歯科衛生士のブログ

ブログ 歯科衛生士のページ 知っておきたい歯の話

「歯と口の健康週間」正解と解説

江南市すぎもと歯科・歯科衛生士の川瀬です。
6月4日~10日は「歯と口の健康週間」でした!すぎもと歯科では毎年恒例のお口の健康に関連したクイズを皆さんにお出ししました。

今日は
クイズの解答と解説を発表します
 
Q1】家族で同じコップを使ってお茶を飲んでも問題ない!
虫歯や歯周病は感染症です。生まれた時には人のお口の中には菌は存在しません。回し飲みや回し食い、箸の使い回し、キス、くしゃみなどが感染ルートとして、菌が移されているのです。悪い菌がお口の中に侵入することを防ぐ為にも、それぞれ専用のコップを使いましょう!!そして、菌の住みにくいお口を維持するために丁寧な歯磨きと定期検診は大切です。
【Q2】お酢はカラダに良い、そして歯にも良い! 
お酢は酸性の飲み物です。1日4回以上酸性の飲み物や食べ物を摂ることで、歯の表面部の一番硬いエナメル質を軟らかくさせてしまう『酸蝕歯』になりやすくなります。柑橘類・ワイン・コーラなども、気をつけて摂る必要があります。
【Q3】歯石は歯ブラシで取れる! 
丁寧に歯ブラシをすれば、『歯垢』は歯ブラシで取れますが、『歯石』になってしまうと歯に硬くこびりついてしまうので、歯ブラシでは取れません。また、付いてしまった歯石を放置すると、歯周病の原因になってしまいます。歯科医院で専用の機械を使って定期的にお掃除をする必要があります。
【Q4】キシリトール100%配合のガムは寝る前に食べても問題ない
キシリトールは砂糖と違い、虫歯の原因になる酸を作りません。そのため、食後や歯磨き後、寝る前などに摂取すると虫歯予防に効果的です。虫歯のバイ菌を減らすためには、キシリトール含有量が 50%以下の物はあまり効果が期待できないので注意が必要です。歯科医院専用の100%キシリトールのものが安心です。
【Q5】姿勢が悪いと歯並びも悪くなる!
悪い姿勢では、しっかり噛む事が出来ません。頬杖や足組も顎の成長に悪影響を及ぼします。正しい姿勢でしっかり噛んでご飯を食べましょう。歯並びで気になる事は、お気軽にご相談下さい。
 
皆さんは何問正解できましたか
今回の全問正解率は23と例年よりも低めの結果となりました。
2問目と4問目が半数程しか正解がなく、特に難しかったようです。お酢は体によく、習慣的にとられている方もみえるかと思いますが、歯にとっては悪影響を及ぼす場合があります。酸の影響で、歯が軟らかくなる酸蝕歯になってしまう可能性があるので、酸っぱいものを食べた後の歯磨きは注意が必要です。すぐに磨くのではなく、時間をおいてから、または磨く前にお口をゆすぐなどの工夫をしましょう。

歯と口の健康週間クイズやってます!

皆さんこんにちは
江南市すぎもと歯科・歯科衛生士の杉本です
さて、6月4日から10日までは「歯と口の健康週間」です

毎年恒例となってますが、今年もお口の健康クイズ
を皆さんにお出ししています。

で答えていただくものですが、なかなか難しいとの声が・・・
 
6月20日にこのページで解答解説を行います。
合わせてW賞の当選者も発表いたします。
 楽しみにお待ちください

衛生士のブログが変わりました★

みなさんこんにちは
江南市すぎもと歯科・歯科衛生士の杉本です
6月から歯科衛生士のブログが少し変わります、けれどこれまでの記事も変わりなくご覧いただけますので、引き続きよろしくお願いたします
 
さて新年度、すぎもと歯科では新人の歯科衛生士さんたちを迎え、鬼の特訓な~んてことはもちろんなく、厳しい中にも楽しく順調に研修がすすんでいます
教わる方はもちろんでしょうが、教える側もその責任の重大さを認識して、これまで
やってきたことを再確認をしたり、良き手本となるよう意識したりと、よい緊張感につつまれていることを感じます。
 
明るく前向きな新人さんたちに、皆な良い刺激をもらったり、自分自身の初心を振り返る機会になったりと、それぞれ気持ちを新たにするきっかけになっているようです

ジメジメとした梅雨の時期が始まりますが、体調管理には気をつけて元気に過ごしましょうね

 

セミナーに行ってきました★

こんにちは(*^^*)すぎもと歯科スマイル・アドバイザー衛生士の奥田です。
昨日の日曜日に歯周病予防のセミナーに行ってきました
タイトルは「歯周病予防のためのジンジバル・プラークコントロールセミナー」です。

ジンジバル・プラークとは歯肉縁上縁下1~2个防嫦紊靴織廛蕁璽(歯垢)の事です。
健康な歯肉を保つ事を目的としたセルフケアをジンジバル・プラークコントロールいいます。そのためにはデンタルフロスを使用して毎日の歯磨きを行っていくことが不可欠です。
 
日本の歯周病罹患率は80%というのは以前のブログや歯周病のページでご紹介していますが、歯周病罹患率80%の中の半数は歯肉炎という状態です。これは適切な歯磨きを行えば十分改善できる歯ぐきの炎症なのです。
 
歯肉炎の状態でジンジバル・プラークコントロールを行えば、一生自分の歯で食事をする事も夢ではありません!
ジンジバル・プラークコントロールを適切に行うには、歯ぐきの溝の中や、歯と歯の間の歯ブラシでは取り除けない汚れを、いかにきれに取り除くかにかかってきます。
歯ぐきの溝の中や、歯と歯の間には毎日汚れがたまります。その汚れを取るためにはデンタルフロスが必要です。
ただ、日本のデンタルフロス使用率は5%とかなり低い数値で、まだまだ普及していないのが現状のようです。
 
さらに「日本人の80%が歯周病です」という言葉は誰しも耳にした事があるようですが、70%の方が私は歯周病ではない!と思っているそうです
 
歯周病は自覚しにくい病気です。気づいた時には進行してしまっている・・・という事も多くあります。自分は大丈夫!と思うのではなく、歯医者さんで検査を受けてみてください。そして歯磨きで改善できるうちに正しい歯磨きをみにつけて下さい。
すぎもと歯科でお待ちしています(*^-^*)

花粉症と歯の痛み

江南市すぎもと歯科・歯科衛生士の吉村です
今回は花粉症で歯も痛くなるかもしれないという話です。

花粉症による鼻炎や風邪では、急性鼻炎を起こす場合があります。
典型的な症状として、鼻水の増加や鼻粘膜の腫れて膨らむことによる鼻閉感(鼻づまり)、鼻水が喉に垂れこむために痰(たん)が絡んで咳が出る、などです。

鼻炎になると鼻の穴の中だけではなく、鼻とつながっている各所にも炎症を生じます。
目の下で鼻の横、ちょうど頬(ほほ)の辺り、上あごの骨の中に「上顎洞」という空洞があります。
この空洞は鼻腔とつながっていて、この上顎洞に炎症が生じ、たくさんの鼻汁が溜まった状態や、腫れた鼻粘膜が空洞内に充満した状態を「上顎洞炎」と言います。いわゆる「蓄膿症」のことです。

風邪が流行る冬場や、春先の花粉症の季節には、鼻炎から歯が痛くなる方が多くなります。
鼻炎による歯痛なのか、虫歯による普通の歯痛なのかはレントゲン写真を撮ればわかります。

花粉症や風邪をひいた後で上の奥歯が痛い場合は、上顎洞炎の疑いも考えられます。
逆に放置した虫歯が原因で鼻炎を起こすこともあります。
虫歯を放置し、根の先端部分から上顎洞に細菌が入り込む、あるいは歯周病が進行し歯の周囲から細菌が入り込むなどして、歯の根の周囲が化膿している状態から鼻炎を起こすことがあります。
これを「歯性上顎洞炎」と言い、通常の鼻炎や上顎洞炎と区別しています。
歯に原因がある以上、その歯を抜歯するか、根の治療を行うなど、耳鼻科的な治療だけでなく、原因歯の治療をしないと治らないためです。

上の奥歯で放置した虫歯がある人は、そうなる前に早めに対処しましょう。

デンタルフロスを使おう!

みなさんこんにちは
江南市すぎもと歯科の奥田(絵)です(*^^*)
昨日4月4日は歯周病予防デーでしたね!
 
すぎもと歯科ではフロスを使用されているメンテナンスの方に、アンケートにご協力頂きました。

フロス使用をオススメするのはこんな方!
重なってはえている方
歯と歯のすき間が狭く歯間ブラシが通らない方
歯茎の中もセルフケアしたい方
フロスは歯と歯ぐきの間のポケットにも入るので深いところまでセルフケアできるのがとてもいいところです。自分にあったものを使って頂けるといいですね
隙間の大きい方は、「歯間ブラシ」も大事です
 
自分にあったものを知りたい方、使い方が分からない方などお気軽にお声をかけてくださいね
アンケートにご協力いただいた皆さんには、かわいいフロスをプレゼントいたしました。

アンケート結果については、また「歯周病のページ」でお伝えしていきます。
フロスの使い方についても詳しく載せてます!参考にしてくださいね。

 

4月4日は歯周病予防デー!

みなさんこんにちは江南市すぎもと歯科 歯科衛生士の吉村です
4月4日は歯周病予防デーです。

歯周病を予防していくために大切なのは、やはり丁寧なブラッシングです。

歯周病や虫歯の原因となる歯垢(プラーク)は、生きた細菌の塊です。
歯とほぼ同じ乳白色で水に溶けにくく、歯の表面に粘着しているため、うがいをするだけでは取り除くことはできません。
磨き残された歯垢(プラーク)は、やがて硬い歯石へと変わっていきます。
しっかり歯磨きをして、この歯垢(プラーク)を取り除くことが大切です。

効果的なブラッシングについて、確認していきたいと思います。

まず、歯の表側、裏側、噛み合わせの面と、分けて磨くようにしましょう。
磨き残しを防ぐため、歯磨きする順番を決めてから磨きましょう。

【歯磨きの基本】
歯ブラシの毛先を、歯面(歯と歯ぐきの境目、歯と歯の間)にきちんと当てましょう。

150~200gの軽い力(毛先が広がらない程度)で磨くようにしましょう。
小刻みに(5~10mmを目安に)歯ブラシを動かして、1~2歯ずつ磨きましょう。

【歯磨きの工夫】
歯と歯ぐきの境目(歯周病予防・改善に効果的な磨き方)は、、、
歯と歯ぐきの境目に45度の角度で歯ブラシを当てます。そして、細かく前後に動かしながら磨きましょう。

凸凹歯並びは、、、でこぼこしている歯1本1本に、歯ブラシを当てます。そして、毛先を上下に細かく動かして磨きましょう。

背の低い歯は、、、歯ブラシをななめ横から当てて、細かく動かしながら磨きましょう。

毎日の丁寧なブラッシングは非常に大切ですが、綺麗に磨けているのかも確認も含めて、歯科医院でのクリーニングも欠かせません!
検診・メインテナンスにお越し下さい

ホワイトニングキャンペーン★

こんにちは!江南市すぎもと歯科・歯科衛生士の奥田(絵)です(*^^*)

まだまだ寒い日もありますが、春に近づいてきたようで暖かい日が増えてきましたね

 「すぎもと歯科の日記」でも書いたようにすぎもと歯科ではホワイトニングキャンペーンを4月末まで行います 

ホワイトニングには歯医者で行う「オフィスホワイトニング」と、お家で行って頂く「ホームホワイトニング」があります。
すぎもと歯科ではお家で行って頂く ホームホワイトニングをオススメしています!

 ホームホワイトニングの利点をまとめました

薬剤の刺激が少ないので歯茎や歯にもダメージが少ない
ゆっくり時間をかけて行うので、自然な白さになり後戻りもしにくい
前歯にも奥歯にもできる
自分の歯型にあったトレーを作るので自分の好きな時にできる

 歯の色が気になる方、白い歯に興味がある方は是非お値打ちなこの機会にホワイトニングをしてみませんか!! スタッフに気軽にお声をかけてください☆

デンタルショーに行ってきました!

こんにちは(*^▽^*)

江南市すぎもと歯科・スマイルアドバイザー・衛生士の奥田です

昨日は風が強くてビックリする日でした!外を歩くと風に押されて前に進めない!!なんて事がありました。

そんな風がふく中、スタッフの衛生士とデンタルショーへ行ってきました!

デンタルショーとは、歯科の会社が集まり自社製品の紹介やセミナーなどを行うイベントです。

会場に入ると人の多さにビックリしました!

同じ業種の仕事をしている人がこんなにいると実感し、こんなにもたくさんの人ががんばって歯科の仕事をしているのだと思うと、とても心強く、不思議と安心感を感じました。(*^-^*)

新製品を試してみたり、使用方法や効果・効能をレクチャーして頂いたり・・と楽しく勉強できました

以前から使用しているものもたくさんあり、再確認もできました。

もっともっと患者さんにうまく伝えていけるように勉強しないといけないな・・思いました。


日々、医療は進化しています。すぎもと歯科でも最新の情報と治療と予防を提供できるようにがんばりたいと思います(^O^)/

乳幼児の歯ぶらし事故に気をつけて!

江南市すぎもと歯科・歯科衛生士の川瀬です✽

今年初めてのブログとなります、皆さんのお役に立てるよう頑張って更新していきますので「歯科衛生士のページ」を今年もよろしくお願いいたします★★

さて、小さなお子さんが歯みがき中に歯ぶらしをくわえたまま転倒し、口の中に歯ぶらしを突き刺すという事故が増えているそうです。

乳歯が生えてきたら、口や歯に興味を持ってもらい、お口に触られるのになれるためにも歯ぶらしを使い始めることが理想です。

保護者による仕上げ磨きの前に、お子さん自身にはぶらしを持たせてあげましょう!

その際、小さなお子さんにも安心して持たせられる「乳歯はぶらし」があります★★
安全プレートが付いていて、のどの奥まで入らないようになっています!
さらにはぶらしの先はゴム製なので、生えたての歯にも、やわらかな歯肉にも、やさしく当たります。

でも最も大事なことは、プレートがあるから大丈夫!ではなく保護者の方が 
お子さんから目を離さない!ということです✽✽

また、仕上げ磨きには、仕上げ専用の歯ブラシがありますので、正しく使い分けをすることが大切です。

かわいいお子さんを、大切な歯を、きちんと守り育てていきましょう

どちらも受付で取り扱っていますので、お声がけください★☆.。.:*・

歯ブラシの清掃効果・・新年を新しい歯ブラシで!

皆さんこんにちは 江南市すぎもと歯科・歯科衛生士の吉村です
今年ももうすぐ終りですね、
大掃除はもう終わりましたか?
お掃除を行うとき、「頑張るぞ!」という気合も大事ですが、やはり道具も大切ですね
(笑)
お口の中も同じです。
おろしたての新しい歯ブラシの爽快感を経験した方は少なくないと思います


毛先の開いていない歯ブラシ
を使い効果的に、歯や歯肉を傷つけない軽い力で万遍なく毛先を当てるようにブラッシングして、お口を清潔に保ちましょう。

****歯ブラシの取り替え時期は?****
歯ブラシの毛先が開くと歯垢の除去率が低下するだけでなく、歯肉を傷つけることがあります
また、毛先が開かなくても、長く使っていると毛の弾力がなくなり効果が半減します。1ヵ月に1本を目安に取り替えましょう
****歯ブラシの取り扱いは?****
 ●流水下でよく洗う
 ●水をよく切り、乾燥する
 ●植毛部を上にして、風通しのよい所で保管する
 
新年を、歯ブラシも新しくして、気持ちも新たにスタートさせましょう
 そして、1ヵ月に1本を目安に交換して歯っぴーな年にしましょう

   みなさんどうぞ良い年をお迎えください

     来年もよろしくお願いいたします

クリスマス会 衛生士の話のコーナー☆

こんにちは

江南市すぎもと歯科 スマイルアドバイザー・衛生士の奥田です。

今回は、たくさんの
のお友達に参加して頂いたクリスマスフェス
での衛生士の話のコーナーで行った、絵本を紹介したいと思います

今年の衛生士のお話は「騎士リ・トールくん」のお話をしました(*^_^*)

むし歯のできる仕組みや原因となるばい菌について、わかりやすくお話になっています。

そして、むし歯の予防になるキシリトールがどのように効果を発揮するのか、お話をとおしてわかるようになっている絵本です。

みんな真剣にお話を聞いてくれました

お話の中にもでてきたように、キシリトールでむし菌を減らしながら、毎日の歯磨きをきちんと行い、むし歯ゼロを目指しましょう

そのためにも定期検診はかかせません!!

すぎもと歯科でお待ちしています

 

毎日無理なく虫歯予防♪

江南市すぎもと歯科・歯科衛生士の川瀬です

先日検診にみえたお子さんのお母さんから、こんな質問をいただきました。 
「キシリトールタブレットは歯みがきする前と、した後とどちらに食べたら良いですか?」

キシリトール100%配合のものの場合食べてもむし歯にはなりません。

歯垢を落としやすくするには・・・ 歯磨き前
歯質を強化するなら・・・歯磨き後 が、
それぞれ効果的です

ただ、歯磨き後に甘いものを摂ることに抵抗がある場合や、食べたら歯を磨く習慣のあるお子さんの場合は、歯磨き前の方がいいかもしれませんね

また、唾液の分泌の減る就寝前に摂ることもむし歯予防には効果的です。

以前「毎日寝る前に1粒タブレットを食べています
」と話して下さったご家族もありました

回数やタイミングは、あまり気にせずに何かを食べたら・・・というように無理なく続けられる方法で習慣にしてみましょう

 

 

 

 

増えている口腔アレルギー

江南市すぎもと歯科 歯科衛生士吉村です
 

特定の果物を食べると、口の周りや口の中、喉の奥がイガイガとかゆくなったり腫れたりします。また、じんましん、吐き気、腹痛、下痢、気管支喘息の発作を起こすこともあります

重度になると、ショック症状を起こすこともある・・・それが口腔アレルギーです!

✽口腔アレルギーと花粉症の関係✽

大人や年長児の場合は、既に花粉症にかかっていた後に口腔アレルギーがおこるようです。
年少児の場合は、同じ果物を多量に摂ることにより発症するとのことです。

また、甘い果物をたくさん食べると、腸内細菌が乱れ口腔アレルギーを悪化させます。腸内細菌が乱れている人ほど果物や野菜に過敏症を起こしやすいとも言われます。

野菜嫌いや調理が面倒・・などの理由から、果物で補おうと多量に果物を食べたり、ジュースを飲んだりするのは果物アレルギーを起こしやすくなるそうですので、注意が必要ですね

農薬の少ない国産の果物を、季節ごと少量味わいながら食べるのが良いようです。野菜類も加熱調理し、味噌汁やスープでとるのがアレルギーが起こりにくくオススメとのことです

花粉症の方は、自分のアレルギーの原因物質を知り、果物や野菜の口腔アレルギーとの関連も調べ、症状をみながら上手に避けることも大切です。

果物の美味しい季節ですが心がけてみてくださいね

歯磨きでインフルエンザ予防!

こんにちは。すぎもと歯科スマイルアドバイザー・衛生士の奥田です

もう11月です。今年もあと2ヶ月となりました。月日が経つのは本当に早いですね。今は過ごしやすい秋ですが、冬はすぐそこまでやってきています。
寒くなると流行ってくるのがインフルエンザです。
インフルエンザ予防といえば「手洗い」「うがい」ですが、

歯磨きもインフルエンザ予防になるってご存知でしたか?

ウィルスは生きた細胞に進入し、寄生し、生きていきます。口の中に入ってきたらなるべく奥へと入っていって、のどや肺の細胞などに寄生します。

これが「ウィルス感染」です。
インフルエンザウィルスに感染しないようにするには、口に入ってきたらすぐに取り除く事です。うがいや手洗いが有効ですが、歯磨きもとても効果的!

歯磨きをする事で細胞の中に入る前にウィルスを取り除く事ができます。
口の中に留まっているウィルスを取り除く事ができれば、発症を未然に防ぐ事ができます。

逆に歯磨きを怠って口の中で細菌が増えると、毒素で粘膜が破壊されるため、そこからウィルスが細胞に入り込みやすくなってしまいます。
日頃から丁寧に歯磨きをしていると、口の中の粘膜を健康に保つ事ができます。し歯や歯周病

むし歯予防だけでなく、インフルエンザ予防にもなる「歯磨き」。

正しく行うためにも歯科でプロのブラッシング指導をうけましょう。
すぎもと歯科では歯磨きのプロの衛生士がみなさんにあった歯磨きの仕方をお話します。

わからない事や気になる事などお気軽に声をかけてください

バックナンバー

すぎもと歯科

Tel.0587-54-0348

〒483-8334 愛知県江南市前飛保町緑ヶ丘290

院長 : 杉本 英之

初めての方、急患は予約外でも受けていますが
歯科医師・スタッフの都合もありますので必ず
お電話の上ご来院ください

周辺地図

すぎもと歯科 外観

  時間帯
午前 9:00~12:00
午後 3:00~6:30

休診日 木曜・日曜・祝日 祝日のある週の木曜日は診療
土曜日の午後は2:00~4:30

はじめての方・矯正相談は必ずお電話の上ご来院ください。

トップへ戻る