歯科衛生士のブログ

ブログ 歯科衛生士のページ 知っておきたい歯の話

お子さんに多い”歯のケガ”とは

こんにちは!江南市すぎもと歯科、歯科衛生士の奥村です。
もうすぐ新年度を迎えますね!気持ちを新たに元気に過ごしていきましょう!

さて、今日は、転んだ!ぶつけた!などお子さんの歯のケガについてのお話をします。

歯のケガの原因の第一位は”転倒つまり、転んで歯をケガするお子さんが多いのです。
実際すぎもと歯科にも、転んで前歯をぶつけてしまって、、と言って来院されるお子さんが多くいらっしゃいます。

歯をケガすることの多い年齢は、乳歯では1〜3歳、永久歯では7〜9歳。
受傷頻度は永久歯では男の子の方が女の子の約2倍高いと言われています。

最もケガが多いのは、乳歯永久歯ともに上の前歯です。出っ歯の子ほどケガの頻度が高いようです。
もし、転んで歯をぶつけてしまったら、速やかに歯科医院を受診してください。

出血や痛みがなくても、歯をぶつけた時には歯そのものへのダメージと、歯の周りの組織や顎の骨へのダメージも考えられます。ぶつけた歯が欠けたり、グラグラになっていなくても、見えないところで悪くなっている可能性があるのです。
あとになって痛みが生じたり、歯の色が黒ずんでくるなどの症状が出てくる場合もあります。

歯が折れた、欠けた、抜けたという場合は、牛乳に入れるなどをして乾燥を防ぎ歯科医院にお持ちください。
お子さんの様子を見て、頭部や全身に症状があるようでしたら、先に医科を受診してくださいね。

バックナンバー

すぎもと歯科

Tel.0587-54-0348

〒483-8334 愛知県江南市前飛保町緑ヶ丘290

院長 : 杉本 英之

初めての方、急患は予約外でも受けていますが
歯科医師・スタッフの都合もありますので必ず
お電話の上ご来院ください

周辺地図

すぎもと歯科 外観

  時間帯
午前 9:00~12:00
午後 3:00~6:30

休診日 木曜・日曜・祝日 祝日のある週の木曜日は診療
土曜日の午後は2:00~4:30

はじめての方・矯正相談は必ずお電話の上ご来院ください。

トップへ戻る