歯科衛生士のブログ

ブログ 歯科衛生士のページ 知っておきたい歯の話

「手足口病」にご注意ください!

皆さんこんにちは。江南市すぎもと歯科、歯科衛生士の小酒井です。
ここ数日、急に夏らしくなってきましたね。暑い日が続きますので、皆さん熱中症にはお気をつけください

さて、今回は夏季に流行する『手足口病』についてお話し致します。
先日愛知県に『手足口病警報』が発令されました。
その名のとおり、お口にも発疹ができるため、口内炎??と歯科にお問い合わせをいただくことが時々ありますが、手足口病とは7月にピークを迎えるウイルス性の感性症です。
患者のほとんどは小児で、5歳未満の小児が80%を占めますが、まれに大人にも感染します。

*原因ウイルスは「エンテロウイルス」と「コクサッキーウイルス」で、他にも複数の種類があるので何度もかかる可能性もあるそうです。

*症状としては、口の中の粘膜や手のひら、足の裏などに水疱性の発疹が現れて1〜3日間発熱することがあります。
手足口病の発疹は、痛みやかゆみを伴わないことがほとんどだそうですが、口の中の水疱が潰れた後にできる潰瘍には痛みを伴うことがあり、食事や飲み物を受け付けなくなることから『脱水症状』を引き起こすこともあるそうです。
手足口病に対する特効薬はありませんが、小児科や内科で、口の中の痛みを和らげるための鎮痛薬や粘膜保護剤の軟膏を処方されることもあります。
オレンジジュースなどの刺激のあるものは避け、麦茶や牛乳、冷めたスープなどがお勧めです。

*感染経路、手足口病は くしゃみなどの際に出る飛沫によって感染する『飛沫感染』と、舐めて唾液や鼻水がついたおもちゃの貸し借りなど、手が触れることで感染する『接触感染』が主な経路です。
また、回復後も口(呼吸器)から1〜2週間、便から2〜4週間にわたってウイルスが排泄されるので、おむつなどの交換後に汚染された手指を介して感染が広がります。
手洗いうがいや手指消毒を徹底して、感染しないよう、また感染を広げないよう注意しましょう!

バックナンバー

すぎもと歯科

Tel.0587-54-0348

〒483-8334 愛知県江南市前飛保町緑ヶ丘290

院長 : 杉本 英之

初めての方、急患は予約外でも受けていますが
歯科医師・スタッフの都合もありますので必ず
お電話の上ご来院ください

周辺地図

すぎもと歯科 外観

  時間帯
午前 9:00~12:00
午後 3:00~6:30

休診日 木曜・日曜・祝日 祝日のある週の木曜日は診療
土曜日の午後は2:00~4:30

はじめての方・矯正相談は必ずお電話の上ご来院ください。

トップへ戻る