託児ルームのブログ

赤ちゃん歯科『もぐもぐくらぶ』ブログ もぐもぐ日記

梅雨・夏に注意が必要な病気!

こんにちは、江南市すぎもと歯科です。
梅雨に入り、湿度が高く蒸し暑く憂鬱な毎日になりますね。
6月も中旬になると、夏本番になる前から夏日が続いたり暑い日が多くなり、大人でも体調管理が難しい時期です。お子さんだったらなおのことです!

梅雨時に起こりやすいお子さんの体調不良
めまいや体のだるさや吐き気などの症状があれば熱中症が疑われます
熱中症というと、もっと暑い夏になってからのものと思われがちですが、真夏のような気温でなくとも、湿度が高いと汗をかく原因となり、意外に体の水分が失われます。
お子さんが十分に水分をとっているかどうか注意が必要です。

梅雨時にお子さんがかかりやすい病気
細菌による下痢や嘔吐といった感染性胃腸炎
梅雨特有の湿気の高さは、細菌にとっては 繁殖しやすい時期です、
胃腸炎には、細菌性とウイルス性のものがありますが、ウイルス性胃腸炎は冬に多いのに対して、梅雨・夏の時期は細菌性の胃腸炎に気を付ける必要があります。
下痢といっても原因はさまざまで、原因が判断しにくいことも多いと思います。
普段に比べなんとなく不機嫌だったり、さっきまでは元気だったのに、突然嘔吐することも珍しくありません。
乳幼児は下痢も重症化しやすいので注意が必要です。

梅雨の時期に怖いのが食中毒。
子供や高齢者など抵抗力の低い人がいる家庭では、食中毒はとても怖い病気です。

食材や・調理器具の衛生に充分に注意を払い、お口に入れるものを清潔に、そして食後はお口の中を清潔にして、規則正しい毎日を過ごし、梅雨の季節、暑い夏も元気に過ごしましょう!

 

 

親の過保護はキケン!?

新学期が始まり、子どもたちも新しい環境に少し慣れてきた頃かと思いますが、いかがでしょうか?

最近「ヘリコプターペアレント」という言葉を聞くようになりましが、ご存知ですか。
それは『まるで空を細かな動きで旋回するヘリコプターのように子どもを常に観察し続ける親』のことを言うそうです。
つまり、過保護・過干渉・過管理と言われる行為をする親の事です。
*子どもの生活を管理しすぎる
*子どものことに首を突っ込みすぎる
*子どものすることを見守りすぎる 

でも子どもへのきめ細やかな愛情を注ぐことが、なぜいけないの?と思う方もいらしゃると思います。

確かに、これまでの子育て心理学者の意見などでは、多少、過保護であっても、それは温かい愛情ゆえのことで 決して悪い結果にはならないのでは・・・という見方もありました。
しかし、最近の研究では、そういった意見も否定されています!
過保護は、虐待などと同様に、将来的ないじめのリスクを高めてしまうことが分かっているのです。守りたい我が子を結果的に守ってあげられないのが「過保護」だといいますびっくりマァク(ケアベア) デコメ絵文字

親が過保護になってしまう背景には、
「子供にイヤな思いをさせたくない」
「辛い思いをさせたくない」
「不安な気持ちになってほしくない」
という思いがあるからですね。そのために先回りをして色々と手を出し、口を出してしまうことで過保護が発生してしまうのです。
たとえば歯科治療においても、
・小学生なのに本人にはやらせないで、すべて磨いてあげているお母さん
・一人で座らせないで、お母さんが抱っこして一緒に座る小学1年生のお母さん  など・・・
お子さんは自ら乗り越えることで「自分力」がついていくと言われます。
負の体験を通して、一回りずつ成長していくものです。
何本もの虫歯治療を、泣きながらも受け 終わった後の誇らしげな顔を何度も目にしています『僕頑張った!』大きな自信になったのです合格やったあ デコメ絵文字
託児ルームでも、お母さんと分かれてからずっとドアに張り付いて泣きじゃくっていたお子さんが、ある日からちゃんと楽しく遊んで待てるようになったり・・・
もうすぐ「こどもの日こいのぼり デコメ絵文字です。子どもたちには皆、素晴らしい未来が広がっています。
可愛い子には旅・・強くたくましく育っていって欲しいですねビックリ デコメ絵文字

 
  

 

お子さんの風邪をうつされないために・・

江南市すぎもと歯科・歯科衛生士の杉本です。
東京での大雪のニュース驚かされましたね、
さらに全国的に強い寒波がやってくるとのことです、暖かくして過ごしましょう!
さて寒さの中「風邪」特に「インフルエンザ」も猛威をふるい、学級閉鎖も出てきているようです。

すぎもと歯科でも、このところ『子どもがインフルエンザにかかってしまって・・・』また『子どものインフルエンザをうつされたみたいで・・・』などの理由で、予約の取り直しのお電話をいただくことが出てきました。
つらいですね゚(゚´Д`゚)゚どうぞお大事になさって下さい・・。

子どもが風邪をひいてしまうと、決まって自分もうつされてしまう・・
しっかり看病をしてあげたいのに、自分も体調を悪くしてしまった・・・そんなことになったら大変ですね。
お子さんが風邪をひいた時、自分や家族にうつさないようにしっかり対策をたてながら お子さんの看病をしてあげて下さい!

ほとんどのお母さんは、お子さんが風邪をひくと気がつかないうちにそのウィルスをもらってしまっています。
例えば、お子さんにと作ったお粥を体調悪く食欲も落ちたお子さんが残してしまう・・・するともったいないからと、残ったものはお母さんが口にする。
病人が口にしたものはもちろん、口をつけてなくても咳やくしゃみが飛んできて、ウィルスが入っていることが多いため、お母さんの体内にもウィルスが入り込んでしまうのです
更に小さいお子さんですと添い寝をすることもあると思いますが、汗や鼻水が付いたタオルや下着などにもウィルスが付着している可能性があります。吸い込まないようマスクをきちんとしましょう。病人のお洗濯ものをする時も、マスクを忘れずに着用することを忘れずに!

お母さん自身も、心労や看病疲れから抵抗力が落ちていることもあります。
しっかりと栄養補給もし、うがい・手洗い・歯磨きをていねいに行い、ウィルスの侵入を阻止する!ということをしっかりと意識して看病してあげてください

クリスマス♪サンタの絵本

こんにちは 江南市すぎもと歯科・歯科衛生士の杉本(ま)です。
街灯のクリスマスイルミネーションクリスマスカラーのキラキラ デコメ絵文字がにぎやかな季節ですね!
クリスマスと聞くだけで大人の私でもそわそわするのですが子供たちにとってはきっとクリスマスの日まで、わくわくが止まらない日を過ごしているんでしょうねクリスマス*靴下 デコメ絵文字

すぎもと歯科でも毎年院長が担当でキラキラ(ディズニー) デコメ絵文字を設置します、今年は新しく造ったカルテ室にも飾りました、外から見るときれいです。
医院前を夜通りかかったら見上げてみてくださいクリスマス デコメ絵文字

そして、こちらも毎年この時期行うことで、小児待合室ににちなんだ絵本を並べましたクリスマスカラー音符 デコメ絵文字
前から読んでも後ろから読んでも楽しい絵本や、心がほんわか優しいストーリの本などなど・・・。

サンタさんサンタクロース デコメ絵文字は今どこにいるのかな?自分のところにも来てくれるのかな?
親子で楽しみながら温かい気持ちになって下さいね!

託児ルームご利用の皆様から☆

朝晩は特にすっかり冷え込むようになってきましたね
でも子どもたちは、そんな事はお構いなしに元気いっぱいで託児ルームでの時間を過ごしてくれていますハート デコメ絵文字
今日は託児ルームをご利用いただいていますお母さん方からの声キラキラハート デコメ絵文字をご紹介させていただきます。

ハート デコメ絵文字治療はていねいでわかりやすく説明してもらい良かった。託児があるのが本当に嬉しかった。託児の保育士さんが優しくて子供も嬉しそうでした。

乙女なハート デコメ絵文字託児ルームの保育士さんが、いつもニコニコしていて子どもを安心して預けられました。おかげで治療もリラックスして受けられました。

ハート デコメ絵文字子どもを預かっていただけたので、安心して通えました。

ハート デコメ絵文字可愛い託児ルームがあり子どもを安心して預けて治療が受けられ良かったです。歯医者嫌いでしたが、保育士さんはじめスタッフの皆さんの笑顔で安心して治療できました。

ハート デコメ絵文字おもちゃもいっぱいの託児の部屋があって、子どもも安心して預けられました。みなさんとても優しくて治療も苦痛ではなかったです。

ハート デコメ絵文字子共と一緒に通うことができ、気持ちよく治療を受けることができました。ありがとうございました。

ハート デコメ絵文字無料の託児がありとても助かりました。子どもも初めての日は不安そうでしたが、2回目からは楽しんでいました、ありがたかったです。

秋に気をつけたい子供の病気

こんにちは、すぎもと歯科歯科衛生士の杉本です。
日中はまだまだ暑いものの、朝晩はすっかり涼しくなりもすぐそこまで来ていますね。
でも油断禁物なのです!にはで流行する病気があります。
特に季節の変わり目で朝夕の冷え込みに体のバランスを崩しやすい時期だからです!

秋に流行する病気・・・
これからの時期、気温と湿度が低下してくるためウィルスが活発に活動を始めます。
インフルエンザウィルスノロウィルスなどが秋に流行するのはそのためです。

食中毒・・・
食中毒
は夏に多いイメージがありますね、しかし実際に最も多いのは10月頃だそうです!
運動会や行楽など屋外で食事をする機会が増えることや、夏の疲れが残っていて免疫力が低下していることなどが原因とのことです!

過ごしやすくはなりますが、油断せず手洗いやうがいを徹底規則正しい毎日を過ごしましょうびっくり デコメ絵文字
特に免疫力の低いお子さんや高齢者は、重症化しやすいとのことですので十分に注意をして、実りの秋秋のフルーツ デコメ絵文字・芸術の秋秋の並木道 デコメ絵文字・スポーツの秋スポーツ デコメ絵文字・それぞれに素敵なを満喫してくださいね秋 デコメ絵文字

 

夏に気をつけたい子供の感染症

こんにちはなんか可愛いお花 デコメ絵文字 江南市すぎもと歯科・杉本です。
 東海地方もついに梅雨入りとのことですね梅雨 デコメ絵文字
お洗濯物が乾かない・ジメジメするてるてる坊主 梅雨 デコメ絵文字など何かとマイナスイメージのこの時期ですが、雨に濡れた木々の緑が鮮やかですみどりのほし デコメ絵文字
しかし蒸し暑さを増すこれから夏に向けては、小さいお子さんの感染症には特に注意が必要になってきます。
今日は 夏場に流行する夏風邪のひとつとして知られる手足口病についてお話します。
発症するのは一般的に5歳以下の幼児に多く、保育園など幼児が集まる場所で集団感染することがあります。

症状としては
最初に出る症状は口の中の痛みです、そして病名通り、手 デコメ絵文字・足足 デコメ絵文字・口口 デコメ絵文字に米粒くらいの水疱性の発疹ができます。
小さいお子さんの場合は、ひじ・ひざ・おしりなどにもできることがあるようです。
発疹は水疱状ですが、やがて破れて潰瘍になり痛がゆくなってきます。
特にお口の中にできると、痛みで食事が摂りづらくなったり、脱水症状を起こしやすくなります。

原因は
複数のウイルスの感染によるもので、一度かかったら大丈夫、という病気ではありません。
感染経路は、風邪と同じように鼻汁・唾液などから感染します。また、便からも感染しますので、お子さんの手をよく洗うことも大切です手洗い デコメ絵文字
お母様は気をつけてあげてください。

治療
お口の中にできものができますので、口内炎と思って歯科医院に来院される方が時々いらっしゃいますが、小児科を必ず受診してください。

潜伏期間はウイルス感染から3~5日程度で、多くは自然に治りますが、まれに髄膜炎、脳炎などの中枢神経系合併症を起こすこともあるため、初期症状を見逃さないことが大切です! 注意マーク デコメ絵文字

お口の痛みのために食事がとれない場合は脱水症状を起こしやすくなりますので、刺激が少なくのどごしの良い食事内容にし、また水分補給を十分に行うよう気をつけてあげて下さい

健やかな成長を願って

5月5日こどもの日 託児ルームにも、鯉のぼりが飾られていますが、
毎年すぎもと歯科・では、来院してくださった子どもたちの顔をウロコに見立てた大きな鯉のぼりを作ります。
そして、今年も元気いっぱいの素晴らしい鯉のぼりができました。託児ルームから帰るとき、小さなお友だちも『あっ!』と声を出し、指差してくれていますヨ

「鯉のぼり」は、江戸時代に町人階層から生まれた節句飾りです。
は清流はもちろん、池や沼でも生息することができる、非常に生命力の強い魚なのです。

その鯉が急流をさかのぼり、竜門という滝を登ると竜になって天に登るという中国の伝説があります。
それが登竜門という言葉の由来だそうですが、子どもがどんな厳しい環境にも耐えて立派な人になるようにとの立身出世を願う飾りです。

また、こどもの日によく食べるものに「柏餅」がありますが、柏餅に巻いてある葉の柏の木は、次の新しい芽が出ない限りは、古い葉が落ちずにつき続けているそうなのです。
それが「家の系統が絶えない」という縁起担ぎとなり、柏の葉で包んだお餅を食べるようになったということですよ。

子どもの無事な成長を願う親の気持ちは、いつの時代も変わりなく強いものなのですね

春✿体調管理に気をつけて、

新年度が始まりましたね春 デコメ絵文字
この春入園・入学をされる皆さん、おめでとうございます入学 デコメ絵文字
すぎもと歯科、カムカムクラブでも、毎年新入学のお子さんにお祝いをさせていただいていますが、大きなランドセルランドセル デコメ絵文字を背負って学校へ行く日をどの子も心待ちにしているようです

ただ、保育園や幼稚園の入園の時期は、人から人にうつる病気にかかりやすい時です病気 デコメ絵文字
 まだ1日の気温差が激しいために体調を崩しやすいことに加えて、入園や進級などによる環境・生活の変化でも、疲れが出たりすることがあります。

さらに、 集団生活の中で病気をもらう機会も多くなります。
はしか(麻しん)や風しん、水ぼうそうなど、集団感染しやすい病気には注意が必要です。鼻水や発熱などの初期症状を見逃さないようにしましょう。
規則正しい生活を心がけてください。
そして、仕上げ磨きなどをスキンシップの大切な時間にしていただき、ちょっとした変化にも気付いてあげられると良いと思います。
 

 

子ども達の素敵な作品紹介★

こんにちは!江南市すぎもと歯科・託児ルーム担当保育士、杉本です☆
あっという間の3月“年度末”になりました!ぜひこの1年のお子さんたちの成長を振り返ってみてください
できるようになったこと、もう少し頑張りたいことを確認してまた新しい1年につなげていきたいですね。

さて、新しい一年に向けて生活習慣を確認することが多くなるこの時期は、周りの友達と比べてしまったり「できる」「できない」で判断するあまり、お子さんに対してあせる気持ちが出てしまうこともありますよね。
あせる気持ちがプレッシャーを与えてしまうことにもつながります。

まずは、今できるようになっていることを認めてあげましょう。
「すごいね」「えらいね」も褒め言葉ですが、子どもにはなかなかピンときません。
お子さん自身ができるようになったことをできるだけ具体的に伝えてあげるのがポイントです。
その頑張った過程も一緒に認めてあげるとより効果的ですね。

新しい一年のスタートが気持ちよく切れるように私も応援しています(*^。^*)
さて、今日は最後に託児ルームに遊びに来てくれるお友達が作ってくれた“壊してしまうの がもったいない!”
…そんな素敵な作品をいくつか紹介したいと思います♪

ときめく言葉..「ありがとう」

こんにちは!江南市すぎもと歯科・託児ルーム担当保育士、杉本です♪
毎日寒い日が続いていますね(^_^;)皆さん体調の方、崩されていませんか?
インフルエンザも流行しているようです。手洗い、うがい、そして、疲れをためないようにしてこの冬を乗り越えましょう(*^。^*)
 
さて、先日子どもが学校でもらったプリントに「子どもたちが“ときめく言葉”とは?」という中学生対象に行ったアンケート結果が載っていました。
“好きな言葉”“日常言いた い言葉”“日常言われたい言葉”の三項目、一位はどの項目、男女とも同じ言葉でした。何だと思いますか?

それは…… 『ありがとう』でした(*^。^*)♪ありがとう37
 
「すごいね」「がんばったね」などの褒める言葉を抑えての堂々の一位。
”言いたい言葉”も一位というのも素敵だなと思いましたありがとう デコメ絵文字
 
「ありがとう」は自分本位ではなかなか出ない言葉です。
どんなことも“○○してくれた!”と受け止められるとどんなことでも「ありがとういつもありがとう(*人´∀`) デコメ絵文字になると思います。
 
ありがとうuお父さんが仕事に行ってくれることに感謝。
子どもたちが今日も元気に学校に行ってくれることに感謝。
家族みんなで笑いあえることに感謝。
「ありがとう」は日常にたくさん隠れています。
 
そして、それは思っているだけでは伝わりません。
言葉に出していくことで、初めて相手に伝わります。
そして、その「ありがとう」は家族の日常の活力につながります。
もっとママのことお手伝いしてあげたい、家族のために仕事頑張るぞ!…なんてお母さん大助かりですよね。
ぜひお母さんからたくさんの「ありがとうありがとう デコメ絵文字を家族に降り注いであげてくださいね(*^。^*)

手作りおもちゃのご紹介☆

こんにちは!江南市すぎもと歯科・託児ルーム担当保育士、杉本です♪
新しい一年が始まりましたね(*^。^*)
私が託児ルームに来させていただくようになり7年目に入ります。
今までの経験を生かし、そして、気を抜くことのないよう安全に楽しくお預かりできるよう日々頑張っていきたいと思います。

さて、今回は前回の託児ルームのおもちゃの模様替えの続きです
少し手を加えた手作りおもちゃをご紹介します

DSC_1075 (640x539)DSC_1097 (640x587)まず、男女年齢問わず大人気のチェーンですが、数を増やしたのにはわけがあります。
ままごとで使うにはちょうどいい量だったのですが、ままごと以外の遊びにも使いたい子がいても量が少ないと分けてあげることができなかったからです。
量を増やすことで“半分こ”もスムーズにできるようになりました。

そして、ままごと以外の遊び方
DSC_1138 (640x600)DSC_1155 (640x575)工事車両のおもちゃと組み合わせて、荷物の積み下ろしごっこ。車が好きなお友達は紹介するとみんな楽しんでくれます。

以前、海苔の空き容器で作ったカード入れ遊び(2016年6月のブログを参照ください)にチェーンも入れたいお友達がいたので、ふたに“切り口を丸くしたもの”も追加し、チェーンを入れて遊べるようにしました。
この穴の大きさは、アンパンマン指人形も入るサイズにしたのでアンパンマン人形入れ楽しんでくれます。 チェーンの色も増えたことで、ジュース屋さんごっこや色分けごっこなど遊びに幅が出ました。

DSC_1224 (640x581)そして、みんな大好きマグネット
マグネットを容器に入れるのが楽しいようなので、今までマグネットがついていなかった物の名前カードにもマグネットを付けました。
言葉を覚え始めのお子さんは知ってる名前の物を指さしで教えてくれるのが大好き。
DSC_1226 (640x640)マグネットの名前を言いながら一つずつ容器に入れていく遊びも大好きです。 全部を容器に入れるとみんな大満足です(#^.^#)

これからもお子さんの様子を見ながら成長に合わせたおもちゃを考えていけたらと思っています。 今年も一年どうぞよろしくお願いします

「おもちゃたち」も大掃除♪

こんにちは!江南市すぎもと歯科・託児ルーム担当保育士、杉本ですクリスマスツリー デコメ絵文字
あっという間の12月ですね(^_^;)
クリスマス、大掃除、年末年始の準備など慌ただしい時期ですが、一つ一つの行事を楽しんで過ごしていきたいと思います(*^。^*)
さて、12月は大掃除とい うことで、託児ルームも前々からやりたかったおもちゃの仕分けを行いましたクリスマス デコメ絵文字
託児ルームは首が座ったばかりのお友達から就学前までのお友達まで…幅広い年齢のお友達が来てくれるので色んな種類のおもちゃをそろえていますかわいい デコメ絵文字
しかし、お友達とお友達の入れ替わりの時間におもちゃが混ざってしまい部屋が雑然としてしまうのが悩みでした(´-ω-`)
DSC_1121 (800x450)今回、おもちゃを種類別に細かく箱で仕分けすることでお子さんに合わせておもちゃを出せるようにしました。
遊びたいものが決まったら使わない箱はさりげなく片づけることができ、興味を持った遊びを遊び込めるように環境を整えやすくなりましたクリスマスカラー音符 デコメ絵文字
そして、ひとつひとつの遊びが広がるように数やグッズも増やしました。
色んな遊びができる大人気のチェーンの量は2倍に…DSC_1112 (800x454)
ままごとの食べものの数を増やし、お弁当作りやお出かけごっこ、着せ替えなどごっこ遊びが広がるようにしました。
や電車も種類ごとに箱を分け、好きな種類だけを出せるようにしました。

DSC_1122 (800x434)たくさんおもちゃがあることで目移りしてしまう悩みも解決!
箱が増えたことで片づけも楽になりました
お子さんたちの人数と年齢に合わせたおもちゃを出して落ち着いて遊べる環境を整えていこうと思いますクリスマスハート デコメ絵文字
手作りおもちゃも少しリニューアルしたので、また、次回紹介させていただこうと思います。
そして、今、お友達のブロックやマグフォーマーで作った素敵な作品も少しずつ写真に収めています。それ もまたの機会に(*^。^*)

今年もたくさんのお友達が託児ルームに遊びに来てくれて、たくさんの笑顔を見せてくれました
来年も安心して預けていただける、お子さんに楽しみに来ていただける託児ルームを目指して頑張っていきたいと思います

本の紹介「センスのいい子の育て方」

こんにちは!江南市 すぎもと歯科・託児ルーム担当保育士、杉本です
朝晩急に冷え込むようになりましたね…冬支度に慌てている毎日です(^_^;)
風邪にインフルエンザにと心配事が増える季節ですが、一番の予防は手洗い、うがい、疲れをためないこと☆頑張って乗り切りましょうね!

さて、読書の秋ということで、先回はお子さん向けの絵本を紹介させていただいたのですが、今回は大人向けの本を紹介します

宮崎祥子 作 “「センスのいい子」の育て方”です。本2 (493x627)
作者の方は子育て中のライターさん(2008年初版当時です)。

この本は、よくある子育て本のように「こうすると頭がよくなりますよ」「こんな言葉はかけてはいけません」といった育児の教科書のような内容ではなく、常識を持った大人になるように…こんな風に人と関わるとうまくいくんだよ…というような内面の子育てが書かれています。

項目をいくつか紹介しますね。

・いただきます、ごちそうさまDSC_1044 (800x575)
・感情を言葉にできる
・場の空気を感じられる
・ほめ上手、ほめられ上手
・チャーミングな笑顔
・お願い上手
・ま、いいか!
・おたがいさま
・楽しみを見つけられる

項目だけ聞いても内容の雰囲気が伝わりませんか?

こんな風に声をかけると相手にうまく伝わるよ、こんな風に気持ちを切り替えるんだよ、
マナーや身だしなみ、あいさつはしっかりできるようにしていこうね…といったことが温かい言い回しで書かれています。
ちなみに雅姫さん(ライフスタイルの本をたくさ ん出されている方です。)の帯がついています。

「もっと早く出逢いたかった やさしい言葉がここにあります。きっと素敵な大人になるための大切なルール、そして自分自身を育てる、そんな本です。」
私が拙い言葉で書くより一言で言ってくださってます(笑)
読んだ後はこんな子育てがしたいなと思わせてくれる本です。見かけたらぜひ手に取ってみてくださいね(*^。^*)

秋にピッタリな絵本の紹介です

こんにちは!江南市すぎもと歯科・託児ルーム担当保育士、杉本です♪
最近は心地いい秋の風が吹くようになり過ごしやすい季節になってきましたね。
朝方の冷え込みで体調を崩しやすい時期です。体調管理に気を付けていきましょうね(*^。^*)
 
本65 本0さて、今回は今の季節にピッタリの絵本の紹介をしようと思います。
なかやみわ 作「どんぐりむら」シリーズです。
 
「そらまめくん」くれよんのくろくん」シリーズの作者の方といえばご存知の方も多いと思います
こちらはご自身が子どもの頃に手にされた方もみえるのではないでしょうか?
 
本ぼうしやさん10本パン屋さん4本おまわりさん711このどんぐりむらシリーズは2010年が初版になり、現在までに6冊出ています。
そらまめくんシリーズより認知度は低いかもしれませんがこちらも負けずにとってもかわいい本です。
(最近は絵本コーナーにクローズアップされていることも多いです♪)
このシリーズは、「ぼうしやさん」「ぱんやさん」「おまわりさん」「どんぐりえん」「ほんやさん」「だいくさん」と、どんぐりむらのいろんな仕事やお店が舞台になっています。
 
本どんぐりえん95本本屋さん4aL本大工さん014-5それぞれの仕事に焦点を当て、その仕事の内容や仕事をする「お父さん」と家族とのやりとりが優しいタッチで温かく描かれていて、「自分のお父さんもこうやって仕事をしてるのかなぁ…」と想像することもでき、感情移入もしやすいように思います。
 
そらまめくんシリーズでもそうでしたが、なかやみわさんの絵本は、背景や隅にいる登場人物など細かいところまで描かれていて文字を読み進める間にそのページを味わう時間が足らないくらいに1ページ1ページに見ごたえがあります。
前の巻で主役だったどんぐりが次の巻ではお店で買い物をしていたりページのどこかでちゃんと暮らしているのが見られるのもシリーズを読み進める楽しみの一つです。
なので、ストーリーがあり少し文字も多めですが小さいとお友達でも十分楽しめるシリーズになっています。本1 (640x447)
 
公園にどんぐりがいっぱい落ちている季節ですどんぐり デコメ絵文字
絵本を読んだ後にどんぐりを見ると、きっと連想して子どもたちの世界が広がりますよびっくり デコメ絵文字
 
本屋や図書館で見かけたら手に取ってみてくださいね(*^。^*)

バックナンバー

すぎもと歯科

Tel.0587-54-0348

〒483-8334 愛知県江南市前飛保町緑ヶ丘290

院長 : 杉本 英之

初めての方、急患は予約外でも受けていますが
歯科医師・スタッフの都合もありますので必ず
お電話の上ご来院ください

周辺地図

すぎもと歯科 外観

  時間帯
午前 9:00~12:00
午後 3:00~6:30

休診日 木曜・日曜・祝日 祝日のある週の木曜日は診療
土曜日の午後は2:00~4:30

はじめての方・矯正相談は必ずお電話の上ご来院ください。

トップへ戻る