歯科衛生士のブログ

ブログ 歯科衛生士のページ 知っておきたい歯の話

健康クイズ*回答と解説です

皆さんこんにちは。江南市すぎもと歯科、歯科衛生士の小酒井です。

すぎもと歯科では6月1日から9日まで『歯と口の健康週間』のイベントで、お口の健康に関するクイズを来院された皆様に挑戦して頂きました。
今回はクイズの回答解説キラキラ デコメ絵文字をお伝えしますキラキラ デコメ絵文字
 
家族で同じコップを使ってお茶を飲んでも問題ない?→(×)
むし歯や歯周病は感染症です。生まれた時にはお口に菌はいませんが、回し飲みや食器の使い回し、キスやくしゃみなどで人から人へと移ります。菌の侵入を防ぐために専用の食器を使い、定期検診で菌の繁殖を防ぎましょう!
 
2大人も子供も一口で30回位噛むことが体の健康につながる→(○)
よく噛むことで脳の活性化と発育を助け、高齢者では認知症の予防につながります。また満腹感が得られ肥満防止にもなります。成長期のお子さんは顎の発育も促され、きれいな歯並びにつながります。
 
3キシリトール配合のものなら、どれもむし歯を作らないので安心だ→(×)
キシリトールは砂糖と違いむし歯の原因になる酸を作りませんが、キシリトール配合が50%以下では効果が期待できませんので注意が必要です。
むし歯菌を抑制できるのは、キシリトールが100%のものだけです!

歯ブラシの交換は、1ヶ月に1度くらいは必要だ→(○)
目安としては、1日3回の歯磨きで1ヶ月に1度は交換するのが理想です。
毛先のコシがなくなり清掃効果が落ちることや、雑菌が付着して不潔にもなりますので、月に1回は交換するようにしましょう!

5コーヒー、紅茶などの着色汚れがつかないようにするには、たっぷりの歯磨き剤を付け、力を入れて磨くとよい→(×)
ゴシゴシと力を入れて磨くと歯に傷がつき逆に着色しやすくなります。また、歯磨き剤をたくさんつけると爽快感があり、磨けてなくても磨いた気分になってしまい、歯磨きがおろそかになってしまうことがあります。
歯磨き剤は歯ブラシの先にほんの少しだけつけて、優しく磨きましょう!(前歯表面の着色は検診時にきれいにしますのでお申し付けください)
 
いかがでしたか?今回のクイズを通して、皆さんにお口の健康に対する興味を持って頂けると嬉しいです。
キラキラ デコメ絵文字お子さん向け問題の回答・解説は、小児歯科サイト「カムカムイベント」のページにあります。是非合わせてご確認下さい、大人の方にも知っていていただきたい内容ですキラキラ デコメ絵文字
全問正解された方の中から、抽選でダブル賞も準備しております。
当選者の発表は20日です、お楽しみにキラキラ デコメ絵文字

バックナンバー

すぎもと歯科

Tel.0587-54-0348

〒483-8334 愛知県江南市前飛保町緑ヶ丘290

院長 : 杉本 英之

初めての方、急患は予約外でも受けていますが
歯科医師・スタッフの都合もありますので必ず
お電話の上ご来院ください

周辺地図

すぎもと歯科 外観

  時間帯
午前 9:00~12:00
午後 3:00~6:30

休診日 木曜・日曜・祝日 祝日のある週の木曜日は診療
土曜日の午後は2:00~4:30

はじめての方・矯正相談は必ずお電話の上ご来院ください。

トップへ戻る