歯科衛生士のブログ

ブログ 歯科衛生士のページ 知っておきたい歯の話

上手な水分補給とは、

こんにちは、江南市すぎもと歯科・歯科衛生士の杉本です。
記録的な猛暑のなか、皆様いかがお過ごしですか?
熱中症で搬送された方もまた記録的な人数のようですね救急車 デコメ絵文字
熱中症予防には水分補給が大事ですが、水分補給と言うとスポーツドリンク飲み物 デコメ絵文字を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?
今日は、上手な「水分補給梅雨 デコメ絵文字についてお話しします!

スイカ デコメ絵文字まず、熱中症の症状は?
初期症状はなんとなく気分が悪い、ボーッとする、筋肉がつるなどです。すぐに涼しい場所に移動して、体を冷やしながら水分補給をします。
頭痛・吐き気・失神などは中等症の症状となりますので、すぐに医療機関を受診しましょう!

スイカ デコメ絵文字予防には水分補給!
喉が渇いた・・と思ってから、水分を取るのでは遅い場合もあります。こまめに定期的に水分補給記号 デコメ絵文字することが大事です。

スイカ デコメ絵文字スポーツドリンクが効果的??
急激に失われた水分と塩分を補給することは大切です。
しかし、スポーツドリンクには水分と塩分だけでなく、500mlあたり30g前後の糖分が入っています。角砂糖8個分、細いスティックシュガーですと10本分にも相当する糖分が入っています記号 びっくり デコメ絵文字
スポーツドリンクは砂糖が問題ということになりますが、それだけではありません!
pHも問題になってきます。歯の表面のエナメル質は硬くて丈夫ですが、酸にはとても弱いのです。pHが低いほど、つまり口の中が酸性になる程、歯の表面の硬いエナメル質が溶けやすくなります。
pH5.5以下で歯が溶け始めますが、スポーツドリンクのpHは3.5です!食酢が3ですので、比較してもかなり低いことがお分かりですね!
その他、お茶などを除き、ほとんどの清涼飲料水はpHが低く、果汁100%で3~4、乳酸菌飲料も同様、コーラはpH2.2~3です。
またアルカリイオン飲料と書いてあっても酸性ですので気をつけてください。

そのような糖分が多く・pHが低い飲み物でこまめに水分をとる、つまりダラダラと飲むことは、歯へのダメージが大きすぎますキケン デコメ絵文字
スイカ デコメ絵文字歯にも優しい水分補給とは?
熱中症予防には水分と塩分と言われますが、日頃健康で普通に汗をかく場合は水だけで十分です。 通常の食事には十分な塩分が入っています。
しかし普段よりも多量の発汗がある場合は、塩分も一緒に取ることが必要となります!
今年のような暑い夏は、朝の味噌汁をしっかり飲むことをお薦めします。

嘔吐や下痢症で、一時的に食事が取れない時や、熱中症の症状が出た場合などの応急処置としての経口補水液(スポーツドリンク)と、日常健康なときの水分補給とは明確に区別して考えていただくと良いですね!
暑い夏、熱中症予防には「麦茶」か「水」が一番です

バックナンバー

すぎもと歯科

Tel.0587-54-0348

〒483-8334 愛知県江南市前飛保町緑ヶ丘290

院長 : 杉本 英之

初めての方、急患は予約外でも受けていますが
歯科医師・スタッフの都合もありますので必ず
お電話の上ご来院ください

周辺地図

すぎもと歯科 外観

  時間帯
午前 9:00~12:00
午後 3:00~6:30

休診日 木曜・日曜・祝日 祝日のある週の木曜日は診療
土曜日の午後は2:00~4:30

はじめての方・矯正相談は必ずお電話の上ご来院ください。

トップへ戻る