歯科衛生士のブログ

ブログ 歯科衛生士のページ 知っておきたい歯の話

衛生士の話「コロナに負けない体をつくる」前編

こんにちは。江南市すぎもと歯科、歯科衛生士の奥村です。
暑い日が続いていますね。水分補給をしっかりと行い、熱中症には気をつけていきましょう!!

さて、先日すぎもと歯科では毎年恒例の「夏祭りイベント」を行いました!
暑い中、多くのお子さん・保護者の方にご参加頂きました、ありがとうございました。

今回はその中で行った歯科衛生士のお話「コロナに負けないカラダをつくるについて2回に分けてご紹介させて頂きます。

皆さん、新型コロナウイルスもう何度も何度も耳にしていますね。とても怖い大変な病気です。世の中には色んな病気がありますが、その原因は悪いバイキンです。

代表的なバイキンにどんなものがあるか知っていますか??どんなものがあるかというと、カビ菌・細菌・ウイルスです。その中でもウイルスは髪の毛の太さよりもずっとずっと小さいバイキンです。

コロナと同じウイルスが原因のインフルエンザという病気は皆さんも知っていますね。
ウイルスはとっても
小さいので、もちろん目には見えない、小さくて軽いのでどこからでも飛んでくる、どこへでも飛んでいく、、、人から人にうつりやすいのはそのせいです。

それを防ぐためにも、きちんとマスクをする、手洗いを丁寧にする、うがいをする、、などが大切なのです。これからもきちんと守っていきましょう!

それから毎日の歯磨きをしっかりとするこれもとても大事なことだということを知っていますか??え!!歯磨きも?!と思った方もいることでしょう。
インフルエンザの研究でわかっていることですが、お口にいるバイキンのなかに、ウイルスが粘膜細胞へ入り込むのを手助けをする悪い仲間がいるそうなのです。

なので、毎日の歯磨きをしっかりとしたり、歯医者さんでお口の隅々までお掃除してもらうことは、ウイルスから体を守るための大切な予防になるのです。お口の中の菌を減らすと、インフルエンザになる確率が10分の1に減ったという報告もあるんです。

お口のバイキンが原因でかかる病気やひどくなる病気は、コロナやインフルエンザだけではありません。ほとんどの病気がお口から始まっている!と言ってもいいくらいです。

体に栄養を取り込んでいるのは、ご飯を食べる「口」です。
いつも歯磨きをしっかりとして綺麗にしておかないと、そのお口はバイキンの入り口にもなってしまいます。
お口がポカンとあいていたり、お口で呼吸をしてしまう人はしっかりとお口を閉じておくようにしなくてはいけません。練習で閉じれるようになるので、気になる方はお気軽に衛生士にお声掛けください
☺︎

次回は、病気に負けない強い免疫力を持つためにはどうしたら良いのか・・・等ご紹介していきますね(*゚▽゚*)続きもお楽しみに

バックナンバー

すぎもと歯科

Tel.0587-54-0348

〒483-8334 愛知県江南市前飛保町緑ヶ丘290

院長 : 杉本 英之

初めての方、急患は予約外でも受けていますが
歯科医師・スタッフの都合もありますので必ず
お電話の上ご来院ください

周辺地図

すぎもと歯科 外観

  時間帯
午前 9:00~12:00
午後 3:00~6:30

休診日 木曜・日曜・祝日 祝日のある週の木曜日は診療
土曜日の午後は2:00~4:30

はじめての方・矯正相談は必ずお電話の上ご来院ください。

トップへ戻る