歯科衛生士のブログ

ブログ 歯科衛生士のページ 知っておきたい歯の話

旬の野菜で寒い冬も元気に!

こんにちは。江南市すぎもと歯科、歯科衛生士の戸谷です。
12月22日は冬至でしたね。
1年で昼が最も短く、夜がもっとも長い日です。
この日に柚子のお風呂に入ったり、カボチャを食べるなどの習慣がありますね。

そのカボチャは実は歯に良い食材ますなんですよ!カボチャにはカロテンが豊富に含まれており、体内に取り込まれるとビタミンAへと変ります。
ビタミンAは口内の粘膜を健康な状態に改善したり、歯のエナメル質を強くしてくれる働きがあります。

そして、ビタミンが不足すると雑菌や虫歯菌に対する抵抗力を低下します。
歯の形成段階にあるお子さんはもちろん、健康な歯を維持するためには大人にも大切な栄養素です。

冬至の日にカボチャを食べることはよく知られていることですが、実は他の食べ物も食べると運が呼び込ませるといわれています。
冬至の七種と呼ばれているものではにんじん、ぎんなん、れんこん、うどん、かんてん、きんかん、など『ん』が2つつく食べ物が良いといわれていて、栄養をつけて冬を乗り切るという昔の人の知恵でもありました。

私はれんこんを頂いたので、れんこんを調理しました。
れんこんには、ビタミンCが豊富に含まれています。
食物繊維には高血圧の予防や発がん物質の排出などにも効果があります。
とくにシャキシャキとした歯ごたえが魅力ですので、きんぴらやはさみ揚げなどにし噛む回数を自然と増やし顎の生育を促しましょう。

そしてまだまだこれから寒くなる冬に向け、栄養をしっかり摂り元気に過ごしましょうね。


お口の機能を守り育てる「口育士」

皆さん、こんにちは。
江南市すぎもと歯科・歯科衛生士の葛島です。

早いもので、今年も残りわずかとなりましたね。
寒さが厳しくなってきたので、暖かくして、元気に新年を迎えられるようにしましょう!

さて、前回のブログに引き続きご報告となりますが、先日私も『口育士』の資格を取得することができました☆.。.:*・

すぎもと歯科では4名の口育士(Oral Manager)が、全生涯的な口腔機能のマネージメントを行います。

すぎもと歯科で人生の基盤となる『赤ちゃん歯科』を始めてから、多くのお母さんにお子さんの正しいお口の機能の獲得や発達のためのお話をさせて頂きました。

さらなる知識の向上を目指して「口育士の資格を取り、すぎもと歯科に通って頂いている多くのお子さんの成長をサポートしたい!」という思いで受講し、今回取得することができたので、とても嬉しいですヾ(*´∀`*)ノ

乳幼児期からしっかりとお口の機能を獲得・発達させることができれば、老年期のお口の機能の低下を遅らせ、介護の予防にも繋がります。

今後は歯科衛生士兼口育士として、皆さんの生涯的なお口の機能のマネージメントを行えるよう、努めていきますので、ぜひお気軽にご相談下さい(*^ω^*)

口育士の資格を取得しました!

皆さんこんにちは。
江南市すぎもと歯科・歯科衛生士の杉本(ま)です。
朝晩が特に冷えるので、我が家のニャンズがこぞって布団の中に潜り込んできます。
幸せなんですがベットの真ん中を猫が占領するので、人間は端の方に追いやられ何だか寝不足気味です…
さて、何度かブログでも載せている「口腔機能発達不全症」についてですが、正しい知識を身につけるためと、もっと皆さんに知って頂くために小児の全身の発育を口からみていく「口育士」の免許を取得しました。

 

 

 

すぎもと歯科には、現在3名の口育士が在籍していて、お子様の“口腔機能発達不全症”の予防、改善の為、“口腔育成”に取り組んでいます!

最近のお子さんは「口呼吸」「異常嚥下癖」など呼吸と嚥下が不正常な方が本当に多くいらっしゃいます。
口腔機能を正常な発達に促すことは、歯並びだけでなく姿勢を正し、生涯食べる能力を維持し、介護にならず自立し終生自分の人生に誇りが持てるようになります。
実は『口育』は赤ちゃんがまだお母さんのお腹の中にいる時からすでにはじまっています!
すぎもと歯科では、第一ステップとしてまず「母親教室」で赤ちゃんの抱っこの仕方、おっぱいの飲ませ方、哺乳瓶の選び方などをお伝えしています。
今後も更に口育の知識を増やし、皆さんにお伝えできたらと思っています。]
なにか子育ての中でお困りのこと、気になる事などがございましたら、お気軽にお尋ねいただけたらと思います。

Xmasフェスタ★食育クイズ

皆さんこんにちは。江南市すぎもと歯科、歯科衛生士の中嶋です。

先日、感染症対策をしっかりと行った上でクリスマスフェスタ2021】を開催致しました☆彡

今回は、その中で行った歯科衛生士の話食育クイズの内容をご紹介します。
○×クイズになっていますので、皆さんもぜひ挑戦してみてください。
 
りんごの皮が光っているのは、ワックスを塗ってあるからだ?
豆腐は豆から作られている?
ピーマンを収穫しないでそのままにしておくと赤くなる?
果物を食べると風邪をひきにくくなる?
朝ごはんを食べない方が集中しやすくなる?
茶碗1杯には1000粒のお米が入っている?
1日3食を満足に食べられない人達が世界に約8億人いる?
 
どうですか?簡単だったかな?難しかったかな?
それでは、答え解説をしていきます!
 
りんごの皮が光っているのは、ワックスを塗ってあるからだ?
こたえ・・・×
りんごの皮のピカピカの正体は『ロウ物質』というものです。これは、りんごが自分の皮を色んなバイ菌から守るために作り出したものです。りんごを食べる時はきれいに洗った後、小さくしないで皮ごとかじって食べるようにするも、良い歯並びにもつながります。
 
豆腐は豆から作られている?
こたえ・・・
豆腐は大豆から作られています。大豆はたんぱく質が豊富で『畑の肉』とも言われています。大豆は豆腐以外におから・味噌・きなこ・厚揚げ・納豆・醤油など、色々な食べ物に変身しています。
 
ピーマンを収穫しないでそのままにしておくと赤くなる?
こたえ・・・
緑色のピーマンを収穫せずに放っておくと、カプサンチンといわれる赤色の色素が増えて赤くなります。色の濃い野菜は栄養がたっぷりですので、好き嫌いせず食べましょうね。
 
果物を食べると風邪をひきにくくなる?
こたえ・・・
果物はビタミンやミネラルが豊富で免疫力が上がり、お肌も綺麗になり風邪もひきにくくなります。
果物は歯にくっつきにくいので虫歯にもなりにくく、おやつにオススメです♪
 
朝ごはんを食べない方が集中しやすくなる?
こたえ・・・×
それは逆ですね。朝ごはんを抜いてしまうと脳や体のエネルギーが不足してしまい集中できなくなってしまいます。
朝食には、脳のエネルギーの元となるごはんやパンなどの糖質を摂るように心がけましょう!
 
茶碗1杯には1000粒のお米が入っている?
こたえ・・・×
お茶碗のサイズにもよりますが、だいたい1杯のお茶碗150gに約3000粒のお米が入っています。1粒1粒お百姓さん達が1年かけて大切に育ててくださったお米です。よく噛みしめて食べましょう!
 
1日3食を満足に食べられない人達が世界に約8億人いる?
こたえ・・・
日本の人口は約1億人ですが、世界には70億もの人が暮らしています。そのうち8億4千万人以上の人達が、満足に食事ができないでいます。
毎日ご飯が食べられることに感謝して「いただきます」「ごちそうさまでした」と手を合わせることも忘れずに、残さず食べるようにしましょうね!
 
クイズは以上です。皆さんは何問正解できましたか?
ぜひこちらを参考に、ご家族皆さんでも『食育』についてお話ししてみてくださいね。
 

11月28日は「いい唾液の日」

こんにちは。江南市すぎもと歯科、歯科衛生士の林です。
11月も下旬に差し掛かりましたね。朝晩の寒さが厳しくなってきました、みなさん暖かくしてお過ごし下さいね。
突然ですが、今月28日は何の日かご存知ですか?
11月28日は 語呂合わせでいいつばと読めることからいい唾液の日」です
日本唾液ケア研究会が申請し、今年認定されました。

唾液にはいろんな働きがあることを過去にもたくさんお伝えしてきていますが、唾液にも種類があることをご存知でしょうか?
食事のときやリラックスしているときによく分泌されるサラサラした唾液(漿液性唾液)と、緊張しているときやイライラしているときに分泌されやすいネバネバした唾液(粘液性唾液)の二種類があります。

サラサラ唾液には消化酵素がたくさん含まれていて食べ物の消化吸収を助けたり、食べ物を湿らせて飲み込みやすくしたり、口の中を洗い流してくれる浄化作用があります。

一方、ネバネバ唾液は口の中や胃の中の粘膜を保湿したり、傷がつかないように保護したりする作用があります。
どちらの唾液も健康に欠かせないとても大切な作用があることがわかりますね。

唾液をたくさん出すためには、普段からよく噛むことを意識した食事にしたり、シュガーレスガムを噛んだりすることも有効です。
また、唾液腺のマッサージ舌の運動をするのも良いですね。

お口の渇きが気になる方、飲み込みがうまくできなくなったと感じる方など、お気軽に衛生士にご相談ください。
  
唾液腺マッサージや舌体操は、ちょっとした時間で手軽にできる効果的な方法です。

食事の前にお口の体操をすると 誤嚥やムセ、食べこぼしを防ぐ効果もありますよ。

おいしく食事をしていただくためにも、いい唾液がたくさん出せるよう ぜひお試しくださいね!

手足口病が,流行の兆し

皆さん、こんにちは。江南市すぎもと歯科、歯科衛生士の戸谷です。
朝晩と気温もグッと下がり、例年の寒さに身体がやっと慣れてきた頃に 急な冷え込みで、体調を崩さないように 気をつけてくださいね。

さて、外出など控えていた人の動きが活発化するなか、例年であれば7月ごろにピークを迎える『手足口病』が流行の兆しをみせているようです。
幼児に多い病気ですが、大人が発病すると重症化しやすいので注意が必要です。

またお口の中に痛みや不快感が起こりますので「歯医者へ!」というふうに考える方もあるかと思いますが、手足口病はウィルス性の感染症ですので、下記の症状などもチェックしていただき 早めに正しい対応をしてあげてくださいね。

手足口病とは…お口の中や手足に発疹ができ 1〜3日ほど発熱する感染症です。
発疹は3〜5㎜の丘疹性紅斑に2〜3㎜の楕円形の水疱を伴い、手のひら、甲、足底、甲、膝伸側部、臀部などに現れます。

口の中は、奥歯より前のほっぺたの粘膜や唇の内側、舌にも発疹が出ます。
痛がりなかなかご飯を食べてくれない場合は、刺激がある食べ物や飲み物はできるだけ避け、おかゆやうどんなど飲み込みやすく刺激の少ないものをとるようにしましょう。
発熱があれば脱水症状にもなりやすくなるため、こまめな水分補給をさせてあげるようにしましょう。

感染経路としては咳やくしゃみによる飛沫感染、ウイルスのついた手で触れた物品を介する接触感染などがあります。
これはマスクの着用や手指の消毒などで一定の予防効果があるということです。

大人の手足口病の場合には感染している子供のオムツ交換をしたあと、手指の洗浄が不十分なまま物品を介して感染してしまうことが主な感染経路といわれていますので、オムツ交換の後は必ず手指を徹底洗浄する習慣をつけるようにしてくださいね。

引き続きマスクの着用、手指の洗浄消毒をし手足口病だけでなく、インフルエンザなどの予防もしていきましょうね

指しゃぶり防止に塗り薬

皆さんこんにちは。
江南市すぎもと歯科・歯科衛生士の杉本(ま)です。
江南市では、新型コロナの影響で延期となっていた古知野神社祭礼が昨日開催されました。
厄年を迎えた男衆が町を練り、神社に馬を奉納し、厄払いと町の繁栄を祈願します。
毎年我が家の前を馬と男衆が走ります。
間近で見る馬は本当に大きくて毛並みがよく、馬の足音も胸に響きいつも興奮してしまいます。

さて話しは変わりますが、すぎもと歯科では子供の指しゃぶりがどうしても止められないお子さんに、爪に塗るトップコート剤を置くことにしました。
安息香酸デナトニウムという苦味成分が配合されており、日本製です。
安息香酸デナトニウムとは非常に苦いものの、人体に害はなく、誤飲防止剤として使われています。その絶するほどの苦さはギネス世界記録にも最も苦い物質として登録されているほど。
ニンテンドースイッチ専用カートリッジにも使われていると一時的にYouTuberさんの間でも話題になりましたね。
実際に私達も試してみました。
皆で「せーの!」ペロリ…キャーとかギャーなのか皆の悲鳴。本当に苦いです‼
爪に塗りましたが、すぐ乾きました!手洗いしてもシャンプーしてもその日はバッチリ苦いままでした($・・)/~~~
次の日にもペロリしてみました。昨日よりは苦味が大分ましになりましたがお子さんには効果があるのではないかと思います。

日本口育委員会によると離乳食期の指しゃぶりは、吸啜反射の繰り返しによって乳児嚥下(原始反射)を消し成人嚥下への誘導ができ、口唇感覚などからの知覚の発達、協調運動の助長を促すので無理に止めさせる必要はないとされています。

しかし、それ以降になっても指しゃぶりが止められないお子さんは、むしろおしゃぶりにした方がまだ良いとされています。
そして味覚もまだまだ発達段階にあるので、あまり小さなうちから塗ることはあまり意味がありません。

このトップコート剤は幼児期の指しゃぶりだけでなく、学童期の鉛筆を噛む癖のあるお子さんの鉛筆に塗ったり、大人でも爪を噛む癖のある方にも効果があるかと思います。
もし試してみたいという方がいらっしゃいましたらご相談下さいね。サンプルもありますよ。

“良食“で口福から幸福へ

皆さん、こんにちは。江南市すぎもと歯科、歯科衛生士の戸谷です。

栗やきのこ類、レンコンや芋類、秋の味覚が充実してきましたね。
旬の味覚を堪能していますか?
『おいしい』と体感、体験、体得があるほど豊かな人生となり、心の栄養、“口福”が幸福へと繋がっていきます。

コロナの影響で外食の制限もあった為、皆さんも感じたことと思いますが、食事はお腹を満たすためだけではありません。
誰かと食を共にしたり、くつろいだ時間は心のエネルギーの補給源でもあります。

一人ひとりが食生活を見直すことで口福への第一歩へと繋がっていきます。
そして、なにより口と体の健康は切り離すことができません。
お口の中も体と血液で繋がっており、その血液は食べたものから作られるからです。

良食”という言葉をご存知でしょうか?
よい食べ方、よい食べもの、正しく食べることを意味することもあります。
大切なのは
1.選食(フードチョイス)
自分に必要な食べものを選び、組み合わせ、食べる時間を考え、よく噛んで食べること

2.食戦(フードファイト)
生活習慣を予防し、病気、ストレス、ウイルスに打ち克つ体をつくること

自分に必要な食べもの、足りないものがあれば補い、摂りすぎであれば控え、栄養のバランスをとることも必要です。

そして他にも食の5W1Hというように、
何を食べるかも大切ですが、いつ、どこで、なぜ、誰と、どのように、について考え、賢く食べることが大切です。

美味しく、正しく健康生活を確立していき、口福から幸福 と元気に過ごしましょう。

11月8日は「いい歯の日」

皆さんこんにちは。
江南市すぎもと歯科・歯科衛生士の杉本(ま)です。

皆さんご存じの方も多いと思いますが、語呂合わせで
118の日」です❣

日本歯科医師会では、「いつまでも美味しく、そして、楽しく食事をとるために、口の中の健康を保っていこう!」という願いを込めて、厚生労働省とともに8020運動を推進しています。その「8020運動」の一環として、11月8日を「いい歯の日」と設定しました。
歯の健康の重要性は多くの方に認識されるようになってきました、今後はお口の機能の維持についても意識していきたいですね!

自分の歯でしっかりと噛むと‼
口腔機能が維持されていると、姿勢良く歩行も安定する
食べ物をしっかり噛むことで、栄養の吸収が促進される
噛む回数が多いと、唾液がたくさん出て口の中を清潔に保つことができる
噛むことで、脳が活性化され認知症の予防につながる

「噛むこと」で、お口と体の健康が維持されます!
手軽にできる健康法として、ぜひ毎日の暮らしにキシリトール100%ガムを取り入れてみませんか!
朝・昼・夕の食事以外にも「モグモグ」とお口を動かしてみましょう!

上手な「モグモグ」ポイント
長~くモグモグすること
思い立ったらお口にポイ!
めざせ365日!
食事やおやつの後に歯を磨けないときやパソコンを打ちながら、通勤や通学、買い物などの移動中などにも…モグモグチャンス

キシリトール100%ガムは虫歯の原因を作りませんので、いつでも食べていただけます!
すぎもと歯科ではオレンジ味のガムが人気です。まだ試した事のない方はサンプルをお配りしていますので、ぜひ召し上がってみて下さいね!

ガムだけでなく、普段の食事も もちろんよく噛むよう心がけましょう!

11月は口腔がん撲滅月間です

こんにちは。江南市すぎもと歯科、歯科衛生士の林です。
早いもので11月ですね。今年が終わるまで残り2ヶ月となりました。

さて11月は口腔がん撲滅キャンペーン月間です。
口腔がんはお口の中の歯以外のどこにでもできる発生する可能性があります。

口唇がん、歯肉がん、口蓋がん、頬粘膜がん、舌がん、口底がん。

日本人に特に多いのは舌がんといわれており、口腔がんのなかの約60-70%を占めます。舌の裏側や横側舌先が要注意です。

今日は口腔がん撲滅キャンペーンのホームページにも掲載されているセルフチェックの方法についてお伝えします。

大きな鏡の前に立ち、お口の中が明るく光で照らされるように、照明を調節してください。

チェックポイントは、舌の裏側・歯ぐき・頬の内側・口蓋・唇です。

粘膜の色の変化(赤色と白色化)がないか見てください。赤くただれたところがないか、白い出来物はないか見てください。

硬めのしこりができていないかみましょう。

何らかの変化を見つけた場合、2週間程度経っても治らない場合は、歯科医院で診てもらってください。

歯科医院で働いている私たち歯科衛生士、また歯科医師は口の中を触るということには慣れていますが、ぜひこの機会に皆さんにもご自身のお口の中を触ってみていただきたいと思います。

①唇、歯肉
歯を軽く噛み合わせ、上としたの唇を軽く指で持ち、唇の内側を観察。そのまま前歯の歯肉も見てみましょう。

②頬、歯肉
口をあけて、頬を指で少しひっぱり、上下の奥のほうの歯肉と頬の内側を見て触って確認しましょう。

③歯肉の内側
歯肉の内側も見てみましょう。

④口蓋(上アゴの内側)
頭を後ろにそらして口蓋を観察し、指で触れながらシコリや腫れ、色の変わった部分がないかを観察しましょう。

⑤舌
舌を前に出し、舌の表面と左右の側面を見ます。指で舌をやさしく挟んでそっと引っ張ってみましょう。色や形、引きつり、治らない傷などがないか注意してみましょう。

⑥舌の裏側
舌の裏側と下の歯肉の間の粘膜も異常がないか、見て触って確認しましょう。

⑦リンパ節
首やアゴの下あたりにこぶ状のものがないかを、触って確認しましょう。

何かおかしいな、と思ったらどんな些細なことでも気兼ねなくお伝えいただければと思います。
必要であればより詳しくチェックしていただける専門の歯科へご紹介もさせていただきます。

健康な歯が老後を明るく前向きに

こんにちは、すぎもと歯科・歯科衛生士の杉本です。
このところ急激な冷え込みで、秋の深まりを感じています
皆様、体調管理にはくれぐれもお気を付けくださいね。

先日 こんな記事を目にしました。
「歯科が「高齢者」の概念を変える」という見出しでした。
歯科関連のある社内で、
「高齢になっても多くの人が健康な歯がそろっていたら、ライフスタイルはどう変わる?」
という議論での意見だそうです。

高齢になっても勉強をする人や働く人が増える。マインドが若々しい人が増える
口臭がなくなったり口を開くことに抵抗がなくなるため、気持ちが前向きになる。婚活やウェディング業界が活発になる
健康で若々しくいられるため、ファッションや美容への投資が増える。
アクティブな高齢者向けのイベント、アトラクション、習い事、スポーツ、レジャーが盛んになる
より健康になりたい気持ちが高まり、ヘルスビジネスが活発になる。サプリメントなどへの興味も増える

皆さんはどう思われましたか?
平均寿命が伸び続けている今、長くなる人生をどんな風に過ごすのか?
ただ長生きするだけでなく、好きなことを続けたり、誰かの役に立てたり、自分らしく過ごすためにどうしたらよいか?
高齢になっても健康な歯がそろっていて美味しく食事ができたら、きっと前向きに日々を過ごすことが出来るのでは!と私も思います。
そして、そんな健康な人たちが増えてくれば高齢者の概念も確かに変わっていくでしょう!

今年も8020を達成された皆様へのインタビュを聴かせていただきました。
【すぎもと歯科・歯周病サイト「ブログ 健康なお口のために」に載せていますので、ぜひご覧ください】
毎年思うことですが、皆さん前向きで心身ともに本当にお元気です。

それぞれ 何かしらの趣味をもち、それを楽しみにし あるいは生きがいとして過ごしていらっしゃいます。素晴らしいことですね。

お口の健康に気をつけ、幸福を感じながら自分らしく生きられる人たちがもっともっと増えますように、お口の健康のサポートを通じてお役に立てればと願っています。

すぎもと歯科では、今年もにぎやかに ハロウィンイベントが始まっています!どうぞご来院の際はお楽しみくださいね♪

使ってみましたフロス!えっ!

皆さんこんにちは。
江南市すぎもと歯科・歯科衛生士の杉本(ま)です。
朝晩は大分涼しくなり随分過ごしやすくなりましたね。気温差に体調を崩さないよう気をつけてお過ごし下さい。

さて本日は、先日担当した患者さんに、とっても嬉しいお言葉を頂いたので報告させて頂きます!
何度か担当させて頂いたことがある方です、
全体的には良くお手入れされているのですが、まだ少し 歯と歯の間には食べかすだったり、歯垢がついていたりしています。
そのため、毎回フロスをオススメしていたのですが『なんか面倒で…』となかなか使っては いただけない様子…

でも検診のたびに〈オススメですよ!〉と言われ『今度こそやってみよう!』とフロスを毎回購入しては みるものの・・・フロスばかりが何個か溜まってしまうという状態だったそうです(笑)
〈家にあるのでしたら使わないと勿体ないですよ!!〉
なんとか使って頂けるように、そして簡単に使えるようにと患者さんの事を思いながらご指導させて頂きました。

そして今回 担当させて頂いた時に ナント!
『この間の衛生士さんですね!フロスやっと使ってみたんです。もうクセになっちゃって!!もうやらないと落ち着かない位です(*゚▽゚*)!』
と言って頂けたのです(^^♪

そうなんです!!フロスの汚れを落とすパワーすごいんです★☆.。.:*・
歯ブラシできれいに寧に磨いているつもりでも、フロスを通すと…あら(・・;) 結構な食べかすがボゴっと出てきます。
歯ブラシだけでは58%だけという結果が・・・限界があるんですね。

フロスを初めて使う方が、いきなり全部の歯と歯の間を手入れしようとすると、奥の方まで手が届かず難しかったり 時間がかかったりして
『あーもう止めたヽ(`Д´)ノ』となってしまいます。

そこでまずは、比較的簡単な下の前歯から始めることをオススメします。

歯の側面にフロスを沿わせて前後に揺らしながら入れます。
歯と歯茎の間まで入れて上下にゆっくり数回動かします。
慣れてきたら歯茎の浅いポケット内にも挿入してみて下さいね。

すぎもと歯科でオススメしているフロスは、唾液に触れるとフロスがスポンジ状に膨らんでくれるので、浅い歯茎の中に入れても痛くないですし、効率的に歯垢の除去が出来ます。
使い方が分からない場合や上手くいかない時は、いつでも遠慮なく歯科衛生士にお尋ね下さいね。

これからも皆さんの生活スタイルに合わせ、一生自分の歯でなんでも食べて頂けるように、皆さんの声によく耳を傾け的確な指導をさせていただけたらと思います。
些細なことでもお気づきな点がございましたら どうぞお申し出くださいますようお願いいたします。

舌の正しい清掃方法とは

皆さん、こんにちは。江南市すぎもと歯科、歯科衛生士の戸谷です。
前回は、下の汚れの原因についてお話しました。
今回は その汚れをどう取るのか?「舌ブラシを使った清掃方法」についてお伝えいたします。

舌磨きは歯磨きとは異なり、細かな溝などもありませんから簡単だと感じるかもしれませんが、舌磨きを正しくできていない人が多いのが現状です。

鏡を見ながら舌を前に突き出し、舌の状態をチェック

舌ブラシを奥に軽く当てていき、手前に優しく動かしていきましょう。ゴシゴシは禁物です!
この時に息を数秒間止めながら行うと、嘔吐反射が出にくくなります。

舌ブラシをきれいに流水で洗い、再度清掃していきます。

何度か繰り返し、ブラシに汚れがつかなくなったら終了です。

使用した舌ブラシはきれいに流水で洗い、風通しの良い場所で清潔に保管しましょう。

注意点
定期的に舌苔を除去することが望ましいのですが、やり過ぎは何事も禁物です。舌を傷つけないよう、1日1回(朝がおすすめ)を上限として、力を入れすぎないよう行いましょう。
また、舌に口内炎や傷があるときには、使用するのをやめましょうね。

舌ブラシで正しくケアして、舌美人になりましょう。

「衛生士の話」〇×クイズ後半

皆さんこんにちは。江南市すぎもと歯科、歯科衛生士の中嶋です。前回更新した、夏祭りでの『衛生士のお話』前半のクイズはもうご覧になられましたでしょうか?

今回は後半のクイズをご紹介しますので、ぜひ皆さんもぜひ挑戦してみてくださいね。

  『歯磨きを毎日していれば定期検診は必要ない』○か×か?

正解は×です。おうちでの歯磨きはもちろん大切ですが、それだけでは不十分です。歯医者さんで専用の器械を使ったお掃除と、フッ素塗布で、むし歯に負けない強い歯にしましょう。

 『自分で上手に磨けても、仕上げ磨きはしてもらった方が良い』 ○か×か?
→正解は○です。大人でも全ての歯を完璧に磨ける人はほとんどいません。小学校3年生までは毎日仕上げ磨きをしてもらいましょう。ただし、高学年になったからといって、自分磨きだけになってしまってはいけません。 1週間に2〜3回は仕上げ磨きをしてもらいましょう。

 『おやつや食事は、少しずつ小分けにして食べるのではなく、しっかりと時間を決めて、その時間以外は食べないようにした方がむし歯になりにくい』○か×か?

→正解は○です。おやつや食事を摂ると、お口の中が酸性状態に傾き、酸性状態が長く続くとむし歯が発生しやすくなります。 唾液には、酸性状態を中性に戻す働きがあり、それを再石灰化といいます。唾液がせっかく中性に戻そうとしているところで間食してしまうと、再石灰化が追いつかずにむし歯ができてしまうのです。
皆さんもおやつや食事はしっかりと時間を決めて、その時間以外は食べないように気をつけましょう。

問 『お酢は体に良い、そして歯にも良い』○か×か?
→正解は×です。お酢には疲労回復効果があり、昔から健康食材として日本の食卓には欠かせない調味料でした。
ただし、お酢に含まれる酸には、歯の表面のエナメル質を溶かしてしまう作用があります。

酸によって溶かされた歯を酸蝕歯といい、冷たいものを飲んだ時や、歯磨きの時にしみるようになります。ただ、酸蝕歯を恐れて酢の物や酢豚を食べないようにする必要はありません。
食事をしっかりと噛んで食べれば唾液が酸を中和してくれます。お酢系のドリンクを飲んだ後は、うがいを忘れずにしましょう!

皆さんクイズは何問正解できましたか? 7問目と8問目は少し難しかったですね。お口の健康のこともよく知って、むし歯に負けない強い歯を作りましょうね!
暑い日が続きますが、ジュースの飲み過ぎも要注意です。 水分補給はお茶やお水にしましょう。 現在、待合室に身近な飲み物の砂糖の量がわかる展示物がありますので、ご来院の際はぜひご覧くださいね!

夏祭り「衛生士の話」〇×クイズ

皆さんこんにちは!江南市すぎもと歯科、歯科衛生士の山本です!

先日すぎもと歯科では毎年恒例の夏祭り2021」を開催致しました。暑い中、夏祭りに参加して頂いた皆さんありがとうございました。
そして毎回 皆さんが楽しみにしていてくれるのが「衛生士のお話」です!

すぎもと歯科のイベントは、楽しく遊んでいただくことももちろんですが、遊びを通してお口の健康について正しい知識を持っていただけるような取り組みも行っています。

今回は、皆さんに歯と口に関する⚪︎×クイズに参加して頂きました。

大きな声を出して元気に!とはいかない今、〇×の札を上げて答えていただきました。この「衛生士のページ」でも問題をご紹介致しますので、参加いただけなかった皆さんも挑戦してみて下さいネ

 『子供の歯は全部で20本ある』⚪︎か×か?
→正解は⚪︎です。子供の歯は全部で20本、大人の歯は全部で28本あります。

 『歯磨きの後はしっかりと口をすすいだ方がよい』 ⚪︎か×か?
→正解は×です。たくさんうがいをしてしまうと、歯磨き粉の中に含まれるフッ素も一緒に流れてしまいます。特に寝る前の歯磨きでは、うがいを少なめにし、フッ素をお口の中に残すと虫歯予防に効果的です。

『姿勢が悪いと歯並びも悪くなる』  ⚪︎か×か?
→正解は⚪︎です。
頬杖をついたり、背筋が曲がっていたりすると悪い歯並びに繋がります。ご飯を食べる時も、しっかりと床に足の裏をつけて背筋を伸ばし、よく噛んで食べましょう。

 

『一度治療した歯は二度と虫歯にはならない』 ⚪︎か×か?
→正解は×です。一度治療した歯でも、再び虫歯になることはあります。銀歯や詰め物の隙間からバイ菌が入りやすくなってしまうからです。虫歯を繰り返さないためにも、毎日の歯磨きをしっかりと行いましょう。

衛生士のお話が終わった後に「僕ね、全問正解だったよ!」とこっそり教えに来てくれたお子さんがいらっしゃり、とても頼もしくそして微笑ましく思いました。
⚪︎×クイズの後半の問題は、また次回ご紹介致しますので、楽しみにお待ちください!

バックナンバー

すぎもと歯科

Tel.0587-54-0348

〒483-8334 愛知県江南市前飛保町緑ヶ丘290

院長 : 杉本 英之

初めての方、急患は予約外でも受けていますが
歯科医師・スタッフの都合もありますので必ず
お電話の上ご来院ください

周辺地図

すぎもと歯科 外観

  時間帯
午前 9:00~12:00
午後 3:00~6:30

休診日 木曜・日曜・祝日 祝日のある週の木曜日は診療
土曜日の午後は2:00~4:30

はじめての方・矯正相談は必ずお電話の上ご来院ください。

トップへ戻る