっかり歯を磨いて下さい
 一日一度は、殺菌効果のある入れ歯洗浄剤につけましょう

洗浄剤に浸した後は流水下でよく洗い流してください⊿貰って*汗マーク のデコメ絵文字
洗浄剤の種類によっては、すすぎ不足が原因で粘膜に炎症を起こすことがあります。
 
健康なご自分の歯でかむこと!それがもちろん理想ですが、失った場合もきちんと正しく入れ歯を使ってしっかり咬むことで変わらぬ健康効果があります。
 
自分の歯は宝です
ご自分の歯がしっかり残っている方はもちろんですが、入れ歯の方も今以上「入れ歯」を大きくさせないために、毎日のケアと定期検診を受け、いつまでも良い状態を保っていきましょう

噛まなきゃソン!ソン!

皆さんこんにちは、
江南市すぎもと歯科・歯科衛生士の川瀬です
 
”すぎもと歯科の日記”でもお伝えしましたが、すぎもと歯科・歯科衛生士全員で参加してきました「DH SUMMER MEETING 2014 in NAGOYA」
その中でのミニセミナーにてお聞きした『かむこと』についてのお話をご紹介します
近年やわらかい食べ物が好まれるようになり、どんどんとかむ回数が少なくなってきているそうです。

弥生時代には一食で約4000回かんでいたのが、今はなんと約600回だそうです!

ではよくかむことによって、どんな良いことがあるのでしょう?

肥満防止
味覚の発達脳の発達歯の病気予防などです。
 

その中から、歯の病気予防について少しお話します。

虫歯菌が作る酸や、酸性度の高い食品や飲み物で歯は溶けてしまいます(脱灰)。歯は酸によって溶けだしたカルシウムを、唾液の中から取り戻しています(再石灰化)前々回のこのページでもご説明していますね。
唾液は、かめばかむ程出やすくなるのでよくかんで食事することが大切なのです。
ただ、食事だけでかむ回数を増やすことが難しい場合は、シュガーレスガムをかむことがおすすめです!
食後に10分~20分を目安にガムを食べると、かむ回数が約550回も増えるそうです。
また、最近は顎が小さくて矯正が必要になるお子さんも多いので、顎を鍛えるのにもおすすめです
大人もいつまでも若い脳でいる為に、噛むことほど大切なことはありません。

そして言うまでもなく、しっかりと噛むことのできる健康な歯・健康な顎でいることが不可欠ということですね

噛むことで得られる健康効果!どうせ噛むなら良い姿勢で正しく!噛まなきゃソン!ソン!

酸で歯が溶ける!「たまごの実験」

皆さんこんにちは 江南市すぎもと歯科・歯科衛生士の杉本です
お盆休みも終わり、夏休みも残り10日となりました

各地で大雨による被害が伝えられていますが、皆様のところはいかがでしょうか?
まだまだ、暑さも続きます、夏バテに気をつけて元気に2学期を迎えたいですね

さて、前回のブログでもお伝えしましたが、今年も夏まつりがひらかれその中で『歯科衛生士からのおはなし』として、むしばの仕組みなどをお話しました。
クイズなども交えて子供たちへも、できるだけ分かりやすく!を心がけてのお話でした。

そしてさらに、今回はタマゴの実験を行い、歯が溶けることを理解していただけるよう試みてみました

1週間前から、酢の中につけておいたタマゴです
酸によってすっかり殻が溶け、表面はボロボロと落ちてきます

酸(酢)は
食べかすや甘いおやつ・ジュース
タマゴの殻は歯と同じ成分 ですよ
     
酢に入れた瞬間からタマゴの殻からは泡がいっぱい出てきました。脱灰が始まってるんですね。⇒

そして1週間後、つるつるだったタマゴの表面はボロボロと白い粉やカケラが落ちてきています。

タマゴとお酢があればすぐできます、皆さんも是非試してみてはいかがですか

虫歯予防のための食事とおやつのとり方

こんにちは、江南市すぎもと歯科・歯科衛生士の奥田です
8月3日はすぎもと歯科の夏祭り
のイベントがあり、たくさんの皆さんが参加してくださいました

今日はその中で
「衛生士のお話として、参加された皆さんにお話した
虫歯になりにくい上手なご飯やおやつの食べ方」についてお伝えしたいと思います。
まずこの グラフを見て下さい。
これはお口の中の状態を表したグラフでステファンカーブといいます。
みなさんのお口の中は普段は中性という状態です。
それが、ご飯を食べたりおやつを食べたりジュースを飲んだりすると酸性という状態になります。
酸性という状態になると目では見えないですが歯の表面が溶けだしてしまいます。それを「脱灰」といいます。

酸性の状態は虫歯になりやすい状態なのです!
しばらくすると中性に戻りますが、戻る時間はみんなそれぞれ違いますが大体30分くらいかかります。
ですから、ご飯やおやつやジュースをダラダラ食べたり飲んだりしていると中性に戻れずに、ずっと酸性の状態が続くので虫歯になりやすくなるのです。

虫歯にならないためには、だらだら食いをせずに決まった時間にご飯やおやつを食べることで、虫歯になる脱灰の時間を減らすことが大事です

どうしてもお腹がすいて何か食べたい時にはキシリトール100%のものをとるようにしてみましょう
キシリトールはちょこちょこ食いをしても虫歯の原因にならないのでオススメです。
また、酸っぱいものも歯が溶けるので、摂り方には注意が必要ですよ

 

 

虫歯予防の決め手は「フッ素」!

こんにちは
江南市すぎもと歯科・歯科衛生士の奥田()です

いきなりですが、日本人の歯磨き回数のデータです

1日1回磨く人→95.4%
1日2回磨く人→48.4%
1日3回磨く人→25.2%
この数値は先進国の中でも高く、日本人はかなり良い歯磨き習慣が出来ていると言えるそうです。
にも関わらず、砂糖の消費量が倍ほどもある国よりも虫歯になる確率が高いという事実があります。

その秘密はというと虫歯予防先進国では、水道水へのフッ素配合やフッ素入り塩、日本の4~5倍の量のフッ素が配合された歯みがき剤など、毎日の生活の中で自然にフッ素をとる仕組みが出来ているからなんです。


日本でも、最近はフッ素洗口を取り入れた保育園なども多くなってきています、とても良いことですね
世界的に最も効果的とされている、水道水などへのフッ素添加が認められていない日本において、今最も効果が期待できるのが「フッ素洗口」だからだそうです。
そして誰でも簡単にできて効果的な虫歯予防法が「フッ素入り歯磨き剤」をきちんと使うことです!

フッ素
は、5大栄養素の1つのミネラルに含まれている安全なものです!
以前フッ素が癌の原因になるという話がありましたが今はその話が完全に間違いだったと発表されています
フッ素入り歯磨き粉の選び方★
①フッ素として“フッ化ナトリウム”が入っている
②キシリトール10%以上。できれば25%以上。
③フッ素の含有量の多いもの(500ppm以下はフッ素の効果は期待できません)
④発泡剤・研磨剤なしのもの
フッ素入り歯磨き粉のブラッシングでの効果的な使い方★
①歯ブラシに2センチ付ける
②2分以上の歯磨き
③2時間以上は食べたり飲んだりをしない
④1日2回は使用すると効果的
フッ素ジェルを水磨き後に塗る場合は4分以上行うと効果的です。
皆さんも上手にフッ素を虫歯予防に取り入れてくださいね。

★今回はオーラルヘルス研究会の講演会での内容をまとめてお伝えしました。      

酸蝕歯

みなさん、こんにちは。
すぎもと歯科スマイルアドバイザー・衛生士の奥田です
 
今回は 歯とお口の健康週間のイベントで行ったクイズの中の「酸蝕歯」について詳しくお話します
「酸蝕歯」とは、酸がエナメル質を弱体化させ、歯を薄く弱くし、白さを失ってしまった歯のことです。
見た目にはわかりにくく、自覚症状がありません。「酸蝕歯」は酸で歯が蝕まれる状態の事ですが「虫歯」とは違います。
 
「虫歯」は口の中の虫歯の細菌が原因で起こりますが、「酸蝕歯」の主な原因は、食べ物や飲み物に含まれる『酸』です。 
ワイン・柑橘類・お酢・ビタミンC剤などがあります。

酸蝕し酸が歯に触れると、歯の表面を覆っているエナメル質が柔らかくなって溶けだし、やがて歯がすりへったり、薄くなったり、でこぼこになったりします。
酸蝕歯」が進んでくるとエナメル質の下にある象牙質という組織が露出してきます。
そこに刺激が伝わることによって痛みとなり知覚過敏の症状がでてきます。

「酸蝕歯」は大人子ども問わず、誰もがなる可能性があります。
初期には前歯の先端が薄くなったり、色が黄色っぽくなったりします。状態が進むと、歯が短くなったり、根元がへこんだり、形がギザギザになったりします。
さらに進行していくと歯周病を引き起こす事もあります。
 歯磨きを怠った結果おこるものではなく、充分にケアしている人にもおこります。

ですから誰もが酸蝕歯になる可能性があるのです
老若男女問わず、成人の6人に1人が「酸蝕歯」であると報告されています。

みなさんは大丈夫ですか

●ワイン、果実酢の愛飲者
●ついついレモンをかじる方
●菜食主義者(ベジタリアン)
●ビタミンC剤などを摂取する方
●唾液が少ない方
 複数当てはまる方は要注意です
 
ワインや柑橘類も食べ方に気をつければ、「酸蝕歯」は防ぐことができます!
ダラダラと食べ続けるのは、酸が歯に触れる時間が長くなるのでよくありません。
食べたあとには水を飲むなどして酸を流すのも予防の一環です。
食事の時間や内容を見直し、正しいブラッシングを行いましょう。
 
そして定期的に歯医者さんで検診を受ける事です。
分からないことがあればお気軽にお聞きください!
すぎもと歯科でお待ちしています 

 

「歯と口の健康週間」正解と解説

江南市すぎもと歯科・歯科衛生士の川瀬です。
6月4日~10日は「歯と口の健康週間」でした!すぎもと歯科では毎年恒例のお口の健康に関連したクイズを皆さんにお出ししました。

今日は
クイズの解答と解説を発表します
 
Q1】家族で同じコップを使ってお茶を飲んでも問題ない!
虫歯や歯周病は感染症です。生まれた時には人のお口の中には菌は存在しません。回し飲みや回し食い、箸の使い回し、キス、くしゃみなどが感染ルートとして、菌が移されているのです。悪い菌がお口の中に侵入することを防ぐ為にも、それぞれ専用のコップを使いましょう!!そして、菌の住みにくいお口を維持するために丁寧な歯磨きと定期検診は大切です。
【Q2】お酢はカラダに良い、そして歯にも良い! 
お酢は酸性の飲み物です。1日4回以上酸性の飲み物や食べ物を摂ることで、歯の表面部の一番硬いエナメル質を軟らかくさせてしまう『酸蝕歯』になりやすくなります。柑橘類・ワイン・コーラなども、気をつけて摂る必要があります。
【Q3】歯石は歯ブラシで取れる! 
丁寧に歯ブラシをすれば、『歯垢』は歯ブラシで取れますが、『歯石』になってしまうと歯に硬くこびりついてしまうので、歯ブラシでは取れません。また、付いてしまった歯石を放置すると、歯周病の原因になってしまいます。歯科医院で専用の機械を使って定期的にお掃除をする必要があります。
【Q4】キシリトール100%配合のガムは寝る前に食べても問題ない
キシリトールは砂糖と違い、虫歯の原因になる酸を作りません。そのため、食後や歯磨き後、寝る前などに摂取すると虫歯予防に効果的です。虫歯のバイ菌を減らすためには、キシリトール含有量が 50%以下の物はあまり効果が期待できないので注意が必要です。歯科医院専用の100%キシリトールのものが安心です。
【Q5】姿勢が悪いと歯並びも悪くなる!
悪い姿勢では、しっかり噛む事が出来ません。頬杖や足組も顎の成長に悪影響を及ぼします。正しい姿勢でしっかり噛んでご飯を食べましょう。歯並びで気になる事は、お気軽にご相談下さい。
 
皆さんは何問正解できましたか
今回の全問正解率は23と例年よりも低めの結果となりました。
2問目と4問目が半数程しか正解がなく、特に難しかったようです。お酢は体によく、習慣的にとられている方もみえるかと思いますが、歯にとっては悪影響を及ぼす場合があります。酸の影響で、歯が軟らかくなる酸蝕歯になってしまう可能性があるので、酸っぱいものを食べた後の歯磨きは注意が必要です。すぐに磨くのではなく、時間をおいてから、または磨く前にお口をゆすぐなどの工夫をしましょう。

歯と口の健康週間クイズやってます!

皆さんこんにちは
江南市すぎもと歯科・歯科衛生士の杉本です
さて、6月4日から10日までは「歯と口の健康週間」です

毎年恒例となってますが、今年もお口の健康クイズ
を皆さんにお出ししています。

で答えていただくものですが、なかなか難しいとの声が・・・
 
6月20日にこのページで解答解説を行います。
合わせてW賞の当選者も発表いたします。
 楽しみにお待ちください

衛生士のブログが変わりました★

みなさんこんにちは
江南市すぎもと歯科・歯科衛生士の杉本です
6月から歯科衛生士のブログが少し変わります、けれどこれまでの記事も変わりなくご覧いただけますので、引き続きよろしくお願いたします
 
さて新年度、すぎもと歯科では新人の歯科衛生士さんたちを迎え、鬼の特訓な~んてことはもちろんなく、厳しい中にも楽しく順調に研修がすすんでいます
教わる方はもちろんでしょうが、教える側もその責任の重大さを認識して、これまで
やってきたことを再確認をしたり、良き手本となるよう意識したりと、よい緊張感につつまれていることを感じます。
 
明るく前向きな新人さんたちに、皆な良い刺激をもらったり、自分自身の初心を振り返る機会になったりと、それぞれ気持ちを新たにするきっかけになっているようです

ジメジメとした梅雨の時期が始まりますが、体調管理には気をつけて元気に過ごしましょうね

 

セミナーに行ってきました★

こんにちは(*^^*)すぎもと歯科スマイル・アドバイザー衛生士の奥田です。
昨日の日曜日に歯周病予防のセミナーに行ってきました
タイトルは「歯周病予防のためのジンジバル・プラークコントロールセミナー」です。

ジンジバル・プラークとは歯肉縁上縁下1~2个防嫦紊靴織廛蕁璽(歯垢)の事です。
健康な歯肉を保つ事を目的としたセルフケアをジンジバル・プラークコントロールいいます。そのためにはデンタルフロスを使用して毎日の歯磨きを行っていくことが不可欠です。
 
日本の歯周病罹患率は80%というのは以前のブログや歯周病のページでご紹介していますが、歯周病罹患率80%の中の半数は歯肉炎という状態です。これは適切な歯磨きを行えば十分改善できる歯ぐきの炎症なのです。
 
歯肉炎の状態でジンジバル・プラークコントロールを行えば、一生自分の歯で食事をする事も夢ではありません!
ジンジバル・プラークコントロールを適切に行うには、歯ぐきの溝の中や、歯と歯の間の歯ブラシでは取り除けない汚れを、いかにきれに取り除くかにかかってきます。
歯ぐきの溝の中や、歯と歯の間には毎日汚れがたまります。その汚れを取るためにはデンタルフロスが必要です。
ただ、日本のデンタルフロス使用率は5%とかなり低い数値で、まだまだ普及していないのが現状のようです。
 
さらに「日本人の80%が歯周病です」という言葉は誰しも耳にした事があるようですが、70%の方が私は歯周病ではない!と思っているそうです
 
歯周病は自覚しにくい病気です。気づいた時には進行してしまっている・・・という事も多くあります。自分は大丈夫!と思うのではなく、歯医者さんで検査を受けてみてください。そして歯磨きで改善できるうちに正しい歯磨きをみにつけて下さい。
すぎもと歯科でお待ちしています(*^-^*)

花粉症と歯の痛み

江南市すぎもと歯科・歯科衛生士の吉村です
今回は花粉症で歯も痛くなるかもしれないという話です。

花粉症による鼻炎や風邪では、急性鼻炎を起こす場合があります。
典型的な症状として、鼻水の増加や鼻粘膜の腫れて膨らむことによる鼻閉感(鼻づまり)、鼻水が喉に垂れこむために痰(たん)が絡んで咳が出る、などです。

鼻炎になると鼻の穴の中だけではなく、鼻とつながっている各所にも炎症を生じます。
目の下で鼻の横、ちょうど頬(ほほ)の辺り、上あごの骨の中に「上顎洞」という空洞があります。
この空洞は鼻腔とつながっていて、この上顎洞に炎症が生じ、たくさんの鼻汁が溜まった状態や、腫れた鼻粘膜が空洞内に充満した状態を「上顎洞炎」と言います。いわゆる「蓄膿症」のことです。

風邪が流行る冬場や、春先の花粉症の季節には、鼻炎から歯が痛くなる方が多くなります。
鼻炎による歯痛なのか、虫歯による普通の歯痛なのかはレントゲン写真を撮ればわかります。

花粉症や風邪をひいた後で上の奥歯が痛い場合は、上顎洞炎の疑いも考えられます。
逆に放置した虫歯が原因で鼻炎を起こすこともあります。
虫歯を放置し、根の先端部分から上顎洞に細菌が入り込む、あるいは歯周病が進行し歯の周囲から細菌が入り込むなどして、歯の根の周囲が化膿している状態から鼻炎を起こすことがあります。
これを「歯性上顎洞炎」と言い、通常の鼻炎や上顎洞炎と区別しています。
歯に原因がある以上、その歯を抜歯するか、根の治療を行うなど、耳鼻科的な治療だけでなく、原因歯の治療をしないと治らないためです。

上の奥歯で放置した虫歯がある人は、そうなる前に早めに対処しましょう。

デンタルフロスを使おう!

みなさんこんにちは
江南市すぎもと歯科の奥田(絵)です(*^^*)
昨日4月4日は歯周病予防デーでしたね!
 
すぎもと歯科ではフロスを使用されているメンテナンスの方に、アンケートにご協力頂きました。

フロス使用をオススメするのはこんな方!
重なってはえている方
歯と歯のすき間が狭く歯間ブラシが通らない方
歯茎の中もセルフケアしたい方
フロスは歯と歯ぐきの間のポケットにも入るので深いところまでセルフケアできるのがとてもいいところです。自分にあったものを使って頂けるといいですね
隙間の大きい方は、「歯間ブラシ」も大事です
 
自分にあったものを知りたい方、使い方が分からない方などお気軽にお声をかけてくださいね
アンケートにご協力いただいた皆さんには、かわいいフロスをプレゼントいたしました。

アンケート結果については、また「歯周病のページ」でお伝えしていきます。
フロスの使い方についても詳しく載せてます!参考にしてくださいね。

 

4月4日は歯周病予防デー!

みなさんこんにちは江南市すぎもと歯科 歯科衛生士の吉村です
4月4日は歯周病予防デーです。

歯周病を予防していくために大切なのは、やはり丁寧なブラッシングです。

歯周病や虫歯の原因となる歯垢(プラーク)は、生きた細菌の塊です。
歯とほぼ同じ乳白色で水に溶けにくく、歯の表面に粘着しているため、うがいをするだけでは取り除くことはできません。
磨き残された歯垢(プラーク)は、やがて硬い歯石へと変わっていきます。
しっかり歯磨きをして、この歯垢(プラーク)を取り除くことが大切です。

効果的なブラッシングについて、確認していきたいと思います。

まず、歯の表側、裏側、噛み合わせの面と、分けて磨くようにしましょう。
磨き残しを防ぐため、歯磨きする順番を決めてから磨きましょう。

【歯磨きの基本】
歯ブラシの毛先を、歯面(歯と歯ぐきの境目、歯と歯の間)にきちんと当てましょう。

150~200gの軽い力(毛先が広がらない程度)で磨くようにしましょう。
小刻みに(5~10mmを目安に)歯ブラシを動かして、1~2歯ずつ磨きましょう。

【歯磨きの工夫】
歯と歯ぐきの境目(歯周病予防・改善に効果的な磨き方)は、、、
歯と歯ぐきの境目に45度の角度で歯ブラシを当てます。そして、細かく前後に動かしながら磨きましょう。

凸凹歯並びは、、、でこぼこしている歯1本1本に、歯ブラシを当てます。そして、毛先を上下に細かく動かして磨きましょう。

背の低い歯は、、、歯ブラシをななめ横から当てて、細かく動かしながら磨きましょう。

毎日の丁寧なブラッシングは非常に大切ですが、綺麗に磨けているのかも確認も含めて、歯科医院でのクリーニングも欠かせません!
検診・メインテナンスにお越し下さい

バックナンバー

すぎもと歯科

Tel.0587-54-0348

〒483-8334 愛知県江南市前飛保町緑ヶ丘290

院長 : 杉本 英之

初めての方、急患は予約外でも受けていますが
歯科医師・スタッフの都合もありますので必ず
お電話の上ご来院ください

周辺地図

すぎもと歯科 外観

  時間帯
午前 9:00~12:00
午後 3:00~6:30

休診日 木曜・日曜・祝日 祝日のある週の木曜日は診療
土曜日の午後は2:00~4:30

はじめての方・矯正相談は必ずお電話の上ご来院ください。

トップへ戻る