託児ルームのブログ

ブログ 母と子のわくわく日誌

夏に気をつけたい子供の感染症

こんにちはなんか可愛いお花 デコメ絵文字 江南市すぎもと歯科・杉本です。
 東海地方もついに梅雨入りとのことですね梅雨 デコメ絵文字
お洗濯物が乾かない・ジメジメするてるてる坊主 梅雨 デコメ絵文字など何かとマイナスイメージのこの時期ですが、雨に濡れた木々の緑が鮮やかですみどりのほし デコメ絵文字
しかし蒸し暑さを増すこれから夏に向けては、小さいお子さんの感染症には特に注意が必要になってきます。
今日は 夏場に流行する夏風邪のひとつとして知られる手足口病についてお話します。
発症するのは一般的に5歳以下の幼児に多く、保育園など幼児が集まる場所で集団感染することがあります。

症状としては
最初に出る症状は口の中の痛みです、そして病名通り、手 デコメ絵文字・足足 デコメ絵文字・口口 デコメ絵文字に米粒くらいの水疱性の発疹ができます。
小さいお子さんの場合は、ひじ・ひざ・おしりなどにもできることがあるようです。
発疹は水疱状ですが、やがて破れて潰瘍になり痛がゆくなってきます。
特にお口の中にできると、痛みで食事が摂りづらくなったり、脱水症状を起こしやすくなります。

原因は
複数のウイルスの感染によるもので、一度かかったら大丈夫、という病気ではありません。
感染経路は、風邪と同じように鼻汁・唾液などから感染します。また、便からも感染しますので、お子さんの手をよく洗うことも大切です手洗い デコメ絵文字
お母様は気をつけてあげてください。

治療
お口の中にできものができますので、口内炎と思って歯科医院に来院される方が時々いらっしゃいますが、小児科を必ず受診してください。

潜伏期間はウイルス感染から3~5日程度で、多くは自然に治りますが、まれに髄膜炎、脳炎などの中枢神経系合併症を起こすこともあるため、初期症状を見逃さないことが大切です! 注意マーク デコメ絵文字

お口の痛みのために食事がとれない場合は脱水症状を起こしやすくなりますので、刺激が少なくのどごしの良い食事内容にし、また水分補給を十分に行うよう気をつけてあげて下さい

バックナンバー

すぎもと歯科

Tel.0587-54-0348

〒483-8334 愛知県江南市前飛保町緑ヶ丘290

院長 : 杉本 英之

初めての方、急患は予約外でも受けていますが
歯科医師・スタッフの都合もありますので必ず
お電話の上ご来院ください

周辺地図

すぎもと歯科 外観

  時間帯
午前 9:00~12:00
午後 3:00~6:30

休診日 木曜・日曜・祝日 祝日のある週の木曜日は診療
土曜日の午後は2:00~4:30

はじめての方・矯正相談は必ずお電話の上ご来院ください。

トップへ戻る